国政

【有料note】中曽根元首相死去に思う。「憲法改正にこだわらなくても良い」という思いを語りたい

投稿日:

出典:中曽根康弘 – Wikipedia

※こちらはnoteの有料記事(300円)です。無料部分の続きはnoteでご購入いただけますとご覧になれます。noteの返金機能をONにしてますのでお気軽に試し読みしてください。どうぞよろしくお願いいたします。


 

パテントマスターの宮寺達也です。

定期購読マガジン「パテントマスターは語りたい」の第8弾。今回は「憲法改正」を語りたいと思います。

2019年11月29日、「あと1ヶ月で令和元年も終わってしまうのか」と年末の気配を感じ始めた日に突然の訃報がやって来ました。

それが中曽根康弘元首相が老衰で死去されたというニュースでした。中曽根元首相が総理大臣だったのは1982年~1987年なので僕は2歳から7歳の頃です。直接に中曽根元首相が総理大臣だった時の事はほとんど覚えていませんが、それでも「中曽根総理」という言葉の響きは頭に残っているものです。それくらい、印象的な政治家でした。

その中曽根元首相がライフワークにしていたのが「憲法改正」です。中曽根元首相は2003年に政界を引退しましたが、その後も自主憲法制定を目標に亡くなる時まで新憲法制定議員同盟の会長を務めていました。

ただ僕はそんな中曽根元首相が亡くなられたとき、思ったのです。

「中曽根元首相でも生涯を掛けて成し得なかった憲法改正を、今の安倍政権が実現しようとしても本当にできるのだろうか?仮にできたとしても、もの凄い代償を払う事になるのではないだろうか?その代償は果たして憲法改正のリターンに見合うものなのだろうか?」


 

無料部分はここまでです。続きをご覧になりたい方はnoteの有料記事(300円)をご購入いただきたく、どうぞよろしくお願いいたします。

またnoteの定期購読マガジン「パテントマスターは語りたい」(月額1000円)をご購入いただけますと、当月更新の記事が全て閲覧できます。こちらももどうぞよろしくお願いいたします。

また、パテント塾に入塾いただくと過去記事を含めて全てご覧になれます。

                   
● <パテントマスター・宮寺達也の有料note、始めました!>
それぞれ毎週更新する有料noteを月額購読できるマガジンです。全て個別購入するよりお安くなっております。初月無料ですのでこの機会にぜひ試してみてください。
           


   ● オススメ商品
            

-国政
-,

author : 宮寺達也



関連記事

すごーい!希望の党は分党して「のけものフレンズ」になるんだね

出典:希望の党 公式サイト 2月7日、希望の党にまたしても分党騒動が持ち上がった。 希望の党は結党から5ヶ月、衆院選からたった4ヶ月で分党すると言う異常事態になっている。もちろんこれは希望の党の公約を …

蓮舫氏には、二重国籍じゃなくて嘘をついている事が問題だと気づいて欲しい

出典:民進党ウェブサイト 7月18日、民進党の蓮舫代表が自身の二重国籍疑惑を釈明するための記者会見を開いた。 現在の蓮舫氏の国籍が明記されている戸籍謄本を開示するかどうかで色んな横槍が入り揉めていたが …

民進党がTPP法案で戦うためのアドバイス

出典:毎日新聞ウェブサイト 衆院TPP特別委員会は11月4日にTPP承認案・関連法案を可決した。私はものづくり産業に携わるエンジニアの立場として、TPPには賛成だ。しかし、TPPで生活が脅かされ、反対 …

           

● サイト内検索

● Google検索


● アクセスランキング(週間)


● オススメ記事


● オススメ商品


● カレンダー
2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829