お笑い

反社会勢力との闇営業が無くならないのは吉本興業の責任。撲滅するための3つの改革案

投稿日:

出典:吉本興業ホームページ

昨日の6月27日、吉本芸人11人が謹慎処分になってからわずか3日後にスリムクラブまでもが暴力団との闇営業が発覚したのは衝撃だった。

しかも既に謹慎処分になっていた2700までもが参加しており、スリムクラブと揃って「無期限謹慎処分」になってしまった。ま、これは「え、あの11人は無期限謹慎じゃなかったんだ。半年くらいで復帰させる気だったんじゃねーか」って事も気づかせてしまったので本当にグダグダである。

この事が示しているのは、当たり前の話だったかもしれないが11人の闇営業なんて氷山の一角という事だ。今頃は過去の闇営業を巡って脅迫なども起きているだろう。

そして問題は吉本興業芸人だけに起きている(ザブングルは入江に巻き込まれた)。吉本興業という会社の体質・体制に問題があるのは明白だ。そう思ってこんなツイートをしたところ、

あの猫組長にもRTされ、かなりの反響だ。

しかしこんなリプライやコメントが多かった

「ほとんどの芸人が謹慎になる」

「そして誰もいなくなった」

「吉本芸人が全員テレビから消えたらバラエティが成立しない」

「吉本が潰れるぞ」

だが何が問題か。大いに結構では無いか。破壊の後にこそ再生がある。

そもそも反社会勢力との関係断絶は吉本興業自らが決意表明を出している最優先事項だ。吉本は潰れる覚悟を持って臨んで欲しい。私からもそのための改革案を3つ提案したい。

①マネージャーを1000人増やそう

まず闇営業が跋扈する現状を改善する最も有効な施策は、マネージャーの増員である。

吉本興業は所属芸人が異常に多く、約6000人所属している。それに対して社員は約1000人しかいない。だからマネージャーの数も以上に少なく、1人のマネージャーが5,6組の芸人(5,6人じゃ無いよ。コンビ含めてだから10人とか)を担当している異常な事務所だ。

以前にアメトーーク!の「マネージャーほったらかし芸人」でも吉本芸人が「1人で海外ロケに行く」「スケジュールが間違えて送られて来る」「年明けてから3回しか会ってない」と散々な現状をトークしていた。

そして今思えば予言とも言えるのがせいじと友近のセリフだ。

せいじ「吉本のエライさんはなんでこれで現場が回ると思ってるのか?」

友近「吉本は1回痛い目見ないとわからへん。これは世直しや」

まさに現場が回らず闇営業が跋扈し、反社会勢力とのつながりを把握できず痛い目を見てしまった。だからまず現場をきちんと回して闇営業の跋扈を止める事が重要だ。

芸人が闇営業に手を染めるのは仕事が無くてお金が無いからだ。さらに吉本は営業の依頼が来てもマネージャーが少な過ぎてスケジュールを把握出来ず断ってしまう事もある。そのためマネージャーが断った仕事を芸人が闇営業としてこっそり引き受けるのだ。

だからマネージャーが正規の仕事をたくさん取って来れば万事解決だ。

マネージャーを増員すれば正規の営業を断る事も無く、また正規の仕事を増やすための営業を増やす事も出来る。そうなれば芸人も正規の仕事だけで収入を得る事が出来るようになり、闇に手を染める必要も無くなるはずだ。

今の吉本の所属芸人が6000人なのでざっくり3000組として、マネージャーは社員が1000人なので500人とする。そこで1000人のマネージャーの増員を提案したい。

1000人増員すれば1500人である。こうなると、マネージャー1人で2組までのマネジメントに専念出来る。質は大いに改善するだろう。なおそのための費用はマネージャーの年収を500万円とすると、

500万円×1000人=50億円

となる。だが闇営業問題で宮迫がアベンジャーズ・エンドゲームの声優を降板するなど、数十億円の巨額の違約金が発生するとも言われているのだ。だったら雇用改善にも繋がる方にお金を使えばイメージも上がるしお得だよ。

