政治

音喜多都議がブログ更新日時を捏造した決定的証拠。時をかける3つのブログ

投稿日:

 

出典:音喜多駿公式ブログ(2017年6月)

音喜多都議の「ブログ365日更新」自慢は更新日時を捏造しての真っ赤な嘘であり、「ブログを365日更新しているブロガー都議会議員」として2017年の都議選に当選した事は公職選挙法違反の可能性が有る。この事を告発してから3日が経った。

音喜多都議は公職選挙法違反か。ブログの更新日時を捏造していた

音喜多都議がブログ更新日時を捏造した事をデータで証明する

この間、音喜多都議はもちろん、信者であるおときたずラブのアゴラ編集長も全くこの件に反応していない。よっぽど都合が悪い真実なんだろう。

私としては万が一告発内容に間違いが有った場合、名誉棄損で訴えられてもおかしく無いとの覚悟で書いていた。そのために音喜多都議に反論された時にしっかりと再反論するための準備には余念が無かった。

詳細なデータ解析だけでなく、音喜多陣営が言い逃れ出来ない決定的な証拠収集を頑張っていた。だが徒労に終わってしまった。残念なようなホッとしたような気持である。

ま、改めて、音喜多都議が都合の悪い事実を突きつけられると全く誠実に向き合わない人間であり、普段主張している「情報公開」なんて全く実践していない大嘘つき人間である事が明らかになったと言えよう(わかってたけどね)

さて、前回の記事では統計処理を用いてブログ更新日時が捏造されている事を証明した。だが、もしかしたら「奇跡みたいな確率だけど、偶然の可能性が有る。私は音喜多のブログ365日更新を信じる」という信者が1人くらいはいるかもしれない。

まさに今日、12月22日、そんな信者が集結するあたらしい党の結党大会がある。音喜多都議の幻想をぶち壊すべく、決定的な証拠を披露しよう。

2017年3月27日。秒速で2本ブログを書く音喜多都議

都議選の1年前である2016年7月から2017年6月までの全367本の音喜多ブログの内、「更新日時を捏造した証拠が残っている」ブログが3つある。

まずはその1つ目だ。音喜多は2017年3月27日に2本のブログを更新した。その2本目、

知事が作った予算案が気に食わない!そんなとき、議会に何ができるのか?

である。

なお、3月27日には「事務所スタッフ(秘書)を募集します」という記事を1本目に更新し、同日に2本のブログを更新している。

内容の前にまずは更新日時を見て欲しい。

3月27日の2本のブログの更新時刻が共に「23時55分」になっている!

音喜多は2本目の記事を1分以内に書き上げたのか。流石ブロガー都議会議員、秒速で2本のブログを書く男だ!

って、んなわけないよね。

翌日の3月28日は1本もブログを更新していないので名目上の365日更新が途絶えている。あれだけ365日更新にこだわる音喜多が1日2本更新して翌日は更新しないなんておかしい。

これはどう考えても、2本目の記事の投稿時間を捏造したときにうっかり日付を1日余計に巻き戻してしまったのだ。

その証拠に、2本目の記事をツイッターで告知した日時は3月29日の0時49分。24時間54分後だよ。

秒速でブログを書いたのに、うっかりツイッターで告知するのを24時間放置していたとかぶっちゃけありえない。

さらに、内容も明確に「3月28日以降」に書いた事を示している。記事の出だしは、

連日、深夜や休日まで政治的駆け引きが続いていた都議会予算特別委員会、本日が最終日となり、知事提出の予算案が「全会一致」で採決されました。

となっているが、2017年東京都議会・予算特別委員会の最終日は3月28日だ。

平成29年 予算特別委員会速記録

どうやって2017年3月27日23時55分に、3月28日の予算特別委員会の内容を書けるのか教えて欲しい。

2017年5月30日。タイムスリップしても不可能な未来のツイートを貼ってしまう

次、2つ目だ。音喜多は2017年5月30日にも2本のブログを更新した。その2本目、

ここまで変わるか?!都政改革本部によって、情報公開等が劇的に進展した件

である。

5月30日も「社会派シンガーソングライターから、政治家へ転身!」という記事を1本目に更新し、同日に2本のブログを更新している。

これも更新日を見て欲しい。

やっぱり翌日の5月31日は1本もブログを更新せず、名目上の365日更新が途絶えている。

この2本は1本目の更新時刻が「23時3分」、2本目の更新時刻が「23時5分」になっている。

「3月27日は1分以内に2本の記事を書きあげたんだ。3分あれば楽勝だ!」

もちろん、んなわけないよね。

これもどう考えても、2本目の記事の投稿時間を捏造したときにうっかり日付を1日余計に巻き戻してしまったのだ。

当然、2本目の記事をツイッターで告知した日時は6月1日の1時31分。最長記録を更新の26時間26分後だ。

もちろん内容も明確に「5月31日以降」に書いた事を示している。記事の中身は「5月30日」の都政改革本部の会議についての紹介なので一瞬合っているように思えるが、記事中で都政改革本部の顧問・上山信一氏のツイートを貼っている。その中に、

と、「20:55 – 2017年5月31日」のタイムスタンプが押されたツイートが有るのだ!

