社会・一般

音喜多(おときた)駿氏からのスラップ訴訟への費用支援。そのお金から京都アニメーションとご遺族に寄付します

投稿日:

出典:京都アニメーション

7月18日(木)。今日も何という事もない平和な1日が続くと思っていたが、とても事実とは信じたくないニュースが飛び込んで来た。

私も大好きなアニメ制作会社である「京都アニメーション」の第1スタジオが火事になったのだ。

その事を最初に知った時はただの火事だと思っていた。心配だけどまあよくある事だと。

だが、ガソリンを撒いた放火犯による犯行とわかってから大変な事態だと悟った。ガソリンに火をつけたのでは煙の周りも速いし、簡単には消えない。そして被害はどんどんと、想像もつかないレベルまで拡大している。

この記事を書いている19時10分時点で16人が死亡、十数人が心肺停止、15人と連絡が取れないという余りにも大変な状況だ。最終的な犠牲者の数は想像したくも無い。戦後最大級の放火殺人事件だ。

兎にも角にも1人でも多くの方が助かって欲しい。今はただそれだけを強く強く祈っている。

そして被害に遭われた京都アニメーション、犠牲になった社員の方、ご遺族のために私にも何かできる事をしたいと思っている。

だから1つ決めた事がある。

私は参院選に出馬している音喜多(おときた)駿氏からスラップ訴訟を受けており、その際に多くの方から訴訟費用を支援していただいた。その時に「もしも寄付金が余りました場合は残額を全て公益団体等に寄付させていただきます」と約束した

だから私はこの寄付金の残額を、偉大な表現者である京都アニメーションと、犠牲になられた社員とそのご遺族に寄付します。

パテントマスターと京都アニメーション

私と京都アニメーションの出会いは16年前、2003年にまで遡る。私が大阪大学大学院1回生の時だ。

その頃の私は「フルメタル・パニック!」というラノベにどハマりしていた。今でも人生のフェイバリット作品の1つだ。そんなフルメタは2002年にアニメ化したのだが、何というか「まあまあ」な出来だった。

悪くは無いんだけど、もうちょっとこう、原作の良さを出して欲しかったな。

そんなフルメタが2003年に再びアニメ化すると言う。しかも本編じゃなく、ギャグ満載の短編集の方を。個人的に短編の方が好きだったので、正直、ちょっと不安だった。

あのクオリティならもうこれ以上アニメ化しなくても良いかな、と。

ところが、アニメを制作する会社は前作のGONZOではなく京都アニメーションと言う聞いた事もない会社と発表された。私を含め当時のフルメタファンはみんな「?」って感じ。心配して良いのか期待して良いのかもわからなくなった。

そんな中、原作の賀東招二氏は「無名だけど、梁山泊のような腕利き集団」(うろ覚え)とコメント。

なんだかわからんが凄い自信だ。これは期待しても良いのか?

そんな不安から始まった京アニの(元請制作)デビュー作「フルメタル・パニック? ふもっふ」だが、本当に素晴らしかった。原作の良さを余す所なく再現するのはもちろん絵がこれ以上なく美しい。とてもテレビアニメーションとは思えなかった。

当然に私はどハマり。当時の少ないバイト代からDVDを全巻買い揃えた。ちなみに1巻はめっちゃ品薄で手に入れるのに本当に苦労した。箕面に住んでいたのだが池田、茨木、高槻、各地のアニメイトを渡り歩いた。だが無い、どこにも無い。とうとう天王寺のアニメイトにまで出張した、でも無い。そしてその帰り、最後のチャンスと思って訪れた京橋のアニメイトに1本だけポツンと残っていたのだ!

私は狂喜乱舞しながら確保したよ(なぜかスーツ姿だったのを覚えているけど、何の用事だったんだろう?)。

それから私はずっと京アニ作品を追い続けている。自分でも筋金入りの京アニファンだと思っている。

好きな作品を語り出すと10万字でも足りないので止めておこう。ちなみにフェイバリット作品(4つもあるけど、むしろ4つまで絞れたと評価して欲しい)は、

「フルメタル・パニック? ふもっふ」

「フルメタル・パニック! The Second Raid 特別版OVA わりとヒマな戦隊長の一日」

「涼宮ハルヒの消失」

「たまこラブストーリー」

である。異論は認める。

今の私に出来る事。約束していた訴訟費用支援の余りを寄付する

私は京都アニメーションに本当に感謝している。

だから今回の事件に対して本当に何か力になりたいと思っている。

まず京アニ制作アニメのBlu-ray購入が思いつくが、事件に関係無くいつもやってた。

最近のテレビアニメでは「甘城ブリリアントパーク」「無彩限のファントム・ワールド」「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」を全巻購入した。

映画だと「涼宮ハルヒの消失」「映画けいおん!」「たまこラブストーリー」のBlu-rayを購入した。

遡ると「涼宮ハルヒの憂鬱」「らき☆すた」「フルメタル・パニック? ふもっふ」「AIR」「フルメタル・パニック! The Second Raid」のテレビシリーズDVDや、Blu-ray BOXを購入している。

