特許

任天堂 VS コロプラ特許訴訟・第5回戦。ユーザに内緒で『ぷにコン』の仕様が変わっていた!

投稿日:

出典:「白猫プロジェクト」公式サイト

12月5日(水)午前11時30分、東京地裁で任天堂とコロプラの「白猫プロジェクト」特許侵害訴訟の第5回審理が行われた。私は「またまたまたまた非公開なんだろうな」と思いながら東京地裁に着いた。当然、第4回弁論準備手続であり非公開であった(学習しろよ・・・)。

だが慣れっこになったので全然気にせず、12月7日(金)に再度東京地裁を訪れ、裁判資料を閲覧できた。前回の裁判でコロプラは「信長の野望」「PSO」「ザ警察官」といった往年の名ゲームを持ち出し、「任天堂の特許は無効だ」と徹底反論を繰り広げていた(前回までの取材結果は以下の記事をどうぞ)。

第3回弁論準備手続 「任天堂 VS コロプラ特許訴訟・第4回戦。コロプラの切り札(?)として『信長の野望』が出陣」

そのため、今回の任天堂の反論も大ボリュームになると予測はしていたが、227ページにも及ぶ想像以上のビッグボリュームであった。そして、それ以上に内容が濃かった。

朝9時半には閲覧室について、10時には閲覧出来たのだがメモする量が多い事多い事・・・

「夕方5時まであるから余裕や」と思ってたら、任天堂の特許6件中3件のメモが終わったところでもう午後3時。残りの3件は休憩ゼロの殴り書きであった。完全にペース配分間違えたが後の祭りである。ちょうど5時にメモが終わった時、右腕はパンパンであった。記事を書いている今もまだ痛い・・・

しかし、それだけ苦労してメモした甲斐あって特許訴訟の行方を左右する重大情報をゲットすることが出来た。

なんと、コロプラは特許訴訟が始まった後の今年の2月27日に、「ユーザーに黙って『ぷにコン』の仕様を変更していた」のだ!

コロプラは裁判が始まる前に1年前には任天堂に特許侵害を指摘されていた。しかしその時は仕様変更していなかった。その上、裁判が始まる前に「特許侵害の事実は一切無いものと考えております」と発表したのは何だったのか・・・

唐突にコロプラが自白した『ぷにコン』の仕様変更。円形→菱形

第5回の裁判は任天堂の反論がメインであったが、コロプラも特許1「ぷにコン」特許5「シルエット表示」について、認否の主張(任天堂の訴えを認めるか否か)を追加している。

そこで特許1「ぷにコン」について、

なお、被告(コロプラ)アプリでは、平成30年2月27日に配信を開始した「Version.1.1.52」から移動制御に関する仕様を変更しており、最初のタッチ位置を中心に菱形領域を規定し、移動後のタッチ位置が菱形領域に含まれるか否かを判定し、移動後のタッチ位置が菱形領域に含まれないと判定された場合、一定の移動速度でプレイやキャラクタを移動させている

と被告第8準備書面で主張している。

図でイメージするとこんな感じである。

図 ぷにコンの移動制御(原告準備書面4より)

第1回口頭弁論が2月16日だったので、その直後にぷにコンの仕様を変更していた事になる。それが本当ならば、裁判の行方を大きく左右する情報だ。仕様変更前の白猫プロジェクトが特許侵害していた事への損害賠償請求は変わらないが、配信停止の可能性がグッと下がる。

これはコロプラの株価にも関わる重大情報だ。おまけにゲームコントローラの操作性という、ユーザにとって影響が大き過ぎる変更だ。

しかし、白猫プロジェクトのニュースリリースにはどこにもそんな情報は無い!

そんな大事な情報、「任天堂がコロプラを訴える」と大騒動になってから1年近く経過したが全くの初耳である。

さらには裁判が始まってから10か月、途中に3回もの裁判が有ったがコロプラは全く明らかにしてこなかった。それが第5回で唐突に白状したのは、いよいよ任天堂の主張に追い詰められたからであろうか。

しかし任天堂は全く動じず「均等論」で反撃

私はこの重大な新情報を見た時は「これは配信停止の主張に大きく影響する。流石の任天堂も反論に苦戦するのでは?」と思ったが、全くの見当違いで有った。

まず任天堂は、白猫プロジェクトのアプリ内の「重要なお知らせ」「その他の重要なお知らせ」のスクショ画像を添付し、「どこにもお知らせが無いけど、それっておかしくない?」とジャブで反撃する。

