刑事事件

【有料note】「殺したのも仕方ない」との同情は危険。元農林水産事務次官による長男殺害事件を語りたい

投稿日:

出典:農林水産省Twitter

※こちらはnoteの有料記事(300円)です。無料部分の続きはnoteでご購入いただけますとご覧になれます。noteの返金機能をONにしてますのでお気軽に試し読みしてください。どうぞよろしくお願いいたします。


 

パテントマスターの宮寺達也です。

2020年明けましておめでとうございます。今年はシン・エヴァンゲリオン劇場版イヤーですね、本当に楽しみです。

そして早速、定期購読マガジン「パテントマスターは語りたい」の第6弾。今回は「元農林水産事務次官による長男殺害事件」を語りたいと思います。

2019年を振り返って印象に残っている事件が2つあります。それが4月に起きた「池袋母子死亡事故」と、6月に起きた「元農水事務次官長男殺害事件」です。

僕がこの2つの事件が印象的だったのは悲惨な事件だったというのはもちろんですが、同じ霞が関の元高級官僚が起こした事件であるにも拘わらず、世間の反応が真逆だったことです。

池袋母子死亡事故では飯塚幸三容疑者に、特に逮捕されずにいる事に世間のバッシングが殺到し厳罰を求める署名が39万にも集まりました。

それに対して元農水次官・熊澤英昭被告による長男殺害事件は「殺すしたのも仕方ない」と同乗の声が多数集まり、さらには「親の責任を果たした」と賞賛する声すら有ったくらいです。

僕ははっきりと違和感を感じました。長男殺害事件の経緯をちょっと調べるだけで皆さんの同情のほとんどが勘違いによるものだからです。

国民の同情は判決に大きな影響を与えます。実際に、熊澤英昭被告は懲役6年という殺人事件としては軽い判決になっています。深く考えずに事件の関係者をバッシングする事は、何の罪もない人を苦しめ、裁かれるべき人物を野放しにする危険な人民裁判なのです。


 

無料部分はここまでです。続きをご覧になりたい方はnoteの有料記事(300円)をご購入いただきたく、どうぞよろしくお願いいたします。

またnoteの定期購読マガジン「パテントマスターは語りたい」(月額1000円)をご購入いただけますと、当月更新の記事が全て閲覧できます。こちらももどうぞよろしくお願いいたします。

また、パテント塾に入塾いただくと過去記事を含めて全てご覧になれます。

                   
● <パテントマスター・宮寺達也の有料note、始めました!>
それぞれ毎週更新する有料noteを月額購読できるマガジンです。全て個別購入するよりお安くなっております。初月無料ですのでこの機会にぜひ試してみてください。
           


   ● オススメ商品
            

-刑事事件
-,

author : 宮寺達也



関連記事

カルロス・ゴーンの保釈逃亡で責めるべきは保釈金の少なさだけ

出典:カルロス・ゴーン – Wikipedia 今年も色々有ったけど、今日で終わり。後はもうウッチャンの紅白を観るか、ダウンタウンのガキの使いを観るか、それくらいだけの穏やかな1日になるは …

カルロス・ゴーンは有罪判決が出てから逃げるのが合理的だったはず

出典:写真AC 元日産自動車会長カルロス・ゴーン氏が保釈中に逃亡した事は金融商品取引法違反、会社法違反(特別背任)で有罪か無罪化はもはやあまりにも小さな問題になってしまった。 昨日のブログにも書いたが …

           

● サイト内検索

● Google検索


● アクセスランキング(週間)


● オススメ記事


● オススメ商品


● カレンダー
2020年9月
« 1月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930