キャリア

「あたりまえ体操」で見抜くリーダーの資質

投稿日:

出典:YouTube COWCOW「あたりまえ体操#1」

これまで『「足りない情報」で決断するのがリーダーです』『難しいけど、「部下を信じる」のがリーダーです』という、2つのリーダーの資質についての記事を書かせていただいた。

しかし、現実には全くリーダーの資質を備えていない無能リーダーが溢れている。私もメーカー勤務時代に、尊敬するKさんがリーダーの立場を追われて、「決断できない」「部下を信じない」無能リーダーO・Hの元で大変な苦労をしてきた。私のような苦労をしないためにも、これからの日本を支える若者は優秀なリーダーの元で力を発揮し、成長していって欲しい。

では、どうすれば優秀なリーダーと無能リーダーを見分けることができるのか?私が提唱する方法はこれだ。

リーダーの発言を「あたりまえ体操」に乗せてみよう。


一見、良いこと言っているようだけど、中身ゼロの方針

やはり私が事務機器メーカーの勤務時代のことである。毎年4月と10月の半期の初めに方針発表会と呼ばれる、事業部・部署のこれから半年の方針や施策を説明する大きな会議があった。名前は違えど、どこの会社も似たようなことはやっているだろう。

わざわざ市民ホールを貸切り、役員や関連会社のお偉いさんも出席して仰々しく開催していた。大きな事業部では社長や会長も出席し、字幕解説まで用意する気合の入れようであった。

私たちは方針発表会に参加する日は、わざわざ外出しなければならず、実質的に仕事は休みであった。

そんな方針発表会であるが、新人の頃は必死になって聞いていた。だが、年々退屈になっていった。なんというか、記憶に残らないのである。

「先期は売り上げ目標××億円未達でした」

「今期は〇〇の開発完了、絶対に達成します」

「〇〇の開発完了のため、PDCAサイクルをしっかりと回しましょう」

「〇〇はQCD(品質・コスト・日程)で妥協しない」

「先期は不具合が多発したので減らしましょう」

「新製品では新しい技術に積極的にチャレンジしましょう」

別に「気合だ!気合だ!気合だー!」と明らかな精神論を聞かさせれているわけでは無いはず。だが、なんともつまらない。

この方針発表を聞いても、自分の明日からの仕事が1mmも変わる気がしない。つまり聞いても無駄じゃね?そう思っている内、徐々に睡魔に勝てなくなっていった。

そして2008年のことであった。会社のリーダー達が揃いも揃って「方針」とは何かを履き違えており、この方針発表が全く無意味なものであることに気づいた。

当時、センター長に就任したばかりのSがセンターの方針発表で、「私たちはC社を超えて、世界一のプリンタ設計部署になります。そのための方針を発表します」とぶち上げたのだ。「おっ、こいつは面白そうだ」と眠い目をこすって聞くことにした。するとSは、

「今期から我がセンターは、C社の3倍速でPDCAサイクルを回します。それでC社に追いつき、追い越します」(御丁寧に、新体操のフープ(輪)を回す女の子の絵が3つ連なっていた)

と言った。なお、どうやって「3倍PDCA」を達成するかには全く触れず、方針発表は終了した。

私は起きていたことを後悔した。開いた口が塞がらないとはこのことだった。その帰りに同期で飲んだのだが、

・ジャスティン・ガトリン(アテネ五輪の100m金メダル)が9秒で走るなら、私たちは3秒で走れば金メダルですってか。

・どうやって3倍PDCA実現するんだよ、それができれば苦労しないよ

・ウォーズマン理論じゃね(いつもの3倍の回転を加えれば、400万×3の バッファローマン!お前をうわまわる1200万パワーだーっ!!)

・じゃあ、C社の3倍の給料よこせや

・まずお前が方針発表を3倍速でやってみせろや(センター長の発表は30分と決まっていたが、Sは40分以上掛かって持ち時間をオーバーした)

と非難轟々であった。

そして私は「Sの方針、くだらねー」と思うと同時に、あることに気付いた。

「確かに3倍PDCAでC社に勝つはアホすぎるが、これまでの方針発表も『それができれば苦労しない』と言う意味では、同じだったのでは無いか?」

「方針とは何か?」親友Yとディスカッション

「3倍PDCA」事件以降、私は親友Yと「方針とは何か?」のテーマで良くディスカッション(というか受講)をするようになった。

親友Y「会社の上司が言っていることは方針では無い。製品のQCD必達、PDCAを回す、新技術の開発、これらは当然のことで、わざわざ言われなくてもわかっている。これは野球で例えると、監督が『今日は勝つぞ』『走・攻・守』と言っているのと変わりない

私「確かに。『今日は勝つぞ』と言われても、負ける気でいる選手なんているわけ無い。聞いても聞かなくても、自分のプレーは変化しない。結局、やつらの方針とやらは精神論だったんだな。では、どう言えば方針になるんだ?」

親友Y「方針とは、読んで字の如く目指す方向だ。方向だから、右か左か、前か後ろか、必ず逆がある。逆でも成立するのが方針」

私「方針には逆があるか、なるほど。『今日は勝つぞ』の逆は『今日は負けるぞ』だから、成立しないな。方針じゃ無いな」

親友Y「方針とは、ある向きを選んで、反対の向きを捨てることだ。落合監督の中日がわかりやすいが、守を重視して、攻は捨てている。そうやってチームの方向が明確になることによって、選手は練習するべきことが明確になり、チーム力が向上している。」

