パテントマスター・宮寺達也のブログ

知財、経済、キャリア、テクノロジーを中心に思ったことを書いています

地方選挙

2021年都議会議員選挙の情勢と展望 ①自公で過半数は確実

投稿日:

出典:東京都選挙管理委員会

2021年6月25日、いよいよ東京都議会議員選挙が告示されました。

今年の都議会議員選挙は9月と予想されている解散総選挙の前哨戦になっており、単なる首都決戦の枠を超えて国政政党の威信を掛けた戦いです。

争点も豊富です。国や東京都の新型コロナ対応の是非、4年前の都民ファーストブームの総括、そして目前に迫っている東京オリンピック・パラリンピックの開催の是非です。そのため都民ファーストの会旋風が巻き起こった2017年の都議選と同等レベルの盛り上がりを見せています。

そして都議選告示直前の6月20日に沖縄県を除く緊急事態宣言は解除されましたが、東京都は完全な日常を取り戻した訳では有りません。東京都はまん延防止等重点措置に移行し、引き続き新型コロナ感染拡大阻止に全力で取り組んでいる状況です。しかも、6月21日から前週を上回る新規感染者を出し続けており、既にリバウンドの兆候が見られている状況です。

ちょっと間違えれば、この都議選自体が感染拡大の要因になりかねません。そうなったら7月23日に開会式が迫った東京オリンピック・パラリンピックの中止を求める世論は沸騰するでしょう。各党とも感染防止と選挙活動の両立に必死になっており、盛り上がりと同時に緊張感を感じる選挙です。

4年前、2017年の都議会議員選挙でも都民ファースト旋風が吹き荒れており、「今後の東京はどうなってしまうんだろう?」という盛り上がりと緊張感が有りました。それと比べると政治的な風は感じませんが、ちょっと対応を間違えると国政政党が吹っ飛んでしまう様な地雷があちこちに埋まっている様な緊張感です。質は違いますが、緊張感は4年前を超えるものを感じますね。

さて、僕はそもそも小池都知事の豊洲市場移転を批判するために言論界にデビューした様な男です。僕は神奈川県民ですが、間違いなく地元の神奈川県政よりも東京都政に詳しいですし、繋がりを持っている人が多いです。

そんな僕ですから、都議選については色々と語りたい事が多過ぎます。2021年都議選の展望と情勢について、まずは争点になっている「自民党と公明党で過半数に届くか否か」について語っていきましょう。

なお、僕に対して「自殺しろ」という人として有り得ない暴言を吐いた上田令子氏(江戸川区)については心から落選を望んでおります。ここら辺の経緯はこちらの記事をどうぞ。

上田令子都議とその支援者を刑事告訴した事件についてのご報告

三戸安弥(さんのへあや)江東区議からのパワハラに対する損害賠償請求訴訟の提起について

上田令子都議とその支援者を刑事告訴した事件の事実関係(2021年4月30日-5月1日)

上田令子都議とその支援者を刑事告訴した事件の事実関係(2021年5月2日)

上田令子都議とその支援者を刑事告訴した事件の事実関係(2021年5月3日)

上田令子都議の失言・暴言・差別発言の数々(2018年11月~2021年4月)

42の選挙区で争う都議会議員選挙

まず、都議会議員選挙の仕組みについて知らない人も多いと思いますのでおさらいです。

都議会議員選挙は参院選と同じ、中選挙区制を採用しています。東京都を42の選挙区に分割し、それぞれに定数を割り当てます。定数の総数は127人です。

そして有権者は立候補者の中の1人だけに投票し、定数までの上位が当選する仕組みです。

なお、この投票方式を「単記非移譲式」と言います。

東京都はご存知の通り日本の首都であり、日本の総人口の1割を超える1396万人が暮らしています。有権者の数も1000万人を超えています。2017年の都議会議員選挙では1126万6521人もの有権者がいました。

都道府県議会議員選挙は、人口10万人に対して1人が当選する規模感です。なので東京都は127人もの議会定数が有るのです。これを自治体レベルで選出するためには、42もの選挙区が必要になるんですね。このため、都議選は他の道府県議会議員選挙と比べてスケールが大きいものになっているんです。

その42選挙区ですが、定数の大きな順番に選挙区名と2017年の選挙結果を見て行きましょう。なお、大田区は2017年の定員が8人から今年は7人に、練馬区は6人から7人に変更になっています。また2017年当時は民進党の当選者がいましたけど、わかりにくいので立憲と書いています。

