ビジネス

『お前、本当はどう思ってるんだ?』と心が叫びたがってるんだ。

投稿日:

出典:イラストAC

あれは3月3日、ひな祭りの日の話である。

その日私は親友Y、後輩Yといつものメンバーで新宿バルト9に話題の映画「祈りの幕が下りる時」を観に行った。

この映画は2010年から続くドラマ「新参者」シリーズの完結編という事なのだが、あいにく私はこれまでのドラマは全く観ていなかった。だが映画が始まり、物語が進むにつれてどっぷりとはまってしまい、クライマックスでは年甲斐も無く涙してしまった。

素晴らしい映画なので、まだ観ていない方はBlu-rayが発売されたら是非とも観て欲しい。

さて、映画が終わった後はこれも定番なのだが3人で飲みに行く。今回は久しぶりのもつ鍋である。「やっぱもつ鍋は美味いなー」と思いつつ、映画の感想やら仕事の話やらとりとめもなく喋っていたら、またまた親友Yから非常に面白い話を聞く事が出来た。

親友Y「仕事で大事なのはミスしないとか、マニュアル化するとかじゃない。『お前、本当はどう思ってるんだ?』とちゃんと聞くことなんだ」

廃トナーボトルはトナーボトルじゃ無いと言い張る若い設計者

親友Yによると、設計中のレーザープリンター新機種における安全対策を議論する会議での事だ。

オフィス用のレーザープリンターは絵を描くために、インクでは無くトナーと呼ばれる色の付いた小さな粉を用いる。それが入っているのがトナーボトルであり、空になるとユーザーが交換する。トナーは非常に小さく軽いため、気を付けないと空中に飛散してしまう。

ちなみに廃トナーボトルとは印刷の過程で零れ落ちたトナーを回収するゴミ箱のようなものである。全色のトナーが混じって真っ黒になっており、非常に汚い。

そのためトナーボトルの交換の際などにトナーが飛散しないように、レーザープリンターにはユーザーへ注意を促すシールが貼ってあるのだ。本当かと思う方は是非ともお近くのレーザープリンターのトナー交換口を開けて見て欲しい。

さて、親友Yが参加した安全対策会議に戻ろう。

設計者A「では、トナーボトルの交換口に飛散の注意を促すシールを貼付するという事で。以上で良いですか?」

親友Y「待ってください。この機種、廃トナーボトルの交換口に何も注意書きが存在しません」

設計者A「何!廃トナーボトルの担当者は誰だ?」

若者(廃トナーボトル担当者)「製品安全マニュアルによると、注意を促すのはトナーボトルとなっているので特に問題無いと思います」

親友Y「その回答はおかしい。安全マニュアルの意味は『トナーが舞い散る可能性がある場合』に注意を促しなさい、という事だ。廃トナーボトルもトナーが飛散する可能背があるのは同じだ」

若者「しかし、マニュアルには『トナーボトル』と書いてあります『廃トナーボトル』とは書いてありません。あと、この機種の前身機種でも廃トナーボトルには注意書きはありませんでした」

親友Y「この会議は、今作っている機種の安全対策の話をしているんだ!マニュアルや前身機種が間違っているなら直せば良いだけだ。一人の設計者として、トナーボトルには注意書きが要るけど、廃トナーボトルには注意書きが要らないと本当に思っているのか?」

若者「しかし、マニュアルにはあくまで『トナーボトル』と書いてあります」

親友Y「君はマニュアルに間違った事が書いてあれば例え市場で不具合が出す事がわかっていても守るのか、それだけの覚悟があるマニュアル至上主義者なのか?ただ、自分の担当で設計が変わるのが嫌なんだけじゃないのか?君は、本当はどう思ってるんだ?

