キャリア

嫌だけど、会社の飲み会には出席した方が良いのだろうか?

投稿日:

出典:写真AC

さてさてさて、やはり前回の記事に引き続き、今後の会社員生活に不安を感じている新入社員にアドバイスを送りたい。

今回は「会社の飲み会」について語りたい。

最近、「新入社員が飲み会に来ない」という記事を良く目にするようになった。Googleで「新入社員 飲み会 来ない」で検索すると、

【驚愕】ゆとり新入社員「 飲み会行かないです 」「 定時で帰ります 」「 教えてくれないのが悪いんです 」→ 結果wwwww

「え、何で!?」思わずびっくりした新入社員のあり得ない行動

ゆとり世代が飲みの誘いに乗らないのは上司に「人間としての価値がないから」? 「価値云々言われる筋合いない」という反論も

新入社員が飲み会を拒否、許される? 「仕事の延長戦と思え」VS「忙しいねんボケ」

という記事がザクザクとヒットする。

私も会社の飲み会は面白いとは思っていなかったので、ほとんど不参加だった。なので飲み会に行きたく無い新入社員の気持ちは良くわかる。しかしほとんどの場合、相手は善意から飲み会に誘っているので、断り方がまずいと人間関係に支障を来してしまう。

そこで、会社の飲み会に参加したく無い新入社員たちにどうすれば良いかアドバイスを送りたい。


そもそも会社の飲み会は何のためにある?

飲み会が苦手な新入社員が一番わからないのは、「そもそも会社の人と飲んで何が面白いのか?」であろう。

答えとしては、「面白いと思う人が沢山いる」である。

普段、職場で顔を合わせているといっても、同じ時間に帰ったりする事は少ない。そのため、会社の飲み会でも無い限りなかなか一緒にお酒を飲んで、腹を割って話すという事は無いものだ。なので会社で飲み会をするとなれば、何でも良いからお酒を飲むのが好きな人、普段話す機会が無い人とお酒を飲んで話したいと思う人、参加したい人はたくさんいる。経験上だが、部署の8割くらいの人数だろう。

会社の飲み会は、誰かに強制されたわけでも昔からの謎の伝統行事でも無く、飲みたい人がいるから開催されるのだ。あなたが会社の飲み会は楽しく無いと思う気持ちが尊重されるべきと同時に、会社の飲み会を楽しみにしている人たちの気持ちもまた尊重されるべきだ。なので、会社の飲み会に行きたくなくても、開催そのものにケチをつけるのは良く無いと思う。

なので、私は会社の飲み会があったら、粛々と不参加に○をつけていた。退職する人の送別会や新人歓迎会は顔を出していたが、一次会で帰っていた。大人数の一次会はだいたい2時間のコースなので、あっという間に終わる。そんなにストレスにはならない。

もちろん、2次会は不参加であった。

ちなみに、大阪を追い出された時には送別会を開催されないという仕打ちを受けた。今でも恨んでいる。

なお神奈川で退職した時は送別会を開催してくれたので、ただ大阪時代のO課長が酷いやつだったという事だろう。会社の飲み会の不参加は、どっちも同じだったので。

会社の飲み会に参加しないと評価が下がるのか?

これは何とも言えないが、まあ上がる事は無いだろう。

一昔前だったら「会社の飲み会に参加しないなんて協調生が無い」と評価を下げる上司もいたかもしれないが、「アルハラ」という言葉も流行りだした昨今、そういう上司は減った。

仮にあなたの上司が「会社の飲み会に参加しないと評価を下げる」人であったとしても、私は無理に参加するべきとは思わない。

そんな理由で部下の評価を下げるような上司の元にいれば、違う理不尽な理由で評価を下げられたり、評価を人質に理不尽な要求をされるだろう。むしろ、「業務外の飲み会の参加を強制された」「業務外の飲み会の不参加を理由に評価を下げられた」と、格好の人事にチクるネタができたと思っておこう。

なお、会社の飲み会に必ず参加する社員は出世するか?これはYesである。

前にも書いたが会社で評価される事は、どんな凄い技術を開発したか、どれだけの金額を稼いだか、では無い。「どれだけ多くの人を動かしたか」で決まる。つまり、その部署においてチームリーダーに指名される奴が出世する。課長にとって、チームリーダーは自分と現場を繋ぐ唯一の線である。そのため、課長はコミニュケーションを取りやすい人物を能力とは関係無く、チームリーダーに指名したい。

会社の飲み会に欠かさず参加し、また普段から上司と仕事終わりに飲みに行っている人間がチームリーダーに指名されやすいのはある意味当然である。しかし、会社の外まで考えたときにあなたの成長とは何の関係も無い。

