ライフ

『ぼくのかんがえたさいきょうの痴漢対策』じゃなくて警視庁の『Digi Police』を広めよう

投稿日:

出典:防犯アプリ Digi Police

「次痴漢が出たら安全ピンで刺しな」と保険医の先生にアドバイスを受けたというツイッターの漫画

に端を発した議論の問題点は2つ。1つ目は前回の記事に書いた「痴漢は安全ピンで刺しても良い」という「私刑」が許されるという考えである。

痴漢はダメだし、安全ピンで人を刺すのもダメ。根拠は私刑を禁じた憲法第31条

そしてもう1つが保険医が

「相手は刺されても文句は言えない。確実に手を止めるだろう。もう刺されたく無いだろうしね」

と言ったように、安全ピンで痴漢を刺す事が唯一絶対の痴漢撃退法と信じている事だ。

安全ピンで痴漢を刺した場合、冤罪で逮捕の恐れだけでなく女性がさらなる暴力被害に遭う危険性が高い。大事なのは警察も推奨する対策やアプリ『Digi Police』と言った正しい方法を広めて行く事だ。

「痴漢を安全ピンで刺すが唯一の対策」という考えが根本的に間違っている

この議論が始まってから

「痴漢に遭った女性は声を上げるのも難しい。唯一できる事が安全ピンで刺す事」

「逮捕して欲しいんじゃない。ただただ痴漢をやめて欲しいだけ。安全ピンはそのための抑止力」

「通報したら報復されてしまう。安全ピンで刺す方が通報するより痴漢を刺激しない」

「埼京線のマルチ痴漢(二人痴漢がつくことがままある)に高校生が一人でどう対処したらいいんだ」

「じゃあ、安全ピンがだめならどうすればいいの?」

と言った、「安全ピンで痴漢を刺す」対策が、「どんな痴漢も即時にやめさせ、報復のリスクも無い絶対で万能の解決策」みたいに言ってくる人が多過ぎて困る。

普通に考えればわかるが、そもそも安全ピンで刺したら確かに痛いけど、それで痴漢が終わる保証がどこにあるのか。マルチ痴漢なんか確実に無意味である。

ちなみに都内における強制わいせつが最も起きるのは「道路上」であり31.4%だ。次は「住宅」の27.7%であり、「電車」は15.5%である。道路上で痴漢に遭遇した場合に安全ピンを出してどうなると言うのか。

都内における性犯罪(強制性交等・強制わいせつ・痴漢)の発生状況

さらに痴漢を安全ピンで刺したら報復のリスクはむしろ高まるだろう。警察という国家権力のバックも無い女性に暴力を振るわれたら、痴漢は怒り狂いその場で報復に走る可能性が高いと思うのだが。

一体どういう理屈で「安全ピンで痴漢を刺しのは『こいつは面倒だな』と自分だけに痴漢をやめてくれる最高のバランスを実現した対策」という考えが成り立つのか。実証実験の結果でもあるのか?

さらには「逮捕して欲しいんじゃない。ただただ痴漢をやめて欲しいだけ」は論外だと思う。確かに痴漢被害に対応するのは負担が大きい。だがそれは新しい被害者が生まれるだけで痴漢被害は全く減っていない。そしてその新しい被害者とは、またあなたかもしれない。

あなたはその度に安全ピンを刺し続けるのか。

そんな不確かな「ぼくのかんがえたさいきょうの痴漢対策」にすがるよりも、警察・司法に頼って社会全体で対応していく事があなたの安全を守るのだ。

大きな声で周り(警察・駅員)に助けを求めるのが一番。それをサポートするアプリ『Digi Police』

別にこれは私の独断と偏見で言っているのでは無い。警視庁がプロとして対策を教えてくれている。

「許すな痴漢!」 痴漢に遭ってしまったら

<嫌だ!という意思表示をする>
黙っていると痴漢の行為はますますエスカレートします。勇気を出してやめて!と言いましょう。

<乗車場所や電車を移動して離れる>
痴漢かどうか確信が持てない時などは、一旦降りて車両や場所を変えてみましょう。

<触っている手を捕まえる>
触っている手を確実に捕まえましょう。また触っている手元をよく見て袖口や腕時計、指輪など犯人の特定につながる特徴を確認して下さい。

<警察・駅員に訴え出る>
「我慢すれば…」「大したことじゃないから…」と泣き寝入りすることは、痴漢を野放しにし、犯行の悪質化を招きます。
軽微な被害でも確実に犯人を警察に引き渡すことが、痴漢に対する最大の防犯効果となります。