本音を隠したまま、ロジックとマニュアルを振りかざして仕事を邪魔するやつら

この親友Yが言った「お前、本当はどう思ってるんだ?」は、ビジネスの様々なシーンで思い当たる事があるのでズキューンと来た。

仕事では「売上を伸ばす」「コストを下げる」「開発日程を守る」など、一緒に働くメンバーでは目的が一致しているはずだ。なのに、なぜか不毛な争いが絶えない。

仕様の変更が発生したのでプログラムの修正をお願いしに行ったら、「仕様変更が発生したのは君たちのミスであり、責任だ。なのでその修正に対応する事はできない」と回りくどい事を言うが、本音はただ仕事をしたくないだけなソフト屋。

仕様書のレビューを開催したら、「○○ページの△行目。これは10進数じゃなく16進数で書いた方が良い」「○○に誤字があるね」「○○は大文字じゃなくて小文字では」「内容は合ってるけど、前の機種と同じ書き方にして」と、どうでも良いイチャモンをつけてくる。本音はなめられそうだから、何か指摘しなきゃと意地悪したいだけのおっさん。おい、ばれてるぞ(怒)

「研究開発本部が試作した有機ELを用いて、低コストなプリンタの書込みヘッドを内作」というプロジェクトメンバーに選ばれたので、「あの有機ELには寿命に決定的な問題が有ります。プロジェクトは無謀で中止すべきです」と進言したら、「可能性は0%では無い、始める前から諦めるとは社会人失格だ。お前は会議には一切呼ばない、資料も渡さない」と意味不明の供述をした課長とチームリーダー。本音は「失敗するテーマの方が後が楽だからおいしい。なのでダメな点をちゃんと指摘する部下は邪魔」だろ(怒)

私が担当する機能の仕様変更を他部署と相談したら、「他部署と相談する時は私を必ず通しなさい。それがミスを発生させないための我が部署のルールだ」という説教と担当外しをしてきたテーマリーダー。本音はリーダーとして部下が自分に何でも相談してくるのが、チヤホヤされて嬉しいからだろ。

とまあ自分の体験を振り返っただけでも、本音は別にあるのにそれを隠して上下関係やマニュアル、社会人の常識を持ち出して説教する事例には枚挙に暇が無い。ちなみに9割以上は「仕事が面倒なので増やさないで欲しい」が本音だったと思う。

だが当然、言われた方はそんな理屈では納得できない。だからトラブルになるのだ。

仕事の仲間は本来は同じ目的を共有するメンバーだ。その実現を巡って、どの手段が良いかという考えの違いは生じる。しかし、手段は目的を達成するためのものであり、最終的にはどれを選んでも目的を達成すれば同じはずである。

大阪から東京に行くのが目的の時、速く行きたいなら手段として新幹線を、安く行きたいなら手段として長距離バスを選ぶ。この結論はどんな考えの人たちが集まっても差が生じ無い。

このように仕事の議論は考えの違う人が集まっても、必ず同じ結論になるはずなのだ。それが出来ないという事は、別の目的を持った人物が紛れ込んでいるのだ。それを隠されたままだと、仕事は進まない。

ロジックもマニュアルも法律も上下関係も社会人の常識も結構。まずは「お前、本当はどう思ってるんだ?」を聞かなければいけないのだ。

世の中には「お前、本当はどう思ってるんだ?」と言いたい輩が溢れてる。だからこそ本音を語ってくれる人が人気

そして、この「お前、本当はどう思ってるんだ?」が重要だなと思ったのは決して仕事だけではなく、世の中の多くの問題にも当てはまるからだ。

豊洲市場移転を延期した挙句、「築地は守る、豊洲は生かす」と言って築地市場再開発をぶち上げた小池都知事。本当はどう思ってるんだ?

都民ファーストにはずっと不満を持っていた言いながら、離党したのは都議選が終わった後。おまけに「私の判断は過ちでした」とブログで適当に謝罪しつつ、「土壌Xデー」という大ポカや石原元知事・浜渦元副知事へのあまりにも礼を欠いた百条委員会は正当化する音喜多都議。本当はどう思ってるんだ?

任天堂から特許侵害で白猫プロジェクトの配信停止と巨額の損害賠償を訴えられた。任天堂の特許は非常に強力な特許5件。しかし、「白猫プロジェクトのサービスが終了するということは断じてございません」と強気な態度を崩さないコロプラ。本当はどう思ってるんだ?

森友文書の改ざんは大問題だけど、国民の生活を大きく左右する90兆円の予算審議はほったらかし。安倍政権退陣を訴えながら、なぜか解散総選挙は口に出さない野党。本当はどう思ってるんだ?本当に政権を担い、国民のために政治を行う気が有るのか?

