エネルギー

プリウスPHVが教える不都合な真実

投稿日:

出典:プリウスPHV公式サイト

2月15日、トヨタからフルモデルチェンジしたプリウスPHVが発売された。新型プリウスPHVはEV走行距離(バッテリーだけで走行できる距離)が従来の26.4kmから68.2kmと大幅にアップし、さらにハイブリッド車としての燃費も37.2km/Lとトップレベルである。

しかも、家庭用100V電源から充電できたり、大型ソーラーパネルを搭載することで最大で一日6.1kmの充電が可能であり、電気自動車としての使い勝手も大きく進化している。

しかし、私はこの新型プリウスPHVを精査することで、不都合な真実に気づいてしまった。それは2017年現在の最新の太陽光発電の、あまりにも残念な実力である。


プリウスPHVに搭載された先進の太陽光発電

プリウスPHVが完成度の高いエコカーであることは間違いない。プリウスPHVの発表会では、初代プリウスのチーフエンジニアである「ミスターハイブリッド」内山田氏が「ハイブリッドの次は、なんだ?」「これがトヨタの、答えです。」とアピールしたように、トヨタの最新技術が惜しみ無く搭載されている。

ちなみに「PHVってなんだ?」という人は、このサイトがわかりやすいので、ご覧になって欲しい。

プリウスPHVは、量産車では世界初となる「ソーラー充電システム」を採用したことが最大の特徴だ(参照サイト)。車両ルーフに装備されたソーラーパネルにより、太陽光による自然エネルギーを駆動用バッテリーに供給し、最大約6.1km/日(平均で約2.9km/日)分の電力を充電できる。

そのため、ソーラーパネルだけで年間1059kmの走行が可能であり、走行距離の少ない週末ドライバーならば一切の充電や給油を行う必要が無い。

ソーラーパネルはパナソニック製であり、最高出力180W、発電効率20%ほどである(参照:日経BP)。住宅用にも使用されている、非常にパワフルな最新型の太陽電池を採用している。

そんな便利なソーラー充電システムであるが、メーカーオプションとなっており、お値段28万800円(税込)である。んっ、高くね?

プリウスPHVのソーラー充電システムの元がとれるのは54年後

プリウスPHVのガソリン走行の燃費は37.2km/Lである。実燃費はもうちょっと下がると思うので同程度の燃費であるプリウスHVを調べてみたところ、23km/Lと推定できる(参照サイト)。

よって、ソーラーパネルが1年間に充電する1059kmを走行するためには、41.26L(=1059km÷23km/L)のガソリンが必要になる。プリウスPHVの燃料タンク容量が43Lなので、一回の満タン給油にも満たない量だ。

2月20日現在のガソリン価格の平均がレギュラー126.6¥/Lなので、41.26Lのガソリンは5224円である。

つまり、28万800円のソーラー充電システムは1年間で5224円分のガソリンの節約につながるが、元を取れるまで54年かかってしまう。

ソーラー充電システムは日本と欧州では販売するものの、最大の消費地であるアメリカでは「需要が無い」とのことで販売しないとのことだ。しかし、元がとれるまで54年掛かるのでは、日本と欧州の需要も心配である。

さらに言うならば、プリウスPHV(326万円〜)とプリウスHV(248万円〜)の価格差は78万円である。78万円あればガソリンが6161L買えるので、プリウスHVの実燃費(23km/L)ならば、14万1706km走行できる。

年間1万km走る長距離ユーザーでも、14年掛かってようやく電気走行によるメリットを享受できるというのは厳しい。

トヨタは大胆な戦略でエコカー戦争で勝利を

新型プリウスPHVは、累計販売台数が目標30万台に対して7万5000台と大きく下回った先代プリウスPHVの反省を生かしたとのことだが、私にはまた価格差がネックになるのではと心配である。

アメリカではカリフォルニア州が排ガス規制を強め、HV車をエコカーの対象から外すことが決まっている。他の州でも同様の動きが広がっている。欧州でもCO2排出量の規制を強化している。

世界中でHV車を含むガソリン車に厳しい目が向けられ、次世代エコカーへのシフトが始まっている。その正解が、EV(電気自動車)なのか、FCV(燃料電池車)なのか、PHVなのか、まだ答えは見えない。

ただ、勝つためには大胆な戦略が必要なことは確かだ。しかし、私にはプリウスPHVは素晴らしい車であることは間違いないが、現行のHV車の改善にしか見えない。これでは、戦術レベルの戦いだ。

トヨタにはエコカー戦争を勝利するために、FCVに一気にシフトするとか、プリウスEVで勝負するとか、大胆な戦略を期待したい。

そうしないと、戦術の勝ちに拘り、戦略で負けた日本の電機メーカーの二の舞になりそうで、心配である。

自然エネルギーの幻想を捨て、次世代エネルギーの議論を

そして、これまでの記事でプリウスPHVのソーラー充電システムが採算に合わず、普及しないことを心配してきた。しかし、他に比べて劣っていると言いたい訳では無い。

プリウスPHVのソーラー充電システムには、2017年現在の最高水準の技術が詰まっている。だからこそ、自然エネルギーへの過度な期待が幻想であるということを言いたいのだ。

最高性能のソーラーパネルとリチウム電池を組み合わせても、車一台を満足に走らせることもできないのが、自然エネルギーの本命と言われ、現在日本中で稼働している太陽光発電の現実である。

ましてや、蓄電システムを持たないメガソーラーは必要なときに電力を供給できる保証が無い、極めて使い勝手の悪い発電施設だ。固定価格買取制度が無ければ、とても採算を取れるとは思えない。

また、ソーラーパネルはスタンドアロンでエネルギーを放出するので、事故や火災が起きた場合に被害が拡大するという欠点もある。事実、オフィス用品の通販大手「アスクル」の火災で、屋上にソーラーパネルがあるため水をかけると消防隊員が感電する恐れがあり、放水できずに火災が鎮火まで長期化した。

これから人口が減少していく日本では、財政に余裕が無くなり、エネルギーを無駄にする余裕は無い。そのために、火力発電、原子力発電、水力発電、太陽光発電等、それぞれの良し悪しをしっかりと把握し、効率良く活用していかなければいけない。

科学を無視して、ある発電方法を過度に貶めたり、また持ち上げたりするのは、結局は未来の子どもたちにツケを回すだけの愚策である。私たち大人が未来に回すのは、安全で安価なエネルギーにしたい。


※この記事は、2017年02月24日にアゴラに投稿・掲載された記事を再掲したものになります。

-エネルギー
-

author : 宮寺達也

オススメ商品


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

EVの最大の問題はバッテリーじゃない

出典:Wikipedia 日産・リーフ 2017年の夏、EVに関するニュースが相次いでいる。7月6日にフランスのマクロン政権が2040年までにガソリン車・ディーゼル車の販売を禁止する方針を発表し、大国 …

トヨタは次世代EV電池の開発より、充電ネットワークに注力を

出典:TOYOTA MIRAI 次世代自動車の本命と目されているEVだが、現在世界を席巻している日本自動車メーカーがそこでも覇権を握れるかは怪しい情勢だ。 日産は一早くEVにシフトし、電気自動車リーフ …

ガソリン車はガラパゴス化したくてもできない

出典:Wikipedia ガラパゴス諸島 「EVの最大の問題はバッテリーじゃない」の記事で「EVの課題はバッテリーでは無く、充電インフラである」と問題提起させていただいてから、私の記事も踏まえながらE …













2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031