ジャーナリズム

炎上狙いはいじめと同じ。私は心底嫌いである

投稿日:

出典:写真AC

初めてアゴラに記事を投稿したのが、2016年の10月である。それから半年強、自分のブログを開設したりしながら、ついに80本目の記事である。

幸いな事に、記事を読んでいただいている人も増えているようで、様々な反響をいただくようになった。そんな中、記事を読んでくれている中学時代の友人Mさんからfacebookでこんな連絡を貰った。

「なかには、批判的なコメントとかもあるんだね」

確かに、批判的なコメントもたくさんいただいた。ただ、幸いにまだ数も少ないので極力目を通させていただいている。自分への批判を読むのは気分良いものじゃ無いが、その中には本当に私の間違いを指摘しているものもあるからだ。

ただ、どうしても辛い気持ちになるものがある。それが、

「炎上狙いの記事」

と言われる事だ。

炎上狙いは善意から?

炎上と言っても色々あるが、私が嫌悪する炎上は、

「時事問題などにあえて極端な考えのブログ記事を書き、反論や批判をたくさん集める事で、自分のブログやSNSへのアクセスを集める」意図的な炎上狙いである。

例えば、

「人工透析患者は自業自得である」

「まだ東京で消耗してるの?」

「豊洲を売って、日本最大の給付型奨学金を創ろう」

などと言った記事である。こういう記事では人工透析患者、サラリーマン、卸売市場関係者が中傷され、傷ついている。しかし、書いた本人はそうなる事をわかっていながら、

「日本の未来のために、子供たちのために、現役の子育て世代のために、真剣に書いた」

「アクセスが集まった事で、社会に問題提起できた」

「子どもの貧困や給付型奨学金については、定期的に燃料投下しないと、忘れられがちなんで」

と炎上狙いは善意で行った、自分は正義であるとのような言い訳をする。

もしかしたら本気でそう思っているのかもしれない。だが、炎上狙いの記事を書いた理由が善意からなのか、悪意からなのか、それは関係無いと思う。

自分の行為によって傷つく人がいる事を分かっていながら、相手の立場に立って考えずに実行に移す。

これっていじめだよね。

炎上狙いはいじめと同じ

いじめの定義を文部科学省のウェブサイト(http://www.mext.go.jp/ijime/detail/1336269.htm)で調べると、

行為が「いじめ」に当たるか否かの判断は、表面的・形式的に行うことなく、いじめられた児童生徒の立場に立って行うものとする。

「いじめ」とは、当該児童生徒が、一定の人間関係のある者から、心理的、物理的な攻撃を受けたことにより、精神的な苦痛を感じているもの。

となっている。

炎上狙いの記事は、まさにいじめに当てはまる。

記事を書いた本人は「〇〇のため」と言い訳するが、それがいじめかどうかを決めるのは、傷ついた側である。本人がどんな善意、正義や高尚な考えと主張したとしても、傷つけられた方にとっては関係無い。

まして、「子どもの利益原理主義のポジショントークなので、ばんばん叩いてもらえると良いです^_^」などと言い訳している場合は、明らかに意図して炎上を狙っている。このように自分の利益やポジショントークのために他人を傷つけるのは、悪質ないじめと呼ばずに何と呼ぼう。

私はいじめは吐き気がする程嫌いだ。だから、炎上狙いの記事を書いて他人をいじめる人たちが嫌いだ。だが、世の中には自分の利益のためにいじめをする人もいるのだろう。そういう人たちの存在を認めないとは言わない。

しかし、そういう人たちには子どもや教育、医療については関わって欲しく無いと思う。

それは吐き気のする悪

そして、ネットにおける「炎上狙い」の何が嫌いかって、炎上狙いの記事が出たら、反論すれば言った人の利益、でも放置したら言われた人の不利益という、典型的な「悪貨が良貨を駆逐する構図」になっている事だ。

炎上狙いで傷つけられた人が反論し、名誉を回復するのは大変な労力が掛かる。しかも、その反論によって相手に注目が集まり、相手の利益になる。しかし、記事を放置すれば、自分の不名誉がネットに残ったままになってしまう。

炎上狙いの記事とは、狙われた方にとっては「表が出れば俺の勝ち、裏が出ればお前の負け」と言った絶対に勝ちの無い戦いである。これ以上卑怯な行為があるだろうか。

だが、自分も含めて、自分の記事で意図せずに誰かを傷つけている事があるかもしれない。炎上狙いへの批判は決して他人事では無い。しかし、私は決して狙って他人を傷つけるような記事を書こうとした事は無い。それだけは信じて欲しい。

そして、意図的な炎上狙いは自分の利益のために自分の意思で他人を傷つける、まさにジョジョで言うところの「吐き気のする悪」であると思っている。

だがこんなおれにもはき気のする「悪」はわかる!!
「悪」とはてめー自身のためだけに弱者を利用しふみつけるやつのことだ!!
by 空条承太郎(第三部)

吐き気を催す邪悪とはッ! なにも知らぬ無知なる者を利用する事だ……!!
自分の利益だけのために利用する事だ…
by ブローノ・ブチャラティ(第五部)

だから、私は意図的な炎上狙いの記事を書くやつらが心底嫌いである。



   ● オススメ商品
                     
 
   

-ジャーナリズム

author : 宮寺達也



関連記事

川崎・登戸殺傷事件。藤田孝典氏の「弱者を利用しふみつける」記事の醜悪と矛盾

出典:Yahoo!ニュース個人(藤田孝典) 川崎市多摩区登戸で通り魔事件が発生した5月28日、朝からずっとニュースもSNSもこの事件の話題が飛び交っていた。 そんな中、見知った、だが違和感のある単語が …

世界報道写真展2018に行って、日本に生まれた幸運を再確認したよ

出典:朝日新聞・世界報道写真展2018 前回の記事で親友Y・後輩Yと一緒に映画「空飛ぶタイヤ」を観に行った事を書いたのだけど、実はその日の本命は映画では無く、世界報道写真展2018であった。 親友Yと …

アゴラ編集長・新田哲史氏が炎上中。根拠も無く「障害者の政治利用」と侮辱ツイートしたらそりゃダメよ

出典:新田哲史・ツイッター 私もかつてお世話になったアゴラの編集長・新田哲史氏が炎上中である。 最近、アゴラメンバー(池田信夫氏、新田哲史氏、宇佐美典也氏など)が山本太郎氏とれいわ新選組について度々言 …

no image

223

Share Tweet

「障害者差別」に加えて「作家の津原泰水氏を脅迫」でも炎上中のアゴラ編集長・新田哲史氏はどこに向かうのか?

出典:株式会社シンクバンク Official Web 山本太郎氏を「障害者の政治利用」「卑劣であさましい」とツイートで断定してしまって大炎上中のアゴラ編集長・新田哲史氏。 とうとうリプライも1000を …

           

● サイト内検索



● アクセスランキング(週間)



● オススメ記事


● オススメ商品




● カレンダー
2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031