ぷにコンの仕様変更を行った2月27日はもちろん、他の日付でも全くそんな情報は見つからない。なお、仕様変更の直前である2月14日には「スキル移動中にぷにコンを長押しして弾を作るスキルについて」とニュースリリースを出しており、「ぷにコンの仕様変更はわざわざニュースに出す程では無い」との主張は無理筋である。

なお、白猫プロジェクトの公式サイトのニュースリリースも確認したが、やはりぷにコンの仕様変更は載っていなかった。

とはいえ、これでぷにコンの仕様が任天堂の特許から遠ざかった事は確かであり、ユーザの中には「良かった、配信停止だけは免れそう」とホッとしている人もいるかもしれない。

甘い!

確かに現在配信されている白猫プロジェクトが特許1を侵害している可能性は下がったが、まだ特許は5件残っている。しかも任天堂は「菱形領域にしたとしても『均等』により特許1を侵害している」と反論しているのだ。

知財における「均等」とは、「ケーキを均等に仲良く分けましょう」という私たちが普段使う意味では無い。「均等論」と言い、「特許法において一定の要件のもとで特許発明の技術的範囲(特許権の効力が及ぶ範囲)を拡張することを認める理論」である。特許法に明文の規定はないが、判例によって認められている。

要するに任天堂は、「菱形に変えても中心座標から外周までの距離を測定して移動制御しているならば、それは円形と実質的に同じ」と主張している。この均等論により実際の特許の文言と違っても、特許侵害が認定された判例が日本でも多数存在する。

つまり、現在配信中の白猫プロジェクトが配信停止になる可能性は下がったのは確かだ。だがそれは極めてわずかと言えよう。

なお、任天堂が主張する均等論の詳細であるが、それは次回以降の裁判で明らかになる。任天堂は今回の反論ではコロプラに「菱形領域について詳細に説明しろ」と要求しただけに留まっている。次回以降、任天堂がどんな主張をするのか大変興味深い。

任天堂、「信長の野望」に乗せてコロプラに特大のブーメランをお見舞いする

そしてコロプラが追い詰められて(?)白状したぷにコンの仕様変更であるが、コロプラの主張を助けるどころかとんでもない特大ブーメランになってしまっていた。

特許1「ぷにコン」については前回の記事に書いたが、コロプラは「2004年2月4日に株式会社コーエー(当時)から発売されたWindows向けゲーム『信長の野望Online』のキャラクタ動作と同じであり、特許は無効だ」と訴えていた。

もちろん苦し紛れの後知恵である。その証拠に、コロプラが提出した証拠のデモ動画は2016年8月3日にリリースされた最新版の「信長の野望Online~勇士の章~」である。

任天堂に訴えられてから弁護士が慌てて「何でもいい、何かないか?」と探し回った姿が目に浮かぶ。

当然2006年3月16日に公開された特許1の無効資料として「信長の野望Online~勇士の章~」が使えるはずが無い。それはコロプラもわかっている。そこで、

確かに「信長の野望Online~勇士の章~」は特許1よりも新しい。

しかし、キャラクタの移動操作や画面表示は、ユーザがオンラインゲームを楽しむために不可欠かつ基本的なものである。

ユーザの慣れという観点でも安易に変更することはできない。仮に変更されていたならば、その変更はアップデート情報として周知徹底されるべきである。

しかし「信長の野望Online」にそのような情報は無い。これは「信長の野望Online」の移動制御が「信長の野望Online~勇士の章~」と全く同じ証拠である。

したがって特許1は無効だ。

とコロプラは前回の裁判で主張していた。

私もその時は違和感なく思っていたが、今見ると笑ってしまう。

「そんなに移動操作が大事なら、黙ってぷにコンの仕様変更してんじゃ―ねよ」

もちろん任天堂が見逃すはずが無い。任天堂は今回の反論で

被告(コロプラ)の主張は場当たり的なものに過ぎず理由が無い。

被告は白猫プロジェクトを2014年7月から配信してきたにも拘らず、約3年6ヶ月も経過した2018年2月27日にぷにコンの仕様変更を行っている。

つまりプレイヤキャラクタの移動制御はこっそり変えるものであり、「信長の野望Online」の操作が「信長の野望Online~勇士の章~」と同じである証拠は何一つ存在しない。

と、コロプラの主張に特大ブーメランをお見舞いした。裁判資料を見ながら爆笑しそうになったのは今回が初めてである。

白猫プロジェクトの配信停止の確率はわずかに下がったが、損害賠償の確率は急上昇

もちろん、特許訴訟を提起されたので「念のために確実に特許侵害しないように仕様変更する」のはセオリーである。グリーに訴えられたSupercellも念のために仕様を変更している。