■定数8

世田谷区 自民①・自民②・自民③・公明・都民ファ①・都民ファ②・立憲・共産

■定数7

大田区 自民①・自民②・公明①・公明②・都民ファ①・都民ファ②・共産・維新

練馬区 自民・公明・都民ファ①・都民ファ②・立憲・共産

■定数6

足立区 自民・公明①・公明②・都民ファ①・都民ファ②・共産

杉並区 自民①・自民②・公明・都民ファ①・都民ファ②・共産

■定数5

板橋区 公明・都民ファ①・都民ファ②・立憲・共産

江戸川区 自民・公明・都民ファ①・都民ファ②・共産

八王子市 自民・公明・都民ファ①・都民ファ②・共産

■定数4

品川区 公明・都民ファ①・都民ファ②・共産

葛飾区 自民・公明・都民ファ・共産

新宿区 自民・公明・都民ファ・共産

江東区 自民・公明・都民ファ・共産

町田市 自民・公明・都民ファ・共産

■定数3

北区 公明・都民ファ・共産

目黒区 公明・都民ファ・共産

中野区 公明・都民ファ・立憲

墨田区 自民・公明・都民ファ

豊島区 公明・都民ファ・共産

北多摩第一区(東村山市・東大和市・武蔵村山市) 公明・都民ファ・共産

北多摩第三区(調布市・狛江市) 公明・都民ファ・共産

■定数2

文京区 自民・都民ファ

渋谷区 都民ファ①・都民ファ②

台東区 都民ファ①・都民ファ②

荒川区 公明・都民ファ

港区 自民・都民ファ

立川市 自民・都民ファ

三鷹市 都民ファ・立憲

府中市 都民ファ①・都民ファ②

小平市 自民・都民ファ

日野市 自民・都民ファ

西東京市 都民ファ①・都民ファ②

西多摩(福生市・羽村市・あきる野市・西多摩郡) 自民・都民ファ

南多摩(多摩市・稲城市) 都民ファ①・都民ファ②

北多摩第二区(国分寺市・国立市) 公明・都民ファ

北多摩第四区(清瀬市・東久留米市) 都民ファ・共産

■定数1

千代田区 都民ファ

中央区 都民ファ

青梅市 都民ファ

小金井市 都民ファ

武蔵野市 都民ファ

昭島市 都民ファ

島部(大島支庁管内・三宅支庁管内・八丈支庁管内・小笠原支庁管内) 自民

想像以上に踏ん張っている都民ファーストの会

改めて書き出すと、2017年の都民ファースト旋風がいかにすさまじかったのかを痛感します。42有る選挙区で、島部以外の全てに当選者を出しています。定数1の選挙区はほとんど独占、しかも定数2の選挙区でも4つの議席独占を果たしています。

単独過半数(64議席)こそならなかったものの、49議席獲得はまさに圧勝です。

しかし4年経った現在、その勢いは完全に失われています。

5月終盤に行われた読売新聞の世論調査では自民党に圧倒的なリードを許しています。

しかし僕は都民ファーストの会は相当に踏ん張っていると思っています。現在の支持率は自民党30%、都民ファーストの会11%と圧倒的な差ですけど、立憲民主党の8%を上回り2位をキープしています。

都民ファースト旋風とは、言ってしまえば「小池都知事旋風」です。2016年の都知事選当選からの小池都知事旋風はすさまじいものでしたが、2017年10月に行われた解散総選挙での「排除します」からの希望の党の失速、そして2018年の希望の党の実質的な消滅で小池都知事旋風もまた消滅しました。

僕はこのまま都民ファーストの会も消滅すると思っていました。

しかし僕の予想に反し、都民ファーストの会は離党者を最低限に留めて結束を図り続けました。そしてじわじわと支持を保ち続けました。また、新型コロナ感染拡大で流れも変わりました。

小池都知事は日本で最も「密」である首都東京において、多数の感染者を出しながらもなんとか感染拡大を最小限に留めています。正直、「あの豊洲市場移転にストップを掛けた、非科学的な小池都知事と同一人物なのか?」とまだ疑っています。

しかし現実に小池都知事は新型コロナ対策で一定の成果を出しています。それは大阪と比較すれば一目瞭然です。

新型コロナ感染者数・死亡者数(2021年6月26日時点)

東京(1396.0万人) 累計感染者数:17万2041人(+534) 10万人当たり感染者数:1232.4人 累計死亡者数:2222人(+4) 10万人当たり死亡者数:15.92人

大阪(880.6万人) 累計感染者数:10万3038人(+88) 10万人当たり感染者数:1170.1人 累計死亡者数:2647人(+7) 10万人当たり死亡者数:30.06人

小池都知事への支持が向かう先は自民党か都民ファーストの会か?