普段から上司と飲みに行く人間に出世競争では負けるかもしれないが、所詮、井の中の蛙だと思って冷静に見つめよう。

会社の飲み会の正しい断り方

このように、会社の飲み会に参加しない事にメリットは無い。デメリットの可能性が高い。
しかし、デメリットがあったとしても小さな事だ。あまり気にする事なく、飲み会に参加したく無いなら不参加とすれば良い。

ただ、この時に「理由を偽る」ことは辞めた方が良い。

飲み会に参加しない事は大きな事では無いが、嘘をつく事はビジネスマンとして大きく信頼を損ねる行為だ。しかし飲み会の参加を断る場合、「参加しないのは悪い事」との罪悪感から、理由に嘘をつきがちだ。

「家族が病気になって」「実家に帰る事になって」「急用ができて」「今月、金欠で」

実際にバレる可能性は少ないかもしれないが、言われた方は「あっ、こいつは嘘をついている」と思っている。あなたにとっては初めての嘘であったとしても、言われた方は何年・何十年も同じ嘘を聞かされたからだ。

嘘をつけば、それはあなたの信頼を大きく毀損する。今後何を言っても、「こいつは嘘をついている」と思われるかもしれない。

飲み会の参加を断る場合は、「気乗りしませんので」と、素直にシンプルに断れば良い。

また、この時「あなた(上司)に人間としての価値がないからです。」などと、相手を刺激する言葉を使ってはダメだ。こういう暴力的な言葉を使ってしまっては、あなたの方が「パワハラ」と認定されてしまう。飲み会を無理に誘うのがハラスメントだと思っているならば、強い言葉で相手を否定することもハラスメントだと知って欲しい。そして、飲み会に無理に誘うより、「人間としての価値がない」などと言う方が遥かに強い暴力であると認識して欲しい。

会社の飲み会とどう付き合うか

以上、私は会社の飲み会に行きたく無いならば、シンプルに不参加を幹事に告げれば良いと思っている。

そしてその上で、可能ならば「会社の飲み会に行きたくなるような環境作り」を頑張って欲しいと思っている。

会社の飲み会に参加したく無いのは、部署に仲が良く、気さくに話せる人が少ないからだ。この状態を放置する事は仕事に支障を来すだけでなく、精神衛生上も良く無い。

部署のメンバーとは、一日の半分以上を共に過ごす。もしかしたら家族よりも長い時間を一緒に過ごすという人も多いだろう。長い時間を一緒に過ごす人たちとは、どうせなら仲良くなった方が良いに決まっている。

普段の仕事を通じて、職場のメンバーと仲が良くなれば、自然と飲み会に参加しても良いかな、という気が湧いてくるだろう。

実際、私も全部の飲み会を断っていたわけでは無い。気が向いた時は参加していたものだ。

もし会話が続かないなら、「健康の話」の出番だ。

-キャリア

author : 宮寺達也

オススメ商品


  1. […] さてさてさてさて、前回の記事までに4回に渡って今後の会社員生活に不安を感じている新入社員にアドバイスを送ってきた。今回はラストである。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

難しいけど、「部下を信じる」のがリーダーです

出典:写真AC 前回の記事で、リーダーは「足りない情報」で決断しなければならないことを書かせていただいた。 そして、先週の石原慎太郎氏の記者会見を聞いていると、もう一つ重要なリーダーの資質について気が …

残業規制で所得8.5兆円減。生産性を向上してもただ給料が減るだけ

出典:写真AC 政府は働き方改革で、罰則付きの残業上限規制の導入を目材している。しかし、これが実現すれば残業代が最大で年間8兆5千億円減少し、国民所得が大きく減る可能性があると大和総研が試算をまとめた …

「あたりまえ体操」で見抜くリーダーの資質

出典:YouTube COWCOW「あたりまえ体操#1」 これまで『「足りない情報」で決断するのがリーダーです』と『難しいけど、「部下を信じる」のがリーダーです』という、2つのリーダーの資質についての …

元事務次官・前川さんに学ぶフリーランスの「ダメよ〜、ダメダメ」 Part.2

出典:YouTube 日本エレキテル連合 Part.1はこちら 大企業(大組織)出身フリーランス業界にデビューした大型新人・前川喜平・前文部科学事務次官から学ぶ、フリーランスの「ダメよ〜、ダメダメ」。 …

「正」社員という、まずはそのふざけた幻想をぶち壊す

出典:いらすとや トヨタやホンダなど、大手自動車メーカーが期間従業員を無期雇用になるのを回避しようとしている動きが明らかになり、一部マスコミが批判している。 2013年に施行された改正労働契約法では、 …













2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031