パテントマスター・宮寺達也のブログ

知財、経済、キャリア、テクノロジーを中心に思ったことを書いています

地方自治

「都構想」が可決されても否決されても大阪の衰退は止まらない

投稿日:

出典:なんで!?都構想が必要なん?

大阪市の運命を握るいわゆる「大阪都構想」の2回目の住民投票が11月1日、いよいよ目前に迫って来ました。2019年4月の大阪市長・大阪府知事クロス選で大勝した勢いのまま今度は可決確実な情勢でしたが、直前の世論調査では反対が43・6%、賛成の43・3%と賛否が極めて拮抗しています。

2015年の住民投票も反対70万5585票、賛成69万4844票とわずか0.8%差でした。今回もどうなるか全く結果が読めません。

しかし都構想が可決されようが否決されようが、その後に起きる事は簡単に予想できます。それは大阪も維新の会もどちらも確実に衰退していくという事です。都構想が悪い方に転べば、大阪の衰退はもっと早まるでしょう。でも早いか遅いかの違いです。

都構想の推進派は「都構想で大阪を東京、ニューヨーク、ロンドンに並ぶ世界的都市に」なんて言ってますけど寝言も良い所です。都構想にそんな力はそもそも有りませんし、この瞬間も大阪は着実に衰退しています。

今回はそんな大阪の暗い未来と、そうならないために本当にやるべき事を語りたいと思います。

——————————–この続きをみるには——————————–


 

こちらは有料記事になります。全文は下記のリンクから購読が可能です。どうぞよろしくお願いいたします。

「都構想」が可決されても否決されても大阪の衰退は止まらない

定期購読マガジン「パテントマスターは語りたい」を購入すると、当月分の有料記事4~5週分(1200~1500円)を月額1000円で購読できてお得です。さらに「今日のニュースを語りたい」が過去記事全て読み放題です。初月無料ですので是非ともご購入をお願いいたします。



   ● オススメ商品
            

-地方自治
-,

author : 宮寺達也

関連記事

豊洲市場の追加工事の入札不調は、東京都の入札制度「改悪」が原因

出典:イラストAC 遅れに遅れている豊洲市場移転だが、当初の予定より2年遅れになる2018年10月を目処に関係各所が動き出している。 しかし、そんな2年遅れの移転すら困難になる大ピンチが発生している。 …

小池都知事の人工知能(AI)発言は、議事録が無い事を誤魔化すためのフェイク

出典:tokyonews jp 小池都知事が8月10日の定例記者会見にて、 「それはAIだからです。(中略)最後の決めはどうかというと、人工知能です。人工知能というのは、つまり政策決定者である私が決め …

都民ファーストの会規約を読んでわかった、憲法違反の疑い

出典:都民ファーストの会Facebookページ 「都民ファーストの会規約を読んだが、代表選考はブラックボックスだった」の記事に書いた事であるが、突然の都民ファーストの会の代表交代に不信感を抱いた私は、 …

千客万来施設の危機。小池都知事と都民Fが合意の重みをごまかしてきたからだ

出典:東京都報道資料 7月11日、豊洲市場の敷地内に建設予定の観光施設「千客万来施設」から、運営会社が撤退する意向を伝えていた事が明らかになった。(参照:NHKニュース(http://www3.nhk …

小池都知事の「みんなでラジオ体操」は、マジ迷惑なんで勘弁してください

出典:スポーツTokyoインフォメーション 東京都は、3年後の東京オリンピック・パラリンピックの開催期間にあたる来週月曜の7月24日から9月6日まで毎日、東京都庁で午後2時55分からラジオ体操を実施す …

           

● サイト内検索

● Google検索


● アクセスランキング(週間)


● オススメ記事


● オススメ商品


● カレンダー
2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31