②所属芸人とマネジメント契約書の締結を

そして次はマネジメント契約書の締結である。

もはや常識であるが、吉本と所属芸人の間にはマネジメント契約が存在しない。だからそもそも闇営業と言っても吉本は文句を言う立場に無いのだ。今回問題になったのは反社会的勢力への利益供与になったからであり、これは各都道府県の定める暴対法条例に違反してる。

そんな明確な違法行為だから処分を下したのである。

実際、この報道が出てもなお「悪いヤツからの闇営業はダメだけど、きちんとした会社からの闇営業はいい」とカズレーザーが発言しているが、所属芸人の本心だと思う。

だが所属事務所を通さない仕事が跋扈すると、必ずチェックが疎かになり反社会的勢力に漬け込む余地を与える。何より問題が起きた時に対応が後手後手になる。結局、芸人自身が責任を被る事になり多くの迷惑を掛けてしまう。

なのでこれはむしろ無かった方がおかしいのだが、吉本は所属芸人とマネジメント契約を結ばなければならない。これは提案というより、社会的責務である。

その中にしっかりと吉本と芸人の取り分、そして闇営業の禁止、破った場合の罰則事項を明記すべきだ。

宮迫や田村亮が当初「金銭は受け取ってない」と否定したのも、「そもそも罰則の規定も無いんだから、売れっ子の自分らは守ってくれる」との甘えが有ったからだ。

しっかりと罰則を規定し、その代わりサポートを約束する。普通の芸能事務所のあるべき姿に今こそ変わるのだ。

なお、闇営業の跋扈の背景には売り上げの取り分「吉本9:芸人1」とも言われる搾取が有るからとも言われている。

私はこれについては確かにアコギだとは思うが、だからこそ吉本は6000人もの大量の芸人を抱える事ができているとも言える。もし「吉本6:芸人4」という取り分に変えれば、売れてない芸人は雇いきれず解雇されるだけだ。

契約は双方の合意で持って締結されるので、例え取り分が少なくても吉本なら世間の目に止まるチャンスがあると思う芸人も多いだろう。

なので出来れば配慮して欲しいとは思うが、私は売り上げの取り分にまでは口は出さない。

③闇営業芸人に司法取引を

最後に、過去の闇営業を今のチャンスに一斉に告白させるべきだ。そのために司法取引だ。

今回の入江が仲介したパーティーが5年前の2014年であるように、これからもどんどん過去の闇営業が告発されるだろう。今からの反社会勢力との闇営業を撲滅したとしても、問題の解決はほど遠い。

おまけに「過去の動画を週刊誌に流すぞ、バレたらお前の芸人人生は終わりだ。それが嫌なら1000万円払え」とかただ今絶賛脅迫中の芸人も数多くいそうだ。

だから過去にどんな闇営業をして来たか、この機会に白日の下に晒すべきだ。反社会的勢力は闇を好む。太陽の下では生きられない。

無論バレたらヤバイと思っている芸人は、死ぬ気で隠し通そうとするだろう。だから今は一定の「救済措置」もセットでなければ効果は薄い。例えば、

「反社会的勢力との物を含め、過去の闇営業を全部報告する事。7月中に反社会的勢力との闇営業を告白したら1年間の謹慎処分で済ませる。ただし8月以降に発覚した場合は問答無用で解雇処分にする」

と吉本が全芸人に通達するのだ。「解雇よりはマシだ」と告白する芸人は多いだろう。無論、この取引条件がベストとは限らないので、そこは是非ともアイデアを下さい。

それに過去の闇営業を把握すれば、これからはそれを正規の営業として事務所が管理する事が出来る。謹慎している芸人にとっても復帰した後に仕事が期待できる状況になるので告白しやすいメリットにもなる。

