政治

無関係だけど、ドン(内田茂氏)批判に回答してみた

投稿日:

画像出典:内田茂公式ブログ

2月5日に投開票が迫っている千代田区長選において、アゴラで議論が白熱している。

川松真一朗都議 小池支持者も驚愕、千代田ファーストは内田茂都議の政策だった⁈

伊藤陽平新宿区議 与謝野信氏に不都合なスリーセブン。内田茂氏7期77歳多選高齢

そして、伊藤陽平氏から川松自民都議へ公開質問状が出された。

「音喜多氏は4つの嘘をついている」にも書いたように、千代田区長選は千代田区民の有権者が自分たちの首長にふさわしいと思う人を選べば良いと思うので、千代田区どころか東京都民ですらない私は静観するのみである。

しかし、伊藤陽平氏の公開質問がなかなか面白い内容だと思ったので、川松氏に関係無く、私も回答してみたい。


千代田区長選と無関係な内田茂氏

まず、千代田区長選は現職で5選を目指す石川雅己氏(75歳)、自民都連推薦の与謝野信氏(41歳)、無所属新人の五十嵐朝青氏(41歳)の3名による戦いである。
与謝野信氏は自民党都連の推薦を受けているものの、本人が「私は内田氏の政策に全面的に賛成します」と言っている訳でもないのに、なぜ内田氏が改革派か否か、ドンか否か、という議論が発生するのかわからない。

与謝野信氏と内田茂氏は他人であり、与謝野氏の区長としての資質とは無関係だ。

なお、「与謝野信氏が内田氏の傀儡になる」と主張したいようにも見えるが、根拠の無い話だ。

そういう根拠の無い主張が有りなら、石川氏は小池都知事の傀儡であり、裏で闇金業者と繋がっているという批判も有りになるのでは。

(1)内田茂都議が、都議会のドンと呼ばれることはどのように考えているのか

良いと思います。ドンって、悪いことじゃ無いですよね。

内田氏が「都議会のドン」であったとして、それを悪いことのように言うのはおかしい。「ドン」を国語辞典で引くと、「首領。親分。実力者。 」と出る。東京都議会議員を7期務め、第39代東京都議会議長、第1党である自民党の都議会自民党幹事長を歴任したベテランが「ドン」と呼ばれても不思議では無い。

むしろ「ドン=悪」と決めつけている考えこそ、不思議だ。「静かなるドン」とかの漫画に影響でしょうか。

政党や政治の実力者をドンと呼ぶなら、小池都知事も「東京のドン」になるけど、良いんでしょうか?

(2)本当に内田都議は「改革派」であるのか

政治家は全員、改革派だよ

改革とは辞書で引くと、「従来の制度などを改めてよりよいものにすること」である。およそ全ての政治家は何かしらの「改めてより良いもの」を主張しているので、「改革派」は全ての政治家に当てはまる。内田氏も、様々な改革を提案している

内田氏が改革派とは、今回の議論では「東京都の特別区制度の改革派か否か」と正確に表現するべきである。そして、川松氏が証拠を挙げて「特別区の改革派」であることを説明しているので、私は内田氏は改革派との意見に同意する。

具体的な政策を示さず、「改革派は否か」というレッテル貼りの議論は虚しいので止めましょう。

(3)増田寛也氏を都知事選で支援されたが、都民の立場で考えれば間違っていたのでは

現在の小池都知事の実績を考えると増田氏の方が良かったので、間違っていない

私も、都知事選の段階では、小池氏・増田氏・鳥越氏の三者の中では小池氏が都知事にふさわしいと思っていた。多くの方が指摘された増田氏の岩手県政の実績や、東京都の税金を毎年約3200億円を地方に移転することが東京都民にとってはデメリットな事は確かである。

しかし、小池都知事になったところで、毎年約3200億円の都税の移転が無くなった訳では無い。小池都知事が就任後、国会に働きかけて都税の移転を中止にしようとした実績は無い以上、この問題についてはどちらも変わりない。