我ながら随分散財したと思うが、これからもできる限り続けていきたい。

だけどこれでは間接的だ。やはり被害に遭われた京都アニメーション、犠牲になられた社員とそのご遺族の方に直接の寄付をしたいと思う。

そしてそのためにできる限りのお金を捻出したい。そこで思いつくのが音喜多氏からのスラップ訴訟への費用支援である。

私は訴訟費用の支援をお願いした時に、

「もしも寄付金が余りました場合は残額を全て公益団体等に寄付させていただきます。その際は寄付先と寄付金額をしっかりとご報告させていただきます。」

と約束した。そして支援のお願いの結果、54名様から847,558円もの多額の浄財をいただく事ができた。

まだ裁判の結果が出ていないので何円余るかはわからない。だが訴訟に完全勝利すれば15万円ほど余ると思われる。

なので私はこの15万円を京都アニメーション、犠牲になられた社員とそのご遺族の方に寄付いたします。

表現の自由のためにいただいた支援。偉大な表現者への寄付に納得いただけると信じています

もちろん、この15万円だけでなく可能な範囲で寄付金額は上乗せして行きたいと思います。

寄付の時期も裁判の終了を待たずに可能な限り早めていきたいと思います。もちろんその結果、訴訟費用が足りなくなる可能性はありますがその分はシンプルに私が持ち出したという話です。

幸いな事に、最近はこのブログのPVも増えており月間20万PVを超えました。このブログはGoogle Adsense広告を貼っていますので広告収入も増えています。その広告収入も寄付に当てる事ができればと思っています。

音喜多氏からのスラップ訴訟の費用支援の余りをどこに寄付するかは悩んでおりました。できれば寄付いただいた方が全員、御納得いただける相手が良いと思っており候補を探しておりました。

そして京アニの事件の被害に寄付するという事は皆様ご納得いただけると信じております。

なぜなら音喜多氏からのスラップ訴訟に寄付いただいた方はほぼ全員、「言論の自由への侵害に怒りを覚え、寄付させていただきました」とご連絡いただいております。

私も同じ思いです。音喜多氏の訴訟をスラップ訴訟と断じるのは決して訴額が280万円で高額だからとか、裁判費用が負担だからとか、そういう話ではありません。

私はあくまで事実に基づいて「音喜多氏が希望の塾の会計責任者交代を隠蔽している」と指摘しました。その指摘に対して説明責任がある公人が何の事前連絡も無く、むしろ私からの話し合いを無視する形で一方的に訴訟を起こして来ました。

このようなやり方がまかり通れば、みんな訴訟が怖くなって音喜多氏への批判を避けてしまいます。音喜多氏の訴訟は言論の自由を侵害する行為です。それをもってスラップ訴訟と批判しております。

音喜多氏との訴訟で私を応援してくれている方も同じ思いだと思います。言論の自由を、表現の自由を重んじる思いを根底に持つ方々です。

ならばこそ、その訴訟費用支援の使い道として偉大な表現者である京都アニメーションのために使うのはご理解いただけると信じております。

最後に改めまして京都アニメーションの放火事件について、今は1人でも多く助かる事を祈っております。

そして不幸にも犠牲になられた社員の方にはこれまでに素晴らしいアニメを見せていただいた感謝の気持ちを、安らかに眠って欲しいとのご冥福の思いを、私はどちらもこれ以上なく最大限に思っております。

その思いを胸に、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

参照:音喜多(おときた)駿氏から提訴された損害賠償請求訴訟のご報告と、訴訟費用の支援のお願いについて音喜多(おときた)駿氏から提訴された損害賠償請求訴訟。訴訟費用の支援のご報告京都アニメーションホームページ京都アニメーション – Wikipedia京アニ火災 「パクリやがって」「死ね」液体まいた男が叫ぶ ズボンには火がついたまま…アニメ会社で放火 16人死亡 複数の人心肺停止か 京都京アニ火災 16人死亡、15人連絡とれず



   ● オススメ商品
                     
 
   

-社会・一般
-,

author : 宮寺達也



関連記事

平成の元号不要論は西暦換算が難しかったから

出典:国立公文書館 twitter 4月1日に新元号・令和が発表されてから1ヶ月。いよいよ本当に平成が終わり、令和の時代に突入する。 平成と令和という元号を考える機会が増えたそんな4月の末にふと気づい …

おはよう令和。がんばろう令和

今日は令和元年5月1日。 昭和天皇の崩御に伴い深い悲しみの中で始まった平成と異なり、上皇陛下の国民を思う気持ちから生前退位という穏やかな形で始めることが出来た令和。 上皇陛下は昨日の退位の儀で 今日を …

悲惨な交通事故死を減らす秘策は自動運転ではない

出典:twitter 今年の4月以降、悲惨な交通事故死のニュースが相次いでいる。 4月19日の池袋の暴走死傷事故、5月8日の大津市の園児死傷事故、そしてつい先日の6月4日に起こった福岡の逆走事故である …

ブラック企業大賞が流行しないワケ

出典:YouTube(ブラック企業大賞2016ノミネート企業発表!) 「保育園落ちた日本死ね」を流行語大賞に選んだユーキャンが絶賛炎上中である。ユーキャンのセンスの酷さや全く隠せていない政治的偏向性は …

財務省・福田次官によるテレ朝記者へのセクハラ疑惑。セクハラも冤罪もダメという簡単な話

出典:日テレNEWS24 4月19日午前0時、テレビ朝日が週刊新潮で報じられていた財務省・福田次官の女性記者へのセクハラ疑惑に関して緊急会見を開いた。 会見ではその女性記者はテレ朝の女性社員で有った事 …

           

● サイト内検索



● アクセスランキング(週間)



● オススメ記事


● オススメ商品




● カレンダー
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031