私「確かに、落合中日は打者も守備力重視で選んでいて、徹底している。そして、落合中日の方針は逆でも成立する。例えば2001年に優勝した近鉄は守より功を重視していた、逆の方針でも成功した」

親友Y「リーダーは、組織として何を重視して、何を軽視するか、その判断の指針を示さなければいけない。それが方針のはず。『QCD必達』『PDCAを回す』とかは何も捨てていない。だから、部下の行動が変わらない」

私「なるほど、『Q(品質)絶対、C(コスト)は軽視して良い』とか、何かを捨てる方針が示されれば、どうやって設計するのか判断しやすい」

親友Y「例えば、品質が良くて値段が安い部品を選定するときは、何も迷う必要は無い。しかし、品質が良いが値段が高い、品質は悪いが値段が安い、どちらの部品を選定するかは難しい」

私「確かに。そういう時は両方の見積もりを発注して、どちらにするか、部品選定会議を行うよね」

親友Y「予め『Q(品質)絶対、C(コスト)は軽視して良い』との方針が示されていれば、部下は迷うことなく、品質が良いが値段が高いを選定する。そうやって迷う時間も、会議を行う時間も不要になり、組織全体が効率良く動くことができる。そういう、『逆がある』方針を示すことが、リーダーの責務だ」

リーダーの言葉を「あたりまえ体操」に乗せてみよう

そうして、私と親友Yは

・リーダーは、「逆がある」方針を組織全体に示すことが責務である

・『今日は勝つぞ』『走・攻・守を鍛えろ』のような、当たり前のことを方針として言うリーダーはアホ

と考えがまとまった。そして、2011年にCOWCOWが「あたりまえ体操」を発表した後、「上司の言うことを『あたりまえ体操』に乗せてみたらわかりやすいんじゃね?」と言い合うようになった。

・3倍速でPDCAを回したら〜 C社に勝てる!

・QCDを必達したら〜 開発が完了!

・新製品で不具合を減らしたら〜 売り上げが上がる!

・新製品で新しい技術を搭載したら〜 売れる!

等々。方針発表で上司が重々しく言っていることを、「あたりまえ体操」に乗せてみたら、面白いくらい成立する。こいつら、こんな当たり前のことを言うために、わざわざ高い金払って市民ホール等を貸し切って、数百人の社員の1日の給料を無駄にしていたのか。

そう理解した私は、以降の方針発表は市民ホールのゆったりとした椅子で、堂々と安眠する時間となった。そして、事ある場面で上司の発言を「あたりまえ体操」に乗せて、上司の資質を測るようになった。

それからあるとき、O課長による部署の方針発表があった。発表後、O課長が「私の方針について、質問があったら言って欲しい」と言った。

私は全く興味が無かったので黙っていた。しかし、後輩が面白い質問をして、O課長が非常にわかりやすい無能リーダーたる回答をしたので、未だに記憶に残っている。

後輩「方針にチーム力向上とあります。O課長は、『仲が悪いが、成果を出すチーム』と『仲が良いが、成果が出ないチーム』のどちらが良いと思いますか?」

O課長「どっちもダメだ。成果を出すチームが、仲が良くなったら、もっと成果が出るようになる」

成果を出すチームが仲が良くなったら〜 もっと成果が出る!

もう本当に、これ以上無いくらい、「あたりまえ方針」で回答してくれた。

強いてO課長を擁護するならば、この時点でO課長の株価はストップ安で底値になっていたので、これ以上下がらなかったことくらいだろうか。

皆さんも是非、上司の方針・施策・発言を「あたりまえ体操」に乗せてみて、優秀なリーダーか無能リーダーか、見抜いてください。


※この記事は、2017年03月09日にアゴラに投稿・掲載された記事を再掲したものになります。

-キャリア
-,

author : 宮寺達也

オススメ商品


  1. […] ここら辺は過去記事「あたりまえ体操で見抜くリーダーの資質」にも書いてあるので、読んで欲しい。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

頑張れ就活生!君たちの個性はリクルートスーツの中

出典:写真AC 6月6日、脳科学者で知られる茂木健一郎氏が、 今日の夜、東京のある駅の近くを歩いていたら、全く同じようなリクルートスーツをきた学生の集団が数十人、騒ぎながら通り過ぎていた。画一性。没個 …

「正」社員という、まずはそのふざけた幻想をぶち壊す

出典:いらすとや トヨタやホンダなど、大手自動車メーカーが期間従業員を無期雇用になるのを回避しようとしている動きが明らかになり、一部マスコミが批判している。 2013年に施行された改正労働契約法では、 …

理想の上司「ウッチャン」のわかってる感

出典:書籍「内村光良ぴあ」表紙 毎年、明治安田生命が発表している「新入社員の理想の上司」アンケートであるが、2017年は男性「内村光良」さん、女性「水卜麻美」さんがともに初のNo.1に輝いた。 私は「 …

難しいけど、「部下を信じる」のがリーダーです

出典:写真AC 前回の記事で、リーダーは「足りない情報」で決断しなければならないことを書かせていただいた。 そして、先週の石原慎太郎氏の記者会見を聞いていると、もう一つ重要なリーダーの資質について気が …

次の電通過労自殺を防ぐため、普段から「逃げ力」を鍛えよう

  出典:ピープルズ 電通の新入社員の高橋まつりさんが過労自殺という痛ましいニュースが流れてから1週間あまり経ち、マスコミからネットまで、様々な記事、議論が飛び交ってきた。その中で、「自殺を …













2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031