パテントマスター・宮寺達也のブログ

知財、経済、キャリア、テクノロジーを中心に思ったことを書いています

国政選挙

音喜多(おときた)駿氏は有料noteでこっそり日本維新の会を「泡沫政党」とバカにしていた

投稿日:

出典:音喜多有料note「一期四年で絶対に達成できない公約を掲げるって…」

前回の記事にも書いたが、音喜多氏はとにかく「あたらしい党から出馬しない理由」を答えられないので「ずっと前から維新が好きでした」アピールに必死である。

おときた駿と維新について -既得権打破と経済成長を目指す「第三極」最後の可能性

「維新の創設者である橋下徹さんの番組には何度も出演させていただき、直接交流する機会を得ました」

「やながせ裕文都議と二人で「維新・あたらしい・無所属の会」という会派を組んで活動させてもらいました。都政への改革姿勢についても、ほぼすべて一致していることも改めて確認できた次第です」

「国政で一緒にやるとすれば維新でというのは、私の中ではずっと自明のことでありました」

とまあ熱烈な後付けラブコールである。無論皆さん、こんなもの同窓会で会ったいじめっ子に「俺も父親になってイジメはダメだと思ったんだ。あの時はごめんな」とでも言われたような気分であろう。

「だったら都民ファーストの会じゃなくて維新に入ってれば良かっただろ」

「どうせ本音では、維新は泡沫政党だから組んだら当選できないと思ってたんだろ」

と音喜多氏の本音をネットで推測している人が多数である。

そんな皆さん、ビンゴです。音喜多氏は本音では「維新は泡沫政党だ」と発言してたんです。

音喜多有料note「一期四年で絶対に達成できない公約を掲げるって…」(2017/3/27)より

音喜多氏の本音はプロバガンダや広告に溢れるツイッターやブログでは一切わからない。昔は有料noteでそのいやらしい本音を露わにしていたのだが、有本香氏に対して「このB○Aーー!言いたい放題しおってぇ!」ととんでもないセクハラ・侮蔑発言をしていた事がバレて閉鎖になってしまった。

あの有料noteは非常に貴重だ。表では「豊洲市場の移転の実現に本気です」と言っていたのに、裏の有料noteでは「もう知らん!おまえらみんな、豊洲新市場と一緒に○ね!!」と豊洲市場への言動が真っ赤な嘘である事もバレてしまった

そんな大人気な音喜多有料note。もう閉鎖されてしまったが、ネットではいくつかの画像がUPされている。パテントマスターとして著作権法違反の画像を見るのは倫理的に来るものがあるが、まだ静止画ダウンロードは合法なので使命感が勝った。そして発見した。もう予想そのまんまの内容であった。

「一期四年で絶対に達成できない公約を掲げるって…」(2017/03/27 07:57)より引用

日本維新の会、都議選でトンデモない公約をぶちあげてきました。

都議会をぶち壊す! 東京をもっと強く!

政策

タイトルからいって、なんか泡沫政党がラディカルに走った感がありますが…。

東京で特に不人気の維新の会ですが、昨日投開票された小金井市議選では当確ライン1000票に対して、280票しか取れず、「NHKから国民を守る会」とやらにも負けてます。