東京は流石に絶対数では日本最大の新型コロナ感染者数を出しましたけど、人口当たりの感染者数は大阪と大差ありません。そして死亡者の抑制には大きな成果を出しています。

東京は新型コロナの死亡者は絶対数でも大阪を下回り、人口当たりでは大阪の半分程度です。きちんと医療資源、特に重症者病床を確保し、適切な医療資源の配分ができていた事は明らかです。

ずっと小池都知事を「非科学的で、都政を国政へのステップにしか考えていない」と批判して来た僕ですけど、この結果は認めざるを得ません。

もちろん都民もその事は良く分かっています。だからこそ、小池都知事は新型コロナ禍の2020年7月5日に行われた東京都知事選で366万1371票と歴代2位の圧倒的得票数で再選したのです。

つい先日の6月22日に小池都知事は過労で1週間公務を休むと発表しましたけど、それだけ新型コロナ対策に必死だったという証でしょう。本当、小池都知事の新型コロナ対策については素直に認めざるを得ません。お疲れ様でした、ゆっくり休んでください。

もっともそれが都民ファーストの会への追い風になっているかというと微妙です。

都民ファーストの会は間違いなく小池都知事を支える政党です。そして都民ファースト旋風とはすなわち、「小池都知事が既存の政治と異なる新しい何かをやってくれる」という期待です。

小池都知事の新型コロナ対策は確かに見事です。しかしそれは「既存の政治をきちんとミスなくやっている」という評価です。他の自治体と異なる全く新しい何かで新型コロナを抑え込んだ訳では有りません。

むしろ既存の政治の正しさを示している状況です。

東京都の新型コロナ感染が抑制されているのは、小池都知事が適切なタイミングで国に緊急事態宣言を要請した事が大きいです。これはすなわち、東京都と国はきちんと連携を取った方が良いという結果です。

つまり、「小池都知事が都民ファーストの会を率いて新しい何かをするより、自民党を通じてしっかり政府に働きかけた方が良い」という見方に繋がってしまいます。

小池都知事は「既存の自民党政治をしっかりやる事で成果を出した」と評価する人が増えて、小池都知事の成果なのにその評価は都民ファーストの会ではなくむしろ自民党に向かっています。

とはいえ、小池都知事自身が評価されているのも確かなので、小池都知事を支える都民ファーストの会にも一定の評価が向かっています。

そんな都民のジレンマを表しているのが「自民党30%、都民ファーストの会11%」という「やっぱり自民党だけど、都民ファーストの会もまあまあやるじゃん」という結果に繋がっているのでしょう。

政党支持率から予想される上位6議席

しかし、この都民ファーストの会の踏ん張りが都議選を読めないものにしています。

現在の東京都における各政党の支持率は

自民党 30%

都民ファーストの会 11%

立憲民主党 8%

公明党 7%

共産党 6%

と、自民党が一強で2位以下が団子状態です。

2017年の都民ファースト旋風の様に、自民党が2人区で議席独占するほど圧倒的支持率を得ている訳では無い、しかし1人区で全勝できる程度には支持を得ている、という状況です。

こういう状況で言える事を整理してみましょう。

① 7つ有る1人区は自民党の全勝

② 13有る2人区は自民党の1議席は確実、2人目は団子状態

③ 2位以下の順番はわからないが、上位6議席はほぼ鉄板

④ 公明党の23議席獲得は確実

まず、自民党が2017年の都民ファースト旋風程とは言えなくても、頭1つ抜け出しているのは確実です。そのため1人区は全勝し、2人区でも必ず1人は当選するでしょう。

そして、定数6以上の複数区ではこういう構図になるはずです。

自民①(当確) 公明(当確) 都民ファ、立憲、共産、自民②が団子

ちょうど定数6の足立区と杉並区なんかはこの6議席で決まりでしょう。しかし「都民ファ、立憲、共産、自民②」までの3位以降争いは団子状態です。定数3~5の選挙区では誰が抜け出すのかは予想が難しいカオス状態です。

