ライフ

今日からできる、再配達ゼロ

投稿日:

出典:写真AC

最近、宅配便に関する悪いニュースが相次いでいる。

2016年末には、佐川急便で荷物集中と人員不足で遅配が多発し、練馬営業所が音信普通になるというトラブルが発生した。

佐川急便が年末の荷物量増加で遅配多発→練馬営業所は音信不通に – Togetterまとめ

またクロネコヤマトも増え続ける荷物に対して人員が不足しており、2016年は過去最高の荷物を扱ったにも関わらず、営業利益を下方修正した(NHKニュースより)。

このままでは日本の宅配サービスは崩壊してしまう。そうならないために、私たちが今日からできる宅配会社の負担を減らす方法を考えたい。


宅配業界は昔から人手不足

宅配会社が悲鳴を上げている理由は単純で、荷物が増えすぎたためである。1年間で取り扱われる宅配便の数は、1995年度は約13億2800万個だったが、2015年度には約37億4500万個と、20年で3倍弱になっている(参照:国交省サイト

特に2000年前後にAmazon.co.jp、楽天、Yahoo!ショッピングといった主要なECサイトがオープンしてから宅配便の個数は急増し、その後も確実に増加している。

ちなみにこの頃、大阪で大学生をしていた私は、繁忙期の12月限定でクロネコヤマトの集配センター(西宮流通センター)のアルバイトに参加していた。夜10時から朝6時まで、8時間途切れることなく荷物がやってくるのでひたすら仕分け続けるという仕事だった。ちょっとでも気を抜いたら荷物がベルトコンベアから溢れてしまうので、極寒の倉庫の中、全力で体を動かし続けなければならなかった。夏場の一日練習に耐えてきた私たちでも、朝6時になった時には一言も発することのできないほど消耗していた。思い出すだけでも震えてくる、ハードなバイトであった。

しかし、日当1万2千円という貧乏学生には魅力的なものだった。夜9時に大学から出発する集配センター行きのバスには、お金に飢えているが体力には自信のある体育会の学生が、各部のジャージ姿で参加していた。なお、私たちはそのバスを「エスポワール」と呼び、慰め合っていた。

2017年現在の荷物は私がバイトしていた当時の2倍近い量になっている。どんなに人を集めても、あの頃の2倍の人数を集めるのは無理だろう。人員不足になるのは納得である。

再配達は私たちの工夫で減らせる

また、ネットショッピングによる荷物の増大に加えて、再配達が宅配会社に大きな負担になっている。国土交通省の統計では年間35億個の荷物の内、2割にも達する7億個の荷物が再配達になっており、宅配会社の負担になっている

国交省「宅配の再配達の削減に向けた受取方法の多様化の促進等に関する検討会 報告書」

再配達を減らすために宅配ボックスに補助を出す制度を政府が検討しているが、実現にはまだ時間が掛かるし、補助だけでどこまで普及するかはわからない。

しかし、ネットショッピングの荷物を宅配便で受け取る場合でも、再配達が無いようにし、宅配業者の負担を最小限にすることができる。私は各宅配会社のサービスを活用して、予め日曜日の昼にまとめて荷物を配送してもらうようにし、再配達ゼロを実現している。

Amazonユーザー必須!クロネコヤマトのMyカレンダーサービス

まず、再配達をゼロにする第一歩として、各宅配会社のWebサービスに加入は必須だ。

クロネコヤマト

佐川急便

郵便局

これらのWebサービスにID登録すれば、再配達の依頼をスムーズに行うことができる。また、クロネコヤマト・佐川急便では事前に荷物の到着連絡メールが届くので、到着日時を都合の良い日時に指定し、再配達を防ぎやすくなる。

しかし、荷物によっては事前メールが来なかったり、到着連絡メールを見過ごしてしまったり、到着日時を指定してもドライバーまで連絡が伝わらずに不在配達になってしまうことが多々ある。さらには郵便局はまだ事前メールサービスが無いので、完全に再配達をゼロにすることは難しい。

そこでオススメしたいのが、クロネコヤマトのMyカレンダーサービスだリンク先はこちら)。

これは、「お客様に荷物を受け取りたい時間帯をあらかじめ登録していただくことで、都度の変更の手間無しに配達日時が自動的に変更されるサービス」である。ユーザーが到着メールをチェックしなくても、自動で到着日時を都合の良い日時に変更してくれる。

