特許

任天堂 VS コロプラ特許訴訟・第7回戦。シルエット画像の仕様変更に任天堂は回答できず

投稿日:

出典:白猫プロジェクト PV 第1弾【株式会社コロプラ】

前回の記事に引き続き、任天堂とコロプラの特許訴訟の第7回戦(第6回弁論準備手続)での任天堂の主張を解説していきたい。

任天堂 VS コロプラ特許訴訟・第7回戦。ユーザに内緒でぷにコン仕様変更が大ブーメランに

第7回戦ではまず特許1「ぷにコン」でコロプラがユーザに内緒で仕様変更したのを逆手に取り特大ブーメランを食らわせている。そしてさらに特許2「チャージ攻撃」、特許3「スリープ機能」と「コロプラ絶対許さない感」を満載で攻撃しているのだが、特許5「シルエット表示」では初めて回答に窮する場面が見られた。

その結果か、特許4「相互フォロー」・特許6「フォロー登録」の準備書面の提出に遅れるなど、今回は任天堂が主張に戸惑うという珍しいものが見れた。

「包袋禁反言の法理」を用いたシルエット表示の変更は任天堂も認めるかも

特許5「シルエット表示」については、第6回戦のコロプラの反論でやっぱりユーザに黙って仕様変更していた事が明らかになった。

それまでは常にシルエット画像をZ値を更新しながら表示していたのが、「キャラクタに隠れるときのみ」シルエット画像を表示するという仕様変更を行なった。

その結果「包袋禁反言の法理」に基づいて白猫プロジェクトのシルエット表示は特許5を侵害していないという主張が可能になっていた。

任天堂 VS コロプラ特許訴訟・第6回戦。またユーザに内緒で白猫の仕様が変わってた

私もこれはコロプラの主張に理があると感じていた。とはいえこれまでコロプラの反論に全てノータイムで打ち返して来た任天堂だ。今回、どんな主張をするのか楽しみであった。だが。。。

原告準備書面(13) 【本件特許権5関連】 平成31年4月25日

本件特許権5 特許3637031号 「障害物でプレイキャラクターが隠されてもシルエットで表示する(シルエット表示)」

2 被告アプリ[新仕様]について

上記の通り、被告は、画像処理に関して新たな仕様に変更された被告アプリ[新仕様]を配信しているところ、この被告アプリ[新仕様]に関する侵害論の主張について現在検討中である。

なんと任天堂はシルエット画像の仕様変更について回答を保留していた。回答を保留したのは裁判が始まってから初めてである。

だが検討の時間が無かったとは思わない。

任天堂の原告準備書面はいつも特許毎に40〜70ページに上る。今回も特許1・60ページ、特許2・44ページ、特許3・39ページ、特許4,6・59ページとボリューミーなのに、特許5はたったの13ページであった。

特許5件で合計215ページである事を考えれば、いかにも力が入っていないように見える。

特許5は旧仕様や無効資料について争点はあまり残っておらず、それらについての主張は容易だ。だから新仕様について検討する時間は十分にあったはずだ。

だから保留したのた任天堂と弁護士もコロプラの新仕様が特許侵害しているとの主張は難しいと考えたためではないか。

「包袋禁反言の法理」を用いたコロプラの主張は理に叶っているし、均等論で侵害を主張できそうな内容でも無い。しかしここで新仕様は特許侵害していないと認めると全体としての整合に支障が生じる。

だから新仕様についての検討はしたものの、時間切れで4月25日(第5回弁論準備手続において裁判所に指定された準備書面の提出期日)になってしまったのでは。

特許5の検討に時間を掛けたのか、特許4,6の準備書面の提出が遅れる

その推測の根拠が特許4,6の原告準備書面の提出日だ。

原告準備書面(12) 【本件特許権4,6関連】 平成31年4月26日

本件特許権4 特許5595991号 「ユーザー間で相互フォローし、通信や協力プレイを行う(相互フォロー)」

本件特許権6 特許第6271692号 「一方的に相手ゲーム機をフォローできる(フォロー登録)」

1年以上に渡って続いているこの訴訟で、初めて任天堂が提出日の締め切りを守れなかった。

しかも準備書面の番号は特許の順番に一致しているので、本来は特許5の準備書面(13)が最後に提出されるはずだ。しかし特許4,6の準備書面(12)が最後に提出され、裁判資料の並びでも最後にバインドされていた。