「自分はタイムマシンを持っている。『はじめの一歩』はそれに乗って見てきた一歩や鷹村たちの未来を、漫画に描き写してみなさんにお伝えしているだけ」と言いつつ、全く読者を不快にさせるだけの展開をもう20年以上続けている森川ジョージ先生。本当はどう思ってるんだ?ジム経営のために誰も望まない引き延ばしをしてるだけなんじゃないか?

坂崎の家の前でお金を渡す渡さないで5週、チャンが軽トラを捨てるだけの話が謎のおっさんの家で一緒に寝て手を繋ぐとか酒飲んで寝坊しそうとか、「スピンオフのはずの利根川やハンチョウとの面白さの落差に耳キーンてなるわ」って感じのカイジ本編。福本伸行先生、本当はどう思ってるんだ?

本当に、「お前、本当はどう思ってるんだ?」と聞きたい輩は山ほどいる。そして彼らは自分の本心・本当の目的を明らかにしないから、当然ながらどんどん支持者が減っていく。そしてさらに迷走する悪循環。

逆に、今の世の中で受けているのは「本音をオープンにしている」人達だ。紅白総合司会のウッチャンとか、ワイドナショーの松ちゃんとか、マツコ・デラックスとか、みんなタイプは違えど「本音で喋っているんだろうな」と思わせる人たちだ。

ちなみに私がブログを書くきっかけになったアゴラの主催者である池田信夫さんも、この人はいつも本音でぶつかっているなと思ったのでファンになった。

何より、元SMAPの3人が出演した「72時間ホンネテレビ」が大ヒットしたのが象徴的だ。

インターネット、SNSが普及して誰でも自分の考えを世の中に発信できるようになった現在。生き残っていく秘訣は、「あの人は本音で語っているな」と皆に思ってもらえるかどうかだ。

参照:小池都知事の豊洲・築地市場両立で何円損すると思ってるの〜「2兆円」音喜多都議の「豊洲市場移転問題への謝罪ブログ」に3つの反論任天堂がコロプラを訴えた裁判資料を読んだけど、コロプラの勝ち目が見えませんNHK NEWS WEB「はじめの一歩」どうなる?担当編集者を直撃! Q.「本当に引退?」A.「引退してしまったと言うほかない」



   ● オススメ商品
                     
 
   

-ビジネス
-

author : 宮寺達也



関連記事

「王様は裸だ」と指摘することは、会社批判なのか?

出典:写真AC 3月31日。社会人にとっての大晦日がやってきた。 私にとっては、ちょうど前職を辞めてから1年に当たる。去年の3月31日は新居への引越しで精根尽き果てていたのが懐かしい。前職を辞める時は …

仕事で英語(ルー語)を使ってはいけない

出典:「(日めくり)きょうのルー語 (カレンダー)」(PHP研究所) 3月25日、親友Yの係長昇格を祝って、仲の良い後輩Yも含めて3人で祝勝会を行った。私の記事にも何度か出てきた親友Yであるが、新人時 …

日本人はオーバーブッキングが大好き

出典:写真AC(飛行機 ボーイング777-200) 米ユナイテッド航空が男性乗客を無理やり引きずりおろした事件は、CEOが謝罪する事態になり、世間はユナイテッド航空への非難の声一色である。 そんな中で …

シャープは本当に復活したのか ?

出典:シャープ公式サイト 東芝が上場廃止危機でもがき苦しんでいる中、一足早く経営危機に陥り、鴻海に買収されたシャープが復活の様相を見せている。 戴正呉社長は、産経新聞のインタビューに「5月中旬に予定す …

東芝さん、上場廃止でいいじゃない

出典:YouTube 東芝公式CM 4K有機ELレグザX910 /「ひきたつ色」篇 東芝の苦悩が収まる気配を見せない。米原子力子会社ウエスチングハウスの巨額損失を巡って上場廃止の危機に瀕している東芝で …

           

● サイト内検索



● アクセスランキング(月間)



● オススメ記事


● オススメ商品




● カレンダー
2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930