しかも、小池都知事は残念なことに豊洲市場移転の延期で最大で一兆円近い、巨額な損失を出そうとしている。

東京都民にとっては小池都知事より増田都知事が就任していた方が、損失は少なかっただろう。この結果を見越して小池氏の推薦を見送り、増田氏を推薦したのだとしたら、まさに都民ファーストで正しかったと言える。

もちろん選挙に負けた事は事実なので、内田氏は都連幹事長を辞任するという責任を取った。それで筋は通っていると思う。

(4)内田茂都議の高齢多選に関しては、どのようにお考えか

良くないですね。だから、石川候補と共に、もう引退して良いと思います。

私は、これから日本を支える若者のために政治をして欲しいので、多選・高齢化には反対である。なので、内田氏は次の都議選では後進に道を譲って欲しいと思う。

ただ、議員と区長の多選を同一視するのはちょっと違うと思う。

東京都において、区長は1/1だが、都議会議員は1/127である。多選を批判するにしても、区長の方が大きな批判を受けるのは当然だ。

また議員の多選を批判するなら、小池都知事は衆院議員8選であったが、それも駄目だったのでは。

結局、何も出てこないドン(内田茂氏)の悪事

「都議会のドン」という批判は、2016年の都知事選に際に、猪瀬元都知事が「東京都の闇」だと批判したことで話題になった。

伊藤氏も「「ドン」に権力が集中し、その歪んだパワーバランスによってばら撒かれる都民の税金。」と批判する。それが確かならば、私も許しがたいと思う。

しかし、小池都知事が就任して半年が過ぎるが、肝心のドンの悪事が何一つ出てこない。伊藤氏が自ら微妙と言うように、「役員を務める会社が、複数の東京オリンピックの施設工事を受注」は、法律違反では無いし、利益供与の証拠も出てこない。

小池都知事や猪瀬元都知事、支援者は「ドン・ドン・ドン・ドン」と連呼しているが、何にも悪事が出てこない以上、全国どこにでもいるただの古株の実力者というだけだったのでは。

私には、法律や科学を無視して豊洲市場を混乱に陥れ、区長選挙・都議会選挙に介入して支配を目論んでいるように見える小池都知事が、よっぽど「悪いドン」に見える。

敵を見つけて正義を演じるのはポピュリストの王道ではあるが、もうちょっと相手を選んではどうだろうか。

-政治
-

author : 宮寺達也

オススメ商品
                                                                                                 

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

米山隆一・新潟県知事から学ぶ「勘違いエリート」の傾向と対策

出典:新潟県・知事公式ホームページ 新潟県知事の米山隆一氏に批判が殺到している。 きっかけは中国出身の評論家である石平(せき へい)氏のツイートを米山知事が猛烈に批判し、twitterバトルが繰り広げ …

音喜多氏は4つの嘘をついている

出典:おときた駿ブログ 2月5日に行われる千代田区長選が1月29日に告示された。これまで区長選がニュースになった記憶は全くといって無いが、小池vs ドン(内田都議会議員)の「代理戦争」として、メディア …

厚生労働省の「若者って本当に損なの?」に論理的に反論する

出典:厚生労働省・いっしょに検証!公的年金 池田信夫氏がブログで厚生労働省の年金マンガを紹介されていた。 この年金マンガは以前からネットで内容が酷いと話題になっていたものである。池田氏は第11話に出て …

売ってるよ!東急ハンズとニトリの「希望」グッズ

出典:YouTube 民進党公式チャンネル 10月15日に東京・町田109前で希望の党・小池百合子代表が行なった演説が話題になっている。 (小池百合子代表) この東急ハンズにもニトリにもいろんな物売っ …

希望の党の失速は「排除」発言では無い。「戦わない小池代表」より「戦う枝野代表」をマスコミが持ち上げたため

出典:0テレNEWS24 前回の記事にも書いた希望の党・小池百合子代表の「排除」発言への恨み節であるが、全く止まる様子がない。 希望の党でその排除作業を行なった玄葉光一郎元外相までが「(排除する)発言 …










 




2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031