このように痴漢と実際に対峙し、撲滅を目指して活動している警視庁が公開している情報だ。やはり大事なのはきちんと警察に通報して逮捕してもらう事だ。

さらには警視庁が無料配信している防犯用アプリ「Digi Police(デジポリス)」がある。

これはあのNGT48グループへの暴行被害をきっかけに開発され、防犯ブザー機能や「痴漢です 助けてください」と画面に表示して周りに助ける機能などが盛り沢山だ。

素人の意見を鵜呑みにして取り返しのつかない事態になるのではなく、警察の力を借りて正しい対策をもって痴漢を撃退したい。

痴漢は社会全体で立ち向かっていかなくてはならない。暴力での対抗は女性の被害を拡大するだけ

そのように正しい痴漢対策をしないと、結局女性への痴漢被害が増えるだけである。

しかし警察への通報を嫌がる女性は多い。

過去には「御堂筋事件」と言って痴漢を注意したら逆恨みされて強姦されてしまった悲惨な事件もある。痴漢を通報して刺激すれば復讐が恐ろしいと思う女性は多いだろう。

私も最寄駅で他の乗客と一緒に痴漢を捕まえて、警察に通報した事がある。しかしその時は痴漢を逃げようとする捕まえておくのに必死で、その間に被害女性がいなくなってしまった事がある。

あの事件は恐らく、被害者不詳で痴漢は釈放されているだろう。そしてあの痴漢はどこかでまた女性を襲っているに違いない。

しかし痴漢を本当に根絶していくならば、被害に遭われた女性にも勇気をもって捜査に協力して欲しい。別に自分で通報する必要はない。周りに頼んで通報して貰えば良い。実際に先の事件で通報したのは私だ。

逮捕されてからも警察に協力するにしても、自分のプライバシーの徹底をお願いすれば良い。昔と違って、被害者のプライバシー対策は格段に進んでいる。

そんな公的で安全な痴漢対策を無視して、安全ピンで痴漢を刺そうというのは自分をさらなるリスクに置くだけだ。

報復のリスク、第3者への傷害罪のリスク、効果が無いリスク、そして暴力の連鎖のリスク。

痴漢には安全ピンが広まれば、痴漢冤罪にも安全ピンという報復の連鎖が生まれるのも確実だ。電車は暴力が支配する世界になり、そこで虐げられるのは腕力の弱い女性、子どもである。つまり、今痴漢被害にあっている女性がさらに苦しむ事になるのだ。

私が安全ピンで痴漢を刺すのを批判するのは、ひとえに痴漢で苦しむ女性を救いたいからである事をわかって欲しい。

参照:防犯アプリ Digi Police 警視庁 – 東京都警視庁開発の痴漢撃退アプリ、異例のヒット 23万ダウンロード突破頼れる!警視庁の防犯アプリ ダウンロード16万件突破警視庁・性犯罪から身を守る警視庁・こんな時間、場所がねらわれる



   ● オススメ商品
                     
 
   

-ライフ

author : 宮寺達也



関連記事

パテントマスターは四十肩になりました

出典:イラストAC 私には悪い癖がある。 それは左肘を浮かせてキーボードをタイピングする癖だ。 なぜそんな癖が有るかと言うと、私はPCデスクでニュース記事やツイッターを見ながらダラダラとご飯を食べる習 …

頑張れ受験生!センター試験で自己ベストを出す方法②

出典:写真AC 3連休が終わり、1月14日(土)、15日(日)の平成29年度大学入試センター試験まで5日を切った。 前回の記事ではセンター試験本番で自己ベストを達成するための3連休の過ごし方のアドバイ …

田園都市線をどげんかせんといかん

出典:Wikipedia(東急田園都市線) 東急電鉄の田園都市線でトラブルが相次いでいる。1月19日には溝の口駅で「降りま~す」 と言いながら出口付近にタックルした乗客が発生し、乗客同士で喧嘩になって …

頑張れ受験生!センター試験で自己ベストを出す方法①

出典:写真AC 1月14日(土)、15日(日)に平成29年度大学入試センター試験が実施される。それから私立大学試験が本格的にスタートし、国公立大学2次試験へと、いよいよ受験シーズン本番がやってくる。 …

頑張れ受験生!センター試験で自己ベストを出す方法③

出典:写真AC いよいよ1月14日(土)、平成29年度大学入試センター試験の本番だ。 頑張っている受験生のみんなにセンター試験本番で自己ベストを達成してもらうべく、第1回の記事では「心と体のバランスを …

           

● サイト内検索



● アクセスランキング(週間)



● オススメ記事


● オススメ商品




● カレンダー
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031