特に2017年現在は、Amazonで購入した荷物はクロネコヤマトで発送される。よってAmazonとクロネコヤマトのMyカレンダーサービスを組み合わせることで、Webショッピングによる再配達をゼロにすることができる。都合が変わった場合には届け日時・場所を変更することもできるので安心だ。

私はこれに登録してから、クロネコヤマトの再配達はゼロになった。皆様もぜひ加入をオススメする。

佐川急便・郵便局は、ドライバーさんと仲良く

さて、佐川急便・郵便局から届く荷物であるが、これはまだMyカレンダーサービスのようなサービスは無いので、自動でゼロにするのは難しい。佐川急便・郵便局には、是非ともMyカレンダーサービスの導入をお願いしたい。しかし、現在の佐川急便・郵便局でも、不在配達を無くすことは可能である。それは、

ドライバーさんに、〇〇が都合が良いので、その日時にまとめて持って来て欲しい

とお願いすることだ。

これは公式なサービスでは無いので、確実な実施を保証でき無いが、高確率で実現できる。地域にもよるが、自分の家に荷物を届けてくださるドライバーは1人か2人だ。私は、最初の1回目の配達で不在配達になった後、日曜に再配達に来てくれたドライバーさんに「私は平日は不在ですので、日曜の昼にまとめて持って来てください」とお願いしている。ドライバーさんにとっても再配達は面倒なので、これまで全てのドライバーさんに快く了承いただいている。またドライバーさんの迷惑にならないよう、その場で配送センター(郵便局)に電話をし、了承を得るようにもしている。

また、都合が変わる場合は予め配送センター(郵便局)に電話を入れることで、不在配達を阻止している。

不在配達ゼロは自分のメリット

「何もそこまでしなくても」「宅配会社も仕事なんだから」と言われたこともあるが、別にボランティア精神でやっている訳では無い。自分のためだ。

不在配達が多発するということは、自分の荷物が何度もトラックや配送センターを載せ降ろしすることになり、その際に荷物を乱暴に扱われて破損するリスクが高まる。

また、ドライバーさんの負担を減らして好印象を持ってもらえば、ストレスで荷物を放り投げられるようなことも無い。

「イライラして」佐川配達員が荷物放り投げ(NNN24)

まさに、情けは人の為ならず、だ。

そうして大勢の人が再配達をゼロにすることができれば、宅配会社の負担が減ることで配送料の値上げや配達時間の増大を防ぐことができ、消費者の利益になる。また、渋滞の解消や宅配会社の従業員の労働条件の改善といった、社会問題の解決にもつながる。

再配達ゼロは私たちのちょっとの工夫を積み重ねることで実現可能だ。みんなのちょっとだけの努力を集めて、便利で暮らしやすい社会を実現しよう。


※この記事は、2017年02月03日にアゴラに投稿・掲載された記事を再掲したものになります。

-ライフ
-

author : 宮寺達也

オススメ商品


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

頑張れ受験生!センター試験で自己ベストを出す方法②

出典:写真AC 3連休が終わり、1月14日(土)、15日(日)の平成29年度大学入試センター試験まで5日を切った。 前回の記事ではセンター試験本番で自己ベストを達成するための3連休の過ごし方のアドバイ …

鉄道会社の「STOP自殺ポスター」は撤去するべきではない

出典:イラストAC 愛知県と岐阜県の鉄道会社が駅に掲示した自殺防止ポスターにクレームが入った事で、撤去する動きが出ている。 ポスターを制作を呼びかけたのは名鉄(名古屋鉄道)であり、JR東海、近鉄、名古 …

頑張れ受験生!国立2次試験までの過ごし方

出典:Wikipedia(大阪大学吹田キャンパス) 平成29年度大学入試センター試験が終了した。 大雪で試験開始が遅れたり、心無い人たちのデモがうるさかったりと、幾つかのトラブルは有ったが、概ね無事に …

我々の愛する人たちは「働けない」に殺される

出典:写真AC 前回の記事で、「残業上限100時間」の是非について意見を述べさせていただいたが、このとき他の方の意見を読んでいて気になったことがある。 例えば、駒崎氏の記事に「皆さん、今のうち気づいて …

頑張れ受験生!センター試験で自己ベストを出す方法③

出典:写真AC いよいよ1月14日(土)、平成29年度大学入試センター試験の本番だ。 頑張っている受験生のみんなにセンター試験本番で自己ベストを達成してもらうべく、第1回の記事では「心と体のバランスを …













2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031