基本的に反社会的勢力との繋がりを持った芸人が悪いのだが、入江に強制されて無理矢理という芸人も多いだろう。ただ悪を糾弾するだけで撲滅出来ればそれが理想だが、現実には難しい。

今はまず「未来の反社会的行為の撲滅」を最優先に考え、過去には多少の猶予を与える事が肝要ではないだろうか。

吉本の破壊の後に再生がある。「内村さまぁ~ず」は吉本芸人無しでも面白いから大丈夫

無論、どういう形であれまだ発覚していない反社会勢力との繋がりが明らかになれば、吉本興業は大混乱だ。そして多数の吉本芸人を起用するテレビ局やイベントも大パニックに陥るだろう。

確かにそれでバラエティが壊滅したり、吉本興業が潰れてしまう可能性もあるかもしれない。でもそれを恐れていてはいつまでも反社会勢力の影響は無くならない。

破壊の後に再生がある。日本が戦後に圧倒的な復興を果たしたように、吉本興業も徹底的に破壊した後にこそ真に最強の芸能事務所に生まれ変わるのではないか。吉本は

決意表明

(略)

一連の報道されている件を含め、約6000人の所属タレント及び約1000人の社員のあらゆる行いについてはすべて当社の責任です。繰り返しとなりますが、当社グループ全体でさらなるコンプライアンスの徹底に全力を尽くす覚悟であり、ここにその決意を表明いたします。

と全所属芸人・全社員の名前で決意表明を出したが、その覚悟は本物か?

吉本芸人以外にも芸人は沢山いる。テレビではほぼ全てのバラエティに吉本芸人が出演しているので気づきにくいが、別に吉本芸人がいなくても十分に面白いバラエティは作れる。

それが「内村さまぁ〜ず」だ。Amazonプライム独占配信のネット番組と思われているが、テレビでも東京MXで月曜23時30分から放送している。

「内村さまぁ〜ず」に吉本芸人は一切出演していない(SECONDになってから一時期出演してたけどまた出なくなった)。DVD化を前提にしているので権利関係で吉本興業と合意できなかったのだろう。

でも「内村さまぁ〜ず」は十二分に面白い。これこそ吉本興業が潰れても大丈夫な証明だ。だから吉本は安心して「覚悟」を示して欲しい。

「徹底に全力を尽くす覚悟」と言うならば、吉本興業が潰れるリスクがある改善策を実行してこそ視聴者にそれが伝わるというものだ。

参照:スリムクラブと2700、無期限謹慎処分に 吉本興業岡村隆史「吉本もなんとなく…」闇営業実態明かすカズレーザー“闇営業”を要求「きちんとした会社からならいい」吉本興業「一切関わりを」全タレント連名で決意表明膨大な芸人抱える吉本興業 闇営業「また起きる」の声も決意表明・吉本興業株式会社



   ● オススメ商品
                     
 
   

-お笑い

author : 宮寺達也



関連記事

僕はもう「アメトーーク!」とも笑えません

出典:アメトーーク! ・バックナンバー一覧(2010年) (※この記事は2019年6月18日に書くつもりでURL採番だけしたのを、2019年6月24日にようやく書き上げたものです) (※そろそろ書こう …

「アメトーーク!」を打ち切って「内村プロデュース」を復活すれば万事解決

出典:内村プロデュース円熟紀 [DVD] 6月27日に放送された「アメトーーク!・ネタ書いてない芸人」。「アメトーーク!」から宮迫をカットするなんて本当に可能なのだろうかと興味津々で観たのだが、本当に …

M-1は参加資格を結成10年以内に戻すべき

出典:大会の歴史 M-1グランプリ 公式サイト (※この記事は2019年1月1日に書くつもりでURL採番だけしたのを、2019年5月16日にようやく書き上げたものです) 今は富山県黒部市の実家でゴロゴ …

           

● サイト内検索



● アクセスランキング(週間)



● オススメ記事


● オススメ商品




● カレンダー
2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031