政治

参院選を戦っている音喜多(おときた)駿氏に本気を感じない

投稿日:

出典:音喜多ブログ

7月14日(日)。

2019年参院選の投票日は7月21日(日)なのでいよいよ選挙戦前のラストサンデーという奴だ。特に選挙区が広い参院選では残りの平日で支持を広げる余地は少ないので、実質的な天王山である。

日本維新の会から参院選に出馬している音喜多(おときた)駿氏も、大阪から松井一郎・大阪市長、吉村洋文・大阪府知事が駆け付け熱心な街宣活動を繰り広げている。

終盤の情勢予想も入って来たがどうやら維新は大阪・兵庫の議席を固めて、追っている東京・神奈川に注力し出したようだ。全く油断禁物の展開である。

しかしそんな切迫した状況にも拘わらずどうにも音喜多氏本人から危機感が伝わってこない。まさに政治生命を賭けて臨んだ北区長選とえらい違いである。

音喜多氏は無党派層の支持が広がらない上、維新支持層の半分程度しか支持を固められていないようである。その理由はそんな「本気の無さ」を見透かされているからである。

「極めて厳しい情勢。見通しが甘すぎました。」「決着前夜の涙。」など本気が伝わって来た北区長選

音喜多氏はあたらしい党を立ち上げた2018年10月からずっと北区長選への当選、そしてその後の国政進出の青写真を描いていたはずだ。

新党「あたらしい党」結成!そして「北区長選挙」出馬報道について(2018年10月12日)

現在の北区長は83歳・4期目ということもありまして、私の区長選出馬を推す声が多いことは事実です。

私自身、今の北区政の現状を見ますと、この延長線上で次の4年間が行われることは決して良いと思っておりません。

一方で、私の都議としての任期はまだ半分以上残っています。2020年東京大会など都政の重要課題も控える中で、任期途中で区長選ということになれば、「投げ出し」との批判が起こることは避けられないでしょう。

こうした状況も含めて、現在は都民・区民の方々の声を聞きながら慎重に検討を重ねている最中です。

それからの週刊文春報道による上田令子都議との会派解消、柳ケ瀬都議との新会派結成までの流れはまるで今の「都議選挑戦→もし落選したら維新から参院選」を見越していたかのように音喜多氏に都合の良い展開だ。

そうなると「H氏と上田都議に法的措置を取る」と言っておきながらいまだに全く何のアクションも起こしていない事も裏が有る様に思えてくる。本当にあんなバレバレの形でH氏がリークしたんだろうかね?

おまけになぜか北区長選の直前に関係無い私をスラップ訴訟するような有様だ。

だが本気は感じた。

訴訟が無ければ確かに私は音喜多氏の北区長選を批判するブログを1,2本は書いたであろう。「なぜ都議を途中で投げ出すのか?」「北区の名称変更は維新の劣化コピー」って感じの記事を。

私としてもインパクトは感じないし北区長選に与える影響は微々たるものであっただろう。しかし自分で言うのもなんだが、私は音喜多氏を批判する論客では最も影響力がある。千代田区長選前の「音喜多氏は4つの嘘をついている」のようにかなり読まれる可能性も有る。

だから音喜多氏は自分の人生を妨げるわずかな芽でも本気で潰そうとしてきた。私は怒りに溢れていたが、その本気には敬意を表した。だからこそ、私も本気でぶつかっていったのだ。

そして音喜多氏には勝算も有ったはずだ。音喜多氏が都議を辞める前の3月の情勢調査では音喜多氏当選の予想であった。だから音喜多氏の北区長選は決して都議を投げ出した訳でも、選挙ジャンキーのパフォーマンスでも無い。人生を賭けた真剣勝負だったのだ。