上山信一氏のツイートは全部で5つ貼っているのだが、その内4つが「5月31日」のものだ。

3月27日の記事は未来にタイムスリップして帰ってきたら書けるかもしれないが、未来のツイートを貼り付けるのはタイムスリップしたとしても不可能だよ。

2017年6月24日。都議選の告示期間中にやらかした決定的な捏造

ここまでの3月27日と5月30日の2つの捏造で十二分に決定的な証拠だと思うけど、

「音喜多都議はプロブロガーなんで1分で2本書けるんです。あなたとは違うんです!」

「音喜多都議は本当にタイムスリップできるんです。タイプスリップ出来ないって、あなたは証明出来るんですか!」

「未来のツイートを貼り付ける事が出来たのは、音喜多都議は天才なのでツイッターのURLを暗記したんです!」

といった、もう何と戦っているのかわからない反論も億か兆に1つはあるかもしれない。何より本当に音喜多都議がタイムスリップ能力の持ち主の可能性も有る(という事にしておこう)。

そこで完全にトドメを指そう。

それが3つ目。なんと都議選の告示期間中である2017年6月24日だ。この日も音喜多都議は2本のブログを更新した。今回は1本目の方である。

ラストサンデー!世論調査では、都民ファーストの会と自民党が0.8ポイント差で拮抗中…!(URL:https://otokitashun.com/blog/daily/15514/) 2017年6月24日 23時16分更新

そして2本目が、

午後だけで約3万歩、総歩距離約20キロメートル…結局今回も、歩き回る行軍選挙戦(URL:https://otokitashun.com/blog/daily/15507/) 2017年6月24日 23時34分更新

である。

もちろん翌日の6月25日は1本もブログを更新せずしていない。

「6月24日は18分も空いているから、もしかしたら連続更新できるかも?」

って思ったあなた。もちろんそんな問題では無い。

1本目の記事は「ラストサンデー」と書いてあるように、都議選の投票日前の最後の日曜日の記事だ。カレンダーを確認すれば一発だが、2017年都議選のラストサンデーは「6月25日 日曜日」である。6月24日は土曜日だ。

当然これも投稿時間を捏造したときにうっかり日付を1日余計に巻き戻してしまったのだ。

しかしこれだけでは先の捏造と同じであり、「音喜多都議は6月25日から6月24日にタイムスリップしてブログを更新したんです」との反論に耐えられないと思ったあなた。

安心してください、捏造してますよ!

タイムスリップしても絶対に不可能。「投稿日時とポストIDの逆転現象」

この6月24日の記事の最大の注目点は投稿日時ではない。ポストIDだ。

ポストIDとは、ワードプレスでブログを投稿する時に自動でURLに設定される数字だ。

最初にブログを投稿すれば「1」、次は「3」、その次は「6」など、ブログの投稿順にどんどん大きくなっていく。そのためこのポストIDをURLに組み込む事で、どれだけたくさんブログを投稿してもURLが被らないのだ。

私のブログもURLにポストIDを採用している。前々回の記事は「2005.html」であり、前回の記事は「2021.html」である。ご覧の様に最近の方が数字が大きくなっている。

音喜多都議のブログもポストIDを採用している。例えば3月27日の2本の記事だったら1本目が「14516」であり、2本目が「14555」である。当然、2本目が大きくなっている。

ここで改めて6月24日の2本の記事の投稿日時とポストIDを比較してみよう。

1本目 投稿日時:6月24日23時16分 ポストID:15514

2本目 投稿日時:6月24日23時34分 ポストID:15507

なんと、先に投稿したはずの1本目のポストIDの方が大きくなっている!

これはブログ更新日時を捏造しない限り、絶対にありえない。

音喜多都議がタイムスリップ能力の持ち主で6月25日のブログを24日23時16分の過去に戻って投稿しようとしても、その時点では24日23時34分のポストID「15507」が発行されていない。

1本目のポストIDが「15514」になる事はたとえタイムスリップしても絶対に不可能なのだ。

ポストIDはワードプレスが投稿順に自動で採番するので、手動では絶対に変更できない。これを説明できる真相は1つしかない。

音喜多都議は6月24日23時34分に本当の1本目・ポストID「15507」を投稿した。そして6月26日9時16分に本当の2本目・ポストID「15514」を投稿した。

このとき投稿日時を6月25日23時16分に修正したかったのだが、間違えて6月24日23時16分に修正してしまった。その結果、本当の2本目の更新日時が本当の1本目の23時34分よりも早くなってしまった。

