政治

音喜多(おときた)駿氏の支援者も「あたらしい党から出馬しない」理由を誤魔化している

投稿日:

出典:twitter「国政に行くのは間違ってる」

音喜多氏が維新から参院選出馬する事への最大の批判は「なぜ自らが代表を務めるあたらしい党からではないのか?」であるが、それにも関わらず音喜多氏がその批判をスルーしている事は以前に書いた。

音喜多(おときた)駿氏は「あたらしい党から出馬しない」理由を誤魔化している

今回の参院選ではれいわ新撰組の山本太郎氏、NHKから国民を守る党の立花孝志氏など、小規模政党でありながら自らの党を背負って国政に挑戦する政治団体代表が相次いでいる(全く応援はしないけど)。

それと比較すると音喜多氏の「とにかく当選するなら過去の言行不一致でも大政党にしがみつく」姿勢は惨めの一言である。おまけにその大政党はかつて自分が「泡沫政党」とバカにしていたのだから恥知らずとはこの事だ。

流石にこのあたらしい党のメンバーもこの醜態に分裂しまくりである。だがもちろん、必死に音喜多氏を庇っている痛々しいメンバーもいる。

だがやはり説得力は全くない。なぜなら音喜多氏同様「なぜ自らが代表を務めるあたらしい党からではないのか?」への批判を完全スルーしているからだ。

音喜多氏の妻・三次区議によるポエム全開の超擁護

やはり真っ先に擁護の姿勢を明らかにしたのは、音喜多氏の妻でありあたらしい党の人事最高責任者である三次区議である。

立場上、人事最高責任者があたらしい党の推薦を否定できる訳はないのだろうが、あまりにもポエム全開なので信者は絶賛しているが肝心の懐疑派への説得力が無さ過ぎる。

あたらしい党の人事最高責任者になりました。(三次 由梨香)

『維新は嫌いだ』 (維新で一生懸命やってる方もいます)
『節操がない』
『やってることが意味不明』

と、思う方は最近夫と知り合ったのかもしれません。
わたしからみたらなんらいってることは変わっていないと思ってる

・・・いや、肝心の夫がその維新を「泡沫政党」と言ってたんですが。

自民党をおしてくれる方もいるでしょう。
国民民主をおしてくれる人もいるでしょう。
立憲が良かった人もいるかもしれません。

きっとどこにいっても批判はきますよね。

・・・あたらしい党の代表なんだから他党から出れば批判されるに決まってる。誤魔化しにもなってない。

なお、都民ファーストの会時代に散々に「都議会のドン」「黒い鼠」と批判しまくった自民党にも、「滅ぶべし」と言い続けていた旧民主系の2党にも音喜多氏が行けるハズが無い。根拠もなく「実はオファー殺到の人気者なんです」と書くのは嘘松であり、哀れである。

無職になってバッチつけたいだけだろうと、いう人もいるかもしれない。
でもバッチつけたいだけなら、厳しい選挙にはいかず、北区議会議員に立候補すればいいだけの話です。

・・・北区議会選挙は北区長選と同時に行われたので、次は4年後の2023年。バッチつけたいだけなら北区議になってるとはあまりにも意味不明。

いろんなご意見はあると思いますが、
わたしはおときたの人生、ここでとめたところで代替案も出せないし、責任持てません。

おときたが後悔しない人生を歩んで欲しい。
自分で決めた人生を歩んで欲しい。いろんなご意見はあると思いますが、
わたしはおときたの人生、ここでとめたところで代替案も出せないし、責任持てません。

おときたが後悔しない人生を歩んで欲しい。
自分で決めた人生を歩んで欲しい。

・・・音喜多風に言うならば「なんかイイコトを言ってるぽいけど、ぜんぜんイイコト言ってない典型」

はっきり言って有権者は音喜多「夫妻の考え」なんて全く興味は無い。あたらしい党の代表として、あたらしい党の人事最高責任者として「維新から参院選に出馬するのが、これまでのあたらしい党の約束、活動方針とどう整合するのか」の説明を求めている。

三次区議は結局「夫が無職で辛いから仕方ない」とが言ってるだけだ。はっきり言って、有権者が思う回答は「知らんがな」。

なお、参院選の選挙費用は3000万円は掛かると言われている。この選挙に落ちた場合、本当に音喜多家の家計はヤバイ状況になるはずだ。落選する可能性を考えれば、止めるのが一家を守るという事だと思うよ。ま、本心では三次区議も出馬して欲しくなかったんじゃ無いかな。

「あたらしい党が維新に吸収されない条件で支持」するって、騙されてますよ

そして、「苦渋の決断だったが条件付きで支持する」という区議が2人いる。

まずは元アイドル区議である。

おときた代表、一大決心!!(橋本ゆき)

おときたさんが現職議員ではない状態は良くないよね…

挑戦し続けるおときたさんが好きだ!!