だからスラップ訴訟の影響で情勢が厳しくなったとわかると、

極めて厳しい情勢。見通しが甘すぎました。力を貸してください【北区長選挙】

決着前夜の涙。今はただ、この最高の仲間たちとともに、勝利を信じて突き進みます

と苦戦しているあたらしい党のメンバーの応援も忘れてガムシャラに、恥も外聞も捨てて勝利のために全力を尽くしていた。特に「見通しが甘すぎました」の記事は3万PVを超えて、すっかりアクセスが激減してオワコンになっていた音喜多ブログで久々のヒットであった。

それだけ中身はともかく、本気度だけは伝わった人も多かったのだろう。

だから開票速報では出口調査でリードしたり、75%開票まで全くの互角の勝負が出来たのだろう(最終的には都議選の得票すら下回る敗北だったけど)。

しかし今回の参院選にはまるであの時の本気を感じない。

「35キロ歩く」「にっぽん、維新のかーい」「ペヤング」「山手線一周」・・・打ち切りのバラエティ番組?

音喜多氏が参院選に向けてブログで公開している内容は実にくだらない。

北区長選では「北区の名称変更」という是非はおいておいてキャッチ―な政策のアピールに熱心であった。基本的には政策を訴えているものばかりであった。

しかしこの参院選が公示されてからのブログやツイッターはこうである。

35キロ超、55,000歩!北区~大田区を走破した「おとやなチャレンジ」第一弾

序盤情勢報道は7番手~6番手。当落線上の闘いを制するため、七夕の願いは「あなたの力」

クセになる?!にっぽん、維新のかーい!ニコニコ主催の「ネット演説」に、党を代表して登壇しました

投票率は前回(約52%)以下か…無関心層・浮動票に火をつけろ!山手線一周自転車&遊説チャレンジ

打ち切りになるバラエティ番組か?それともスベってる零細ユーチューバーか?

全く面白くないし、チェレンジの内容もショボい。何より達成したからってどうなんだ。

事実、アクセスやRT、いいねもさっぱりである。とても国政選挙の候補者とは思えない。

これは7月14日21時15時時点での週間アクセスランキングであるが、酷いものである。北区長選挙での「見通しが甘すぎました」は3万アクセスを超えたのに、それに相当する「序盤情勢報道は7番手~6番手」が3010PV。1/10以下である。

ブログの月間PVも30万程度であろう。はっきり言って今の私のブログPV とほぼ同じである。かつては月間100万PVを超えて「1人で自民党を倒した」とドヤっていたブロガー議員はもうどこにもいないのだ。

今の音喜多氏がやっている事は

「真面目に政策を訴えてもPVも収入も増えないし、選挙も落ちそうだし。というか真面目に維新の政策訴えたら後でしがらみになりそうだし。まあ面白そうな事やって目立てば後腐れも無いし良いかな。俺が頑張るより、松井さんや吉村さんが来てくれれば勝てるかも」

くらいにしか思えない。全く本気を感じない。

そしてそういう本気の無さを有権者は良く見ている。2016年の都知事選でも「崖から飛び降りる覚悟」の小池都知事には本気を感じて投票したから当選した。しかし2017年の衆院選では「都知事を保険にして衆院選には出ない」小池都知事には本気の無さを感じて希望の党は惨敗した。

音喜多氏に肝心の無党派層の支持が広がらない理由は山本太郎氏の比例転出でも立憲民主党の票の分け合いでも無い。ただ単に今の音喜多氏に魅力が無いだけである。

もう支持者も音喜多氏の願い通りに「立憲民主党・塩村文夏」に投票した方が良いよね

音喜多氏の発信はどんどん適当になっている。

と7月13日には北区十条を「地元中の地元」と言ったかと思いきや、今朝(7月14日の朝9時)は

「私、音喜多駿。この地元豊洲で2人の娘を育てております」(動画1分30秒~)

と豊洲を地元発言。

いや、どっちやねん!