橋下さんは好きなんですが、維新、大丈夫なんでしょうか。心配だけど、表にも書けないので、こんなところで。

いやあ、酷いね。

ど直球で「維新は泡沫政党」「東京では特に不人気」「NHKから国民を守る党以下」とバカにしまくってますよ、奥さん。

「都政への改革姿勢についても、ほぼすべて一致」は明確な嘘

音喜多氏は確かに「橋下氏」「都構想」にはシンパシーを感じていたようである。

何度も橋下氏へのテレビ出演をアピールしたり、都構想への賛成のツイートやブログ、2016年の参院選ではおおさか維新の会から立候補した田中康夫候補を応援している。

だがそれは維新の会というよりも橋下氏がいた維新執行部へのシンパシーである。「国政なら維新」という発言も極めて怪しい。

音喜多氏は「地方での実績を国政に」と訴えているのだから、国政なら維新でも地元である東京維新ともシンパシーを感じていなければならない。

だが実態は表では書けない本音で「泡沫政党」とまさにそんまんまにバカにしていたのだ。

その他にも表のツイートでも東京維新への批判は山ほどある。

維新への共感を言いつつ、東京維新を「リスクを取らない」「自己顕示欲」と貶しまくりである。

少なくともブログに書いた「都政への改革姿勢についても、ほぼすべて一致」は大嘘である。

結局、音喜多氏が賛同しているのは橋下氏と都構想だけ

なお国政の日本維新の会についてもこんなツイートが。

今回の参院選挙ではたまたま長谷川豊氏が公認停止から立候補を辞退したが、普通に考えれば関東の候補者として並び立って演説していた訳である。

しかしまあ、長谷川豊氏が抜けた代わりに音喜多氏が入った事に「プラマイゼロ」「人材不足」という評価がネットに飛び交っているのは皮肉だね。

もしも長谷川豊氏が参院候補のままでも同じ事が言えただろうか。なお、長谷川豊氏は「公認停止」なので次期衆院選か参院選で復活するものと思われる。日本維新の会は今も変わらず長谷川豊氏を公認候補として許容する党なのだ。

音喜多氏は結局、日本維新の会に心から賛同しているのではない。

橋下氏と都構想には賛同しているようだが、橋下氏はもう部外者(表向きは)だし、都構想は大阪府の問題だ。東京から日本の政治を変えていくという音喜多氏の主張を考えれば、「政策の一致」が問われるのは日本維新の会でもおおさか維新の会でもない、東京維新の会である。

そして音喜多氏は東京維新の会の事を泡沫政党と思っており、何度もブログでこき下ろしているNHKから国民を守る党以下だと思っている。ま、東京維新の会の市議・区議は16人だが、NHKから国民を守る党は17人なので本当に負けてるんだけどね(立花孝志が自動失職したので今は同じ16人)。

この東京維新の会との政策の不一致は大問題だ。実際、参院選の候補になった事で東京維新の会の「参議院 東京選挙区支部長」になりウェブサイトにも掲載されてるのだから。

音喜多氏、泡沫政党の候補者で良いんですか?ま、泡沫政党がラディカルに走った感があるのはよいんでしたっけ。

音喜多氏の白々しい維新愛アピールは結局、「議員になりたいだけ」の本音を隠した必死な言い訳に過ぎない。表では書けない本音を書いた有料noteがそれを証明している。しかしつくづく有料note閉鎖は残念である。今も存続していたら、どんな本音が見れたんだろうね。

参照:おときた駿と維新について -既得権打破と経済成長を目指す「第三極」最後の可能性東京維新の会

                   
● <パテントマスター・宮寺達也の有料note、始めました!>
それぞれ毎週更新する有料noteを月額購読できるマガジンです。全て個別購入するよりお安くなっております。初月無料ですのでこの機会にぜひ試してみてください。
           


   ● オススメ商品
            

-国政選挙
-,

author : 宮寺達也



関連記事

音喜多(おときた)駿氏「参院選に落ちたら都知事選に出ようと思ってる」 アントニオ猪木「出る前に負ける事考えるバカいるかよ」

出典:アントニオ猪木「出る前に負ける事考えるバカいるかよ」 7月2日(うどんの日なのでセブンイレブンの焼きうどんを食べた)、維新から参院選に出馬する音喜多駿氏と柳ヶ瀬裕文氏の2人が記者会見し「東京政策 …

希望の党の失速は「排除」発言では無い。「戦わない小池代表」より「戦う枝野代表」をマスコミが持ち上げたため

出典:0テレNEWS24 前回の記事にも書いた希望の党・小池百合子代表の「排除」発言への恨み節であるが、全く止まる様子がない。 希望の党でその排除作業を行なった玄葉光一郎元外相までが「(排除する)発言 …

音喜多(おときた)駿氏が維新から参院選出馬。あたらしい党は全く一丸では無い

出典:twitter あたらしい党 音喜多氏が維新から参院選に出馬する事になって、まだ発足して1年も経っていないあたらしい党は完全に空中分解している。 そりゃそうだ。「地方から国政を変える」と豪語した …

ブレまくりの音喜多(おときた)駿氏。最もブレたのは唯一の取り柄だった「情報公開」

出典:音喜多駿ブログ 自らが代表となって立ち上げたあたらしい党を投げ出して維新から参院選に出馬する音喜多(おときた)駿氏(以下、音喜多氏)への批判が止まらない。 「地方で政策を実現してから国政に行くと …

小池百合子・希望の党代表はどうして「排除いたします」と言ってしまったのか?

出典:0テレNEWS24 前回の記事にも書いたのだが、希望の党はたった2週間前の結党当時の勢いはどこへやら、すっかり失速してしまっている。 そうなると、「小池旋風」を当て込んで希望の党に駆け込んで来た …

           

● サイト内検索

● Google検索


● アクセスランキング(週間)


● オススメ記事


● オススメ商品


● カレンダー
2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031