特許4,6の準備書面(12)は59ページに渡ってしっかり反論しており、内容に不足は無い。なので特許5の検討に時間を掛けてその余波で遅れてしまったのだと推察する。

なお、これまた自分が訴訟の当事者になって学んだのだが、準備書面の提出の期日を守れなくても特にペナルティは無いらしい。弁護士から自分の裁判の準備書面の鄭州が遅れると聞いた時はめっちゃ焦ったけどね。

そして特許4,6はこれまた前回で「Xbox Liveのフレンドリストが既に存在していたから無効」との主張が追加されていた。

任天堂 VS コロプラ特許訴訟・第6回戦。ソリティア!?止まらないコロプラの後出し無効資料の嵐

私は「特許4,6はXbox Liveはかなり似ているのでは?」と思っていた。この無効論への反論には苦戦するのではと予想していた。だが任天堂は今回の主張で

「Xbox Liveのフレンドリストでフレンド状態となるためには双方の端末の関与を必要とする『申請・承認方式』であり、特許4,6にある『判断手段』をシステムが有していないので違う技術である」

とコロプラの反論をバッサリと切って捨てていた。うーん、流石である。

まだコロプラが本当に仕様変更したのか疑いが残っている

このように特許5「シルエット表示」については、コロプラの仕様変更によって変更後は特許侵害を回避出来ている可能性が高いように思う。

しかし、この仕様変更にはまだ落とし穴がある。

第6回戦の記事に書いたが、コロプラは準備書面では2019年1月16日のVer.1.188から変更したと主張し、証拠ビデオなどを添付していた。しかしわずか6日後に行われた第5回弁論準備手続で「実は仕様変更は2018年10月29日のVer.1.179でした」と訂正を申し出ているのだ。

無論、任天堂がこんなミスを見逃すはずもなく、

「被告の証拠はVer.1.188の分析である。2018年10月29日から2019年1月15日の間において新たな仕様のものが配信されていた事に関して一切明らかにしていない」

とバッサリ切って捨てている。

アップデート情報として表示していないどころか、裁判の証拠としても日付を間違えているのである。こんな状況では「本当に仕様変更したのか?」と裁判所に認められなくてもおかしくない。

最初からずっと思っているのだが、コロプラは特許侵害していない事を主張する証拠として「白猫プロジェクトのソースコードや仕様書など、確実な証拠」を一切提出していない。

ぷにコンの仕様変更だって証拠として提出したのはソースコードではなく、特許として出願した明細書の記載である。もしかしたら弁護士にも明らかにしていないのではと思ってしまうような間接的証拠ばかりなのだ。

私はもちろん、多くの人が「コロプラは何かやましい事があるから隠している」と普通に考えるよね。

コロプラが特許侵害をしていた可能性はむしろ高まった

とはいえ、特許5「シルエット表示」については「現在の白猫プロジェクト」が特許侵害していない可能性は高まったのは確かだ。これで配信停止になる可能性は低くなった。

だが、言い換えれば「仕様変更前の白猫プロジェクトは特許侵害していた」可能性がめっちゃ高まったという事でもある。

特許1「ぷにコン」と特許5「シルエット表示」は白猫プロジェクトの根幹に関わる仕様だ。リリース前の第1弾PVでも搭載が明らかにわかる。

白猫プロジェクト PV 第1弾【株式会社コロプラ】

(動画0:10、0:28辺りにキャラクタが地形に隠れた部分がシルエットになっている様子が見える)

