特許

有料note「パテントマスターは語りたい」と「パテントマスターへの道」始めました

投稿日:

パテントマスターの宮寺達也です。

2005年にリコーに入社して10年で特許100件以上登録してきた実績、そしてフリーになってからもIT企業と組んで画期的な新技術・新サービスを特許出願・登録してきました。

フリーになってからは専属でのお仕事だった事もあって、特許のスキルを他の会社の方に教えるような真似は避けておりました。しかし、僕が持つ特許出願のスキル、発明アイデアの発想法を皆様にお伝えする機会を作りたいと前々から思っていました。

そんな折、2019年の8月末に専属でのお仕事が終了いたしました。そこでフリーの立場からさらに新しい、世のためになる仕事ができないかとずっと考えてまいりました。そこでやっぱり、僕がこれまでに培ってきたスキル、知識を皆さんにお伝えする場を作りたいと思いました。

とはいえ、その後は仕事が無くなったショック、音喜多氏との裁判の影響で新しい仕事が見つからない辛さ、体調不良も重なり沈んで何もできない毎日でした。しかし11月15日に39歳になりました。30代最後の1年です。悔いのなく40歳を迎えるためにここで一念発起して新しい仕事を始めたいと思います。

パテントマスター・ジェニシス(新起動)です。

新しい仕事は3本柱で行きたいと思います。

皆さんと交流し、特許スキル、発明アイデアの発想法をお伝えする「パテント塾」

特許・発明にお困りの方に直接コンタクトを取り、お仕事をお受けする「特許・発明サポート」

そして3つ目の柱が有料note「パテントマスターは語りたい」「パテントマスターへの道」です。

え、音喜多氏の有料noteを大批判してた?あれは中身が酷かったんです。

定期購読マガジン「パテントマスターは語りたい」(月額1000円)

まず記念すべきnote初の定期購読マガジン(※月額料金を支払えばその月の有料記事が読み放題になるnoteの商品)。それが「パテントマスターは語りたい」(月額1000円)です。

パテントマスターとは名乗って活動していますが、僕が知名度を上げたのは小池都政、音喜多都議に対しての鋭い考察でした。自分のブログである「パテントマスター・宮寺達也のブログ」に様々なニュースに対する考察記事を乗せ、たびたび注目を集めてきました。

任天堂とコロプラの裁判を取材した記事や、音喜多都議のダブルスタンダードを鋭く追及した記事は大きな反響を集め各記事10万アクセス、月間30万アクセスを達成するまでになりました(体調不良で8月以降更新できていなくてごめんなさい)。

しかし無料ブログには様々な制約が有ります。「無料で書くのはもったいない」という正直な自分の欲望ももちろんですが、「長文は読んでもらえない」という悩みも有ります。

僕のブログの各記事はしっかりと取材、そして起承転結を意識していますので3000~4000字が当たり前ですが、今やほとんどのブログは1000字も書けば良い方です。それだけ「長い」というだけで読まれない時代です。

そのため、実は4000字でも泣く泣く削った表現が多々あります。前々から思う存分に自分の論考を書き切り、それを必要とする人に届けたいと思っていました。しかしその苦労と見返りを考えると無料ブログでは限界が有りました。

そこで有料記事とする事で、本当に必要な少数の人からリターンを受け取りながら長文論考を書き続けたいと思いました。

それが「パテントマスターは語りたい」(月額1000円)です。私が語りたくてたまらない、でも「ブログに無料で書くのはもったいないな…」と思ってしまった事を思う存分語ります。

知財はもちろん政治・経済・社会についての独自の取材結果・考察を熱く語ります。

各記事は1週間に1本、毎週日曜日に更新します。各記事300円ですので、1200~1500円分の有料noteを月額1000円で購読できるマガジンです。

初月無料ですので、まずは物は試しと思って登録してみてください。きっとご満足いただける記事が揃っていると思います。

定期購読マガジン「パテントマスターへの道」(月額1500円)