これは今後の選挙活動にも大きく影響する失言だぞ。もうやけくそになったとしか思えない。もちろん有権者はこういうのを見逃さない。音喜多氏の支持は一向に広がらず、最新の情勢でも6位どころかれいわ新選組にも負けそうな感じになって来た。

もうね、音喜多氏の支持者も参院選じゃなくて今後の事を考えた方が良いよ。元々、参院選への出馬は反対だったんだし、きちんと引導を渡してあげるのも愛情だ。

そういえば、今の音喜多ブログランキングのダントツ1位(5837PV)は

本気で「誰に入れたらいいかわからない!」という人のための、3分でわかる投票先の選び方

1.男性か女性なら、女性の候補を選ぶ

2.現職か新人なら、新人を選ぶ

3.上記が同じ条件なら、より年齢が若い方を選ぶ

と、なんと4年前の記事である。「若い人に政治の面白さを伝え、政治を変える」と息巻いていたブレない音喜多氏の時期のブログが再注目されている。私も千代田区長選の時の記事で「音喜多氏は変わった」と引用したのでよく覚えている。

なお、この法則で東京選挙区の投票先を主要候補から選ぶと「立憲民主党・塩村文夏」になる。

音喜多氏の支持者は大体この時期の音喜多氏が好きなはずだ。だったら、好きだった時期の音喜多氏の言葉に従って今回の参院選は塩村文夏氏に投票してはどうだろう?

かつての仲間に負けるのならば音喜多氏も本望だろう。思い残す事なく政治家を引退できるかもね。

参照:新党「あたらしい党」結成!そして「北区長選挙」出馬報道について極めて厳しい情勢。見通しが甘すぎました。力を貸してください【北区長選挙】決着前夜の涙。今はただ、この最高の仲間たちとともに、勝利を信じて突き進みます35キロ超、55,000歩!北区~大田区を走破した「おとやなチャレンジ」第一弾序盤情勢報道は7番手~6番手。当落線上の闘いを制するため、七夕の願いは「あなたの力」クセになる?!にっぽん、維新のかーい!ニコニコ主催の「ネット演説」に、党を代表して登壇しました投票率は前回(約52%)以下か…無関心層・浮動票に火をつけろ!山手線一周自転車&遊説チャレンジ本気で「誰に入れたらいいかわからない!」という人のための、3分でわかる投票先の選び方



   ● オススメ商品
                     
 
   

-政治
-,

author : 宮寺達也



関連記事

小池都知事の「希望の党」に、政策が無いことを証明する

出典:fnn-news(https://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00371497.html) 安倍首相が衆議院の解散「国難突破解散」を …

もう魔女狩りは止めよう。佐川氏の証言拒否は『議院証言法』で定められた権利

出典:YouTube 日本経済新聞 前回のブログでは、己の政治的利益のために他人を冤罪に陥れても構わない、極めて低レベルな東京都議会の人権意識について明らかした。 偽証で告発された浜渦元副知事が不起訴 …

すごーい!希望の党は分党して「のけものフレンズ」になるんだね

出典:希望の党 公式サイト 2月7日、希望の党にまたしても分党騒動が持ち上がった。 希望の党は結党から5ヶ月、衆院選からたった4ヶ月で分党すると言う異常事態になっている。もちろんこれは希望の党の公約を …

東京都議選。川松さんの当選に感じたネット世論の限界と可能性

出典:読売新聞 7月2日、東京都議選が終わった。結果は皆さんよーくご存知の通り、小池知事勢力の圧勝、自民党が過去最低を大きく下回る歴史的惨敗となった。(参照:読売新聞) 都議選の結果自体は東京都民の良 …

音喜多(都) VS 音喜多(あ)。希望の塾の会計問題を追及してみた

出典:音喜多駿ブログ、あたらしい党 希望の塾の会計問題について、音喜多都議が「会計責任者の交代を隠蔽して都議選に当選した事」「自分の責任を無視して他人の批判に明け暮れている事」を本ブログにて指摘した所 …

           

● サイト内検索



● アクセスランキング(週間)



● オススメ記事


● オススメ商品




● カレンダー
2019年9月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30