政界にはおときたさんのような議員が必要だからこのまま燻っていて欲しくない。

地域政党の党首が国会議員になることは地域からの改革の後押しになる。

だそうだが、挑戦と言うならばあたらしい党の代表として参院選に出馬する方がよっぽど挑戦だし、あたらしい党の党勢拡大・地域からの改革の後押しになるはずだ。

「維新から出れば絶対当選」ならば成立するロジックだが、残念な事に初めから圏外である。これから奇跡を起こしたとしても、それだったらあたらしい党の代表だったとしても同じ確率の奇跡である。

橋本区議は「だから、あたらしい党を他の政党に吸収させるつもりは全くないです。」と書いている。だが残念な事に維新のマスコットガールとして積極的に活動している橋本区議の姿こそが、あたらしい党がもう完全に維新に吸収された感を醸し出している。

そしてもう1人は離党状態の三浦拓市議と並んで、私のフォロワーさんの間で評価が高かった宮本舜馬区議である。

なぜか私のツイッターに絡んできて延々と言い訳をしていたのだが、どうにも中身がない。

どっちで出ても落選するんだったら、あたらしい党の代表として参院選を戦う方が党勢拡大につながるに決まっている。今回の参院選であたらしい党という名前が出る事は無い。

やっぱり肝心の「なぜ自らが代表を務めるあたらしい党からではないのか?」に答えられず、でもツイッターのリプには全部返信する主義らしいので苦しい言い訳が延々と続いている。

そのためついに、「アンチが揚げ足取ってるだけ」という音喜多代表と全く同じ言い訳に走ってしまった。

アンチが揚げ足取ってるんじゃないよ。音喜多氏が自らの約束を破りまくってるんだから、音喜多氏が勝手に揚げ足を差し出してるんだよ。

あたらしい党の党員は今こそ音喜多代表の金言を思い出し、行動すべし

このように、あたらしい党のメンバーは「なぜ自らが代表を務めるあたらしい党からではないのか?」という最大の批判はもちろん、「地方で政策を実現してから国政進出とクラウドファンディングでの約束違反だ」「クラウドファンディングの資金を参院選に使うのはおかしい」「どこでも良いから政治家になりたいだけの政治屋」という批判に全く答えられてない。

とはいえ、政治の世界は確かに日々状況が変わり、臨機応変の対応を迫られる時があるのも事実だ。

だからそんな時はどうすれば良いか。簡単である。あたらしい党のメンバーなんだから、あたらしい党代表である音喜多氏の言葉に従えば良いのである。

「しがらみのない政治をやってほしくて音喜多代表を応援してきたが都政で達成されてない。まだまだ都政で改善しないといけない点があるのに国政に行くのは間違ってる。そのようなことの為に応援してきたのではない!」

あたらしい党のメンバーはこう言って音喜多氏に国政進出の撤回を求め、実現しないなら離党するべきだ。

音喜多氏には文句を言われるかもしれないが、なに、心配いらない。「音喜多代表よ、頭が高い。控えおろう。この言葉をどなたの言葉と心得る。あたらしい党代表の音喜多氏の言葉であるぞ」といえば大丈夫だ。

なんせ音喜多氏はさらに「私が最も許せないのは言行の不一致」と言っているのだ。快く参院選出馬を撤回するか、あなた達の離党を後押ししてくれるよ。

参照:あたらしい党の人事最高責任者になりました。(三次 由梨香)おときた代表、一大決心!!(橋本ゆき)



   ● オススメ商品
                     
 
   

-政治
-,

author : 宮寺達也



関連記事

第48回衆議院選挙。情熱で選挙に行って、理性で投票しよう!

出典:イラストAC いよいよ10月22日。第48回衆議院選挙の投票日がやって来た。これから4年間の日本を担うリーダーを私たちの手で決める事が出来る、民主主義の本領が発揮される日だ。 衆議院の解散が発表 …

小池百合子代表「希望の党」の政策協定書を採点する

出典:fnn-news(http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00372032.html) 今回の衆議院選挙は、小池百合子氏が自ら代表 …

(2019年参院選)パテントマスターは全国比例で立憲民主党「斉藤りえ」「白沢みき」「まのさとし」を応援します

出典:立憲民主党・参院選比例名簿登載者 7月20日(土)。いよいよ明日は2019年参院選の投票日です。 先ほどはスラップ訴訟で国民を苦しめる国会議員の誕生を阻止するべく、東京選挙区で立憲民主党の塩村あ …

「我が投票」パテントマスターの衆院選・参院選の歴史 後編・10年代「ずっと安倍さんのターン」

出典:安倍晋三 – Wikipedia 前半・2000年代はこちら 私が選挙権を得た2000年11月15日からの合計12回の国政選挙を振り返っている。 00年代は小泉ブームに始まり郵政選挙 …

前原誠司・民進党代表の捨て身の決断も虚しく。もしかして立憲民主党の1人勝ちなのか?

出典:立憲民主党公式サイト 10月22日に投開票を迎える第48回衆議院選挙。その序盤情勢が各マスコミから出揃った。 自民党・公明党は300議席を超える勢いで政権は安泰。希望の党は大失速で公示前勢力の5 …

           

● サイト内検索



● アクセスランキング(週間)



● オススメ記事


● オススメ商品




● カレンダー
2019年11月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930