改めて思い出して欲しいのだが、この訴訟の損害賠償請求額は44億円である。

コロプラが発表した2018年9月期の決算は「最終利益41億円(同51.8%減)」である。仕様変更前の特許侵害が認められたら1年の利益が吹っ飛ぶ計算だ。

しかもまだまだ白猫プロジェクトが主力であり、ほとんどの利益を稼いでいる状態だ。損害賠償44億円が認められ、配信停止になったらマジで倒産しかねない状況である。

もちろんわかった上で時間を稼いでいるのかもしれないが、株主やユーザの判断は判決を待ってくれない。むしろ不安が増してしまうだけではないか。

これもずっと言っているのだが、コロプラの最大の問題は特許侵害ではない。「特許侵害していないと確信している」と根拠のないプレスリリースを出したり、ユーザに黙って仕様変更したりとユーザ・株主に真摯に向き合っていない事なのだ。

さて、第6回弁論準備手続ではまだ特許2,3の主張を説明していない。ここら辺は相変わらずの「コロプラ絶対許さない感」が満載である。これはまた次回に書きたい。

Next PatentMaster Blog Coming Ssoon・・・

参照:任天堂に訴えられたコロプラが妙に強気な「真意」を分析してみた任天堂がコロプラを訴えた裁判資料を読んだけど、コロプラの勝ち目が見えません任天堂 VS コロプラ特許訴訟・第2回戦。タイトな解釈にねじ込むコロプラ任天堂 VS コロプラ特許訴訟・第3回戦。遅延行為を繰り返すコロプラと怒れる任天堂任天堂 VS コロプラ特許訴訟・第4回戦。コロプラの切り札(?)として『信長の野望』が出陣任天堂 VS コロプラ特許訴訟・第5回戦。ユーザに内緒で『ぷにコン』の仕様が変わっていた!任天堂 VS コロプラ特許訴訟・第5回戦。後出し無効資料でコロプラが会心の一撃任天堂 VS コロプラ特許訴訟・第6回戦。またユーザに内緒で白猫の仕様が変わってた任天堂 VS コロプラ特許訴訟・第6回戦。ソリティア!?止まらないコロプラの後出し無効資料の嵐任天堂 VS コロプラ特許訴訟・第7回戦。ユーザに内緒でぷにコン仕様変更が大ブーメランに【コロプラ決算説明会②】「『パニパニ』などFY17タイトルが不振」(馬場社長) 今期は「新たな遊び方の提案」を行う新作など6本をリリース予定



   ● オススメ商品
                     
 
   

-特許
-,

author : 宮寺達也



関連記事

任天堂 VS コロプラ特許訴訟。訂正審判でコロプラの無効資料が無効に

出典:Microsoft Flight Simulator X 公式HP 任天堂とコロプラの特許訴訟の第7回戦(第6回弁論準備手続)の最後の記事で書いたのだが、任天堂はコロプラの無効資料に対抗するため …

グリーが「クラッシュ・オブ・クラン」のSupercellを訴えたけど、訴訟費用も回収できない予感

出典:クラッシュ・オブ・クラン 公式サイト 1月24日、グリーがスマートフォン向けゲームアプリ「クラッシュ・ロワイヤル」「クラッシュ・オブ・クラン」を運営しているSupercellを東京地裁に特許侵害 …

ドワンゴがFC2を特許侵害で提訴。勝つのはどっちだ?

出典:ITmedia ビジネスオンライン ニコニコ動画を運営しているドワンゴが11月15日、FC2動画等のコメント機能がドワンゴの特許を侵害しているとして、運営元のFC2とホームページシステム(大阪市 …

あきらめない心が生んだロバート秋山氏の『体ものまねTシャツ』特許

出典:特許第6249501号 世間が新元号・令和フィーバーに沸いていた4月4日、知財界にはちょっとしたニュースが駆け巡っていた。 ロバート秋山、「体ものまねTシャツ」特許を取得「かなりの発明」 私も大 …

伊藤園VSカゴメ。トマトジュース特許バトルの“真相“は?

出典:写真AC 6月8日、トマトジュースの作り方をめぐって、食品メーカーの「カゴメ」が大手飲料メーカー「伊藤園」が持つ特許は無効だと訴えた裁判で、知財高裁は伊藤園の特許を無効とする判決を出した。カゴメ …

           

● サイト内検索



● アクセスランキング(週間)



● オススメ記事


● オススメ商品




● カレンダー
2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031