これが真相だ。

なんでこんな間抜けな事が起きるかというと、本当の1本目・ポストID「15507」のツイッターでの告知時間を見ればわかる。本当の1本目は6月24日、当日の23時40分に告知している。そう、捏造していないので「23時55分」のような遅い時間になっていないのだ。

本当の2本目のツイッターでの告知時間は6月26日9時20分。という事はブログは翌朝9時16分に更新したのだろう。

音喜多都議はいつものようにブログ更新日時を、「時(「9時→23時)」と「日(26日→24日)」について捏造した。だが、「分」はそのままにしてしまった。「選挙期間中に捏造し過ぎたらヤバいかな」とでも思ったのだろう。

ちなみに、この本当の2本目の告知までの時間は最長不倒の34時間4分である。間を空けすぎて本当の1本目は捏造せずに23時55分より早い投稿時間になっていたのを忘れたのだろう。

しかし、これ都議選の告示期間中の話である。この1本の捏造だけで公職選挙法違反だと思うのだが。

こんな間抜けな証拠を残したのは捏造に慣れ過ぎているから

しかし、「こんな間抜けなミスに気が付かないのもなのか?ちょっと更新時間を確認してまた修正すれば証拠隠滅できるではないか」と思ってる人も多いだろう。

だが私は全く不思議ではない。簡単に説明できる。

「音喜多都議は捏造に慣れ過ぎていて、感覚がマヒしているのだ」

音喜多都議は、2016年7月からの1年間だけで234回もブログ更新日時捏造に手を染めている。2013年に都議になってからずっとやっていると仮定すれば、捏造の回数は軽く1000回を超える。

そのため、今では一々確認する気も起きないのだろう。

実際、3月27日はミスする1日前も捏造している。5月30日はミスする5本前から連続して捏造している。6月24日は連続はしていないが、翌朝の更新と時間を空けすぎている。

こんな状況では、直前のブログの更新日時はきちんと確認しないと覚えているものでは無い。

さらにワードプレスの投稿日時編集は「月」はプルダウンで選択できるのだが、「日付」と「時刻」は数値をキーボードで入力する必要が有る。そのため、

「えーと、今は5月31日の夜(本当はもう0時を回って6月1日)だから、1日前は30日だな(キーボード、カタカタ)」

とこんなノリでミスをしたのだろう。そして、慣れ過ぎていて一々確認する習慣も無くしてしまったという訳だ。

いやしかし、こんな捏造体質のどうしようもない人間が代表の政党って、メンバーは何が良くて参加する気になったんだろう。さっぱりわからない。

本日12月22日はあたらしい党の結党大会である。やっぱり参加する人は、是非ともこう質問して欲しい。

まだ在職している現職議員や予定候補者、そして顧問たちは、こうした一連の「あたらしい党」及び音喜多駿氏のまったく説明責任を果たさない姿勢をどう思っているのか。これを看過するのであれば、少なくとも「情報公開」とか「説明責任」という言葉を政治家として二度と使わないで欲しいと思います。

参照:音喜多駿公式サイトあたらしい党



   ● オススメ商品
                     
 
   

-政治
-,

author : 宮寺達也



関連記事

米山隆一・新潟県知事から学ぶ「勘違いエリート」の傾向と対策

出典:新潟県・知事公式ホームページ 新潟県知事の米山隆一氏に批判が殺到している。 きっかけは中国出身の評論家である石平(せき へい)氏のツイートを米山知事が猛烈に批判し、twitterバトルが繰り広げ …

音喜多都議が隠蔽していた希望の塾の会計責任者の交代

出典:希望の塾公式サイト(アーカイブ) 「希望の塾」 1年ちょっと前には散々に聞かされた単語であったが、小池都知事率いる希望の党の大失敗からいつの間にかすっかり忘れてしまっていた。風の噂では公式サイト …

(2019参院選)おしどりマコ氏落選!「たった1万票で落選」は間違って無かった

出典:朝日新聞×ANN2019参院選・比例区 開票速報、立憲新顔の芸人おしどりマコ氏、落選の見込み 比例 (※開票が24時までに終わらなかったので23時40分にとりあえずURLだけ採番して22日の朝7 …

「希望の党」小池百合子代表を侮らず、しかし恐れず

出典:YouTube 【公式】希望の党(https://www.youtube.com/watch?v=mX5JnVmNmwA) 小池百合子氏が立ちあげた希望の党だが、予想通りと言うか、それ以上の注目 …

2017年の小池都知事の漢字は「改」では無い、「壊」だ

2017年12月31日、大晦日でございます。 私事ではあるが、今年はずっとやろうやろうと思いながら踏み出せていなかったツイッターとブログ(パテントマスター・宮寺達也のブログ)を始める事ができ、様々な反 …

           

● サイト内検索



● アクセスランキング(週間)



● オススメ記事


● オススメ商品




● カレンダー
2019年9月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30