そして2本目の定期購読マガジンが「パテントマスターへの道」(月額1500円)です。

こちらはパテントマスターの名に恥じぬ、「特許」に特化したマガジンです。

先に書いたように、僕がこれまでに培ってきた特許のスキル、知識を皆さんにお伝えする場を作りたいと思っています。そのためにそれを教える場として「パテント塾」を始めます。

しかしもう少し間口が広く、ゆったりとしたペースで特許のスキルを皆さんに伝えたる場も必要だなと思いました。そこで有料noteに僕が特許100件以上をほぼノーミスで取得した極意をどんどん書いていって、すべて包み隠さず教たいと思います。

元々は「パテント思考」(https://patent-master.com/)というサイトを立ち上げてそこにちょっとずつ書いていこうと思っていたのですが、ブログ以上に「無料で書くにはしんどすぎる」内容でした。そもそもブログの更新ですらアップアップで滞る時が有ったのに、2サイト目は捕らぬ狸の皮算用でした。

そこで有料noteとして仕切りなおす事にしました。それが「パテントマスターへの道」(月額1500円)です。僕が持つ特許への思い、スキル、経験、知識、そして独自のアイデア発掘法「パテント思考」をどんどん書いていこうと思います。

各記事は1週間に1本、毎週水曜日に更新します。各記事500円ですので、1500~2000円分の有料noteを月額1500円で購読できるマガジンです。

これも初月無料ですので、まずは物は試しと思って登録してみてください。きっとご満足いただける記事が揃っていると思います。

これを読んであなたもパテントマスターに。

「パテント塾」の塾生は2つのマガジンを読み放題です

もちろん月額3300円の会費を支払ってくださるパテント塾の塾生はこの2つのマガジンが読み放題です。正確には「パテント塾」のサイトに同じ記事を会員限定のIDで読めるようにします。

両方のマガジンを購入したら2500円ですので、追加800円で塾生になれるのです。

なおnoteとパテント塾の決済は独立していますので、重複購入にご注意ください。

パテントマスター・宮寺達也が人生を掛けて積み重ねてきた特許の極意。必ず皆さんのお役に立ちますので、どうかご購入いただきたく何卒よろしくお願いいたします。

                   
● <パテントマスター・宮寺達也の有料note、始めました!>
それぞれ毎週更新する有料noteを月額購読できるマガジンです。全て個別購入するよりお安くなっております。初月無料ですのでこの機会にぜひ試してみてください。
           


   ● オススメ商品
            

-特許
-, , ,

author : 宮寺達也



関連記事

freeeがマネーフォワードを特許侵害で提訴。人工知能は特許になるのか?

出典:TechCrunch Japan 「クラウド会計ソフト freee」で知られるfreee株式会社が、株式会社マネーフォワードの「MFクラウド会計」が自社の特許を侵害しているとして、差止請求訴訟を …

任天堂 VS コロプラ特許訴訟。コロプラの弁護士交代は流れを変えたのか?

出典:写真AC(知財 本棚) 第6回戦でのコロプラの反論について解説記事を書き終わって改めて思った事だが、やっぱりコロプラの反論は最初の「いちゃもん付けるだけの時間稼ぎ」から随分と印象が変わっている。 …

no image

361

カプコンとコーエーの特許侵害訴訟。地裁ではコーエーが勝ったけど、大逆転が有るかも

出典:戦国無双 総合サイト 3月29日、カプコンが知的財産高等裁判所での審決取消訴訟で勝訴した事を発表した。 この審決取消訴訟とは「この特許に書かれている発明は、出願前から世の中に広まっていたものであ …

任天堂 VS コロプラ特許訴訟。訂正審判でコロプラの無効資料が無効に

出典:Microsoft Flight Simulator X 公式HP 任天堂とコロプラの特許訴訟の第7回戦(第6回弁論準備手続)の最後の記事で書いたのだが、任天堂はコロプラの無効資料に対抗するため …

           

● サイト内検索

● Google検索


● アクセスランキング(週間)


● オススメ記事


● オススメ商品


● カレンダー
2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031