だがもちろん、しっかりとユーザに周知撤退している。

コロプラがぷにコンの仕様変更を黙っていたのは極めて不可解である。まさに自分が主張したように「ユーザの慣れという観点から安易に変更したらダメ」「もし変更したら周知徹底が必要」なのである。

さらにコロプラの株価は任天堂に訴えられたと判明してから急降下している。ぷにコンの仕様を変更して配信停止の確率が下がったのならば、株主のためにも説明義務が有るはずだ。

それをしなかったのは「仕様変更前の白猫プロジェクトが特許侵害していた」と自覚していたからではないだろうか。

コロプラは訴えられる1年以上前から任天堂と特許侵害について交渉しており、特許侵害はしていないと一貫して主張していた。訴訟を提起された後も

「コロプラとしては、任天堂の主張は不当であり、特許侵害の事実は一切無いものと考えております」

とニュースリリースで断言している。2月27日のぷにコンの仕様変更を黙っていたのはそれまでの主張と完全に食い違い、少なくとも損害賠償請求が確実と見られるのを恐れたのではないだろうか。

だが、それは上場企業の情報発信として不適切である。株価が下がり大きく損失を被った株主に対してあまりにも不誠実な態度だ。何より、白猫プロジェクトを毎日楽しんで遊んでいるユーザに失礼である。

さて、今回の裁判における任天堂の反論は227ページに及ぶビッグボリュームである。このぷにコンに関する反論以外にもまだまだ大きな動きが有った。とても一記事ではまとめきれないので、次回の記事で続きを書きたい。ただ一言でまとめるならば、

「……知らなかったのか…? 任天堂からは逃げられない…!!!」

って感じである。Coming Ssoon・・・

参照:任天堂に訴えられたコロプラが妙に強気な「真意」を分析してみた任天堂がコロプラを訴えた裁判資料を読んだけど、コロプラの勝ち目が見えません任天堂 VS コロプラ特許訴訟・第2回戦。タイトな解釈にねじ込むコロプラ任天堂 VS コロプラ特許訴訟・第3回戦。遅延行為を繰り返すコロプラと怒れる任天堂任天堂 VS コロプラ特許訴訟・第4回戦。コロプラの切り札(?)として『信長の野望』が出陣」Wikipedia 均等論コロプラ・お客様への感謝とお知らせ



   ● オススメ商品
                     
 
   

-特許
-,

author : 宮寺達也



関連記事

特許出願数の減少はゆとり教育とは関係無い

出典:イラストAC 山田肇氏の記事を拝見したが、私も「理数系科目の授業時間減少によって研究開発力が低下」したとの神戸大学の研究結果には大いに疑問である。 実際に事務機器メーカーで特許出願を多数行い、退 …

任天堂がコロプラを訴えた裁判資料を読んだけど、コロプラの勝ち目が見えません

出典:Wikipedia 東京地方裁判所 私の弟と故・金正日総書記の誕生日でお馴染みの2月16日、私は東京地裁を訪れていた。その日は任天堂とコロプラの特許侵害訴訟の第1回口頭弁論が有ったからだ。 私は …

任天堂 VS コロプラ特許訴訟・第2回戦。タイトな解釈にねじ込むコロプラ

出典:Wikipedia 東京地方裁判所 4月23日午後2時、任天堂とコロプラの特許侵害訴訟の第2回口頭弁論が東京地裁で開かれるはずであった。私は第1回口頭弁論を傍聴し裁判資料を読み、 任天堂がコロプ …

任天堂 VS コロプラ特許訴訟・第4回戦。コロプラの切り札(?)として『信長の野望』が出陣

出典:「信長の野望・大志」公式サイト 9月13日(木)午後2時、東京地裁で任天堂とコロプラの「白猫プロジェクト」特許侵害訴訟の第4回審理が行われた。私は「またまた弁論準備手続なので非公開なんだろうな」 …

クラウド会計特許バトル。freeeは自滅で初戦を落とした

画像出典:TechCrunch Japan 7月27日、クラウド会計ソフトの特許侵害を巡ってfreeeがマネーフォワードを提訴していた特許訴訟の判決が東京地裁で下された。 判決はfreee側の請求を棄 …

           

● サイト内検索



● アクセスランキング(月間)



● オススメ記事


● オススメ商品




● カレンダー
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31