ただ、公明党の23議席獲得は確実でしょう。東京都議選に関わらず、選挙における公明党のしたたかさは凄まじい執念を感じます。2017年の都議選では国政で与党を組んでいる自民党を裏切ってあっさりと都民ファーストの会と選挙協力をしたかと思えば、都民ファースト旋風が止んだと思えばまた自民党と選挙協力をしてくる節操の無さです。

公明党にとっては組む相手の事はどうでも良くて、とにかく自分達の議席死守のためには手段を選びません。そして公明党を支える創価学会票は、それでもなお「公明党と組みたい」と相手に思わせる程に魅力的なんです。

公明党はあれだけ反対していた大阪都構想にも、維新から衆院選での選挙協力を持ち出されたらあっさりと乗り換えましたからね。

そんな公明党はそのしたたかさゆえ、7回連続、24年間に渡って東京都議選で立候補者全員当選を果たしています。そんな公明党の今回の都議選での立候補者は23人です。

公明党の23議席はもはや約束された道でしょう。

自民党と公明党で65議席は固い

そして肝心な自民党ですけど、事前の世論調査からも第1党になるのは確実です。

1人区は全勝し、2人区でも必ず1人は当選するでしょう。もちろん、3人区以上の選挙区でも必ず1人以上の当選者を出すでしょう。

そうなると、自民党は42有る選挙区の全てで1人以上の当選者を出す事になります。つまり最低でも42議席は確実です。

この時点で今回の都議選の争点である「国政与党である自民党と公明党で過半数を達成できるか?」の結果が見えてしまいました。

自民党42議席 + 公明党23議席 = 65議席

東京都議会の定数は127議席で、過半数は64議席です。また5つ有る6人以上の選挙区で2人目の当選者を出す可能性が極めて高いです。

そうなるとさらに5議席を上乗せし、自民党は47議席です。自民党と公明党で70議席となります。

今回、公明党の支持率が伸び悩んでいるとの情勢予想も聞かれますが、仮に公明党が全員当選に失敗しても、自民党がそれを補って余りあるくらいには勝利するでしょう。

このため2021年7月以降の東京都議会は自民党と公明党が与党として議論をリードしていく事になります。都民ファーストの会が野党に転落するのは確実です。

もっとも、二階幹事長を通じて自民党との接近があからさまに見える今の小池都知事にとっては、与党が自民党であっても都民ファーストの会であっても大差無いのかもしれません。

小池都知事の休養は1週間と発表されてますので、都議選の選挙期間中の6月29日には復帰する見込みです。

その時に小池都知事が都民ファーストの会を必死に選挙応援するのか、それとも静観するのか、団子状態で3位争いをしている都民ファーストの会に取っては大きな分岐点になるでしょう。



   ● オススメ商品
            

-地方選挙
-

author : 宮寺達也

関連記事

2021年都議会議員選挙の情勢と展望 ④都議選後の動き

出典:ANNnewsCH 2021年東京都議会議員選挙の投票がいよいよ目前に迫って来ています。 僕は神奈川県民ながらあらゆる意味で東京都政には深く関わっていますので、本当に我が事として見守っております …

2021年都議会議員選挙の情勢と展望 ③全選挙区の予想

出典:東京都議会 – Wikipedia 2021年東京都議会議員選挙の投票までいよいよ1週間を切りました。今回の都議選は都民ファーストの会にとっては政党の存亡を懸けた、他の国政政党にとっ …

無関係だけど、ドン(内田茂氏)批判に回答してみた

画像出典:内田茂公式ブログ(http://uchida.publog.jp/archives/29266778.html) 2月5日に投開票が迫っている千代田区長選において、アゴラで議論が白熱している …

東京都議選(墨田区)。自民党・川松真一朗さん!当選を願わずにはいられないッ!

出典:川松真一朗事務所 Facebookページ 7月2日投開票を間近に迎えている東京都議選であるが、都民ファーストの会と公明党の小池都知事与党が過半数を確保する勢いである。 自民党は全42選挙区に60 …

小池都知事の再選阻止する唯一の方法は安倍首相を徹底的に批判する事

出典:TOKYO MX YouTubeチャンネル 2019年は12年に一度の統一地方選と参院選が重なる「荒れる亥年選挙」と言われたが、東京オリンピックが開催される2020年も相当な選挙イヤーになりそう …

           

● サイト内検索

● Google検索


● アクセスランキング(週間)


● オススメ記事


● オススメ商品


● カレンダー
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031