特許

任天堂がコロプラを訴えた裁判資料を読んだけど、コロプラの勝ち目が見えません

投稿日:

出典:Wikipedia 東京地方裁判所

私の弟と故・金正日総書記の誕生日でお馴染みの2月16日、私は東京地裁を訪れていた。その日は任天堂とコロプラの特許侵害訴訟の第1回口頭弁論が有ったからだ。

私は任天堂とコロプラの特許侵害訴訟が明らかになった時、

任天堂に訴えられたコロプラが妙に強気な「真意」を分析してみた

という記事を書き、過去最高の3万PV越えを果たしている。その記事でもさらなる解説を約束していたので、参加しない訳にいかないのだ。

なお、裁判が始まる10分前に着いたが30人近く並んでおり、入廷したら42席ある傍聴席が満席になった。裁判傍聴でお馴染みのお笑い芸人・阿曽山大噴火さんまでいる注目の高さだ。

しかし、第1回口頭弁論は次回の日程を4月23日午後2時と決めただけであっさりと15分で閉廷してしまった。ノートとシャーペンを準備し、一言一句聞き漏らすまいと集中していたので拍子抜けも良い所であった。

このままじゃなんもわからねーと嘆きながら帰宅したのだが、後日に裁判資料(訴訟記録)が東京地裁で閲覧できる事を知った。そして2月22日、遅れながら私も訴訟記録を閲覧したのだ。

すると、なかなかに裁判の全容が見えてきた。

任天堂は超強力なキラー特許5件を武器にしつつ、万全の準備をして訴訟に臨んでいる。対してコロプラは隠し球もカウンター特許も何も無かった。コロプラの勝ち目が全く見えないのだ。

さすが任天堂の知的財産部。超強力な5件のキラー特許と万全な準備

訴訟記録で明らかになったのは、任天堂の本気である。

まず特許の内容に驚いた。私は任天堂が出してくる特許は「ぷにコン」の先行技術と思われる特許3734820号をメインとした、ゲームコントローラの関連発明だと思っていた。

特許3734820号だけでは「ぷにコン」の技術範囲から外れてしまう可能性がある。そこでタッチパネルでジョイスティックを操作する類似特許を出す事で、「ぷにコン」が任天堂の特許を侵害する事を確実にするのだ。

いわば、特許3734820号をメインとしつつ残りの4件で保険を掛けるようなイメージだ。

しかし、訴訟記録に記されていた任天堂の対象特許は度肝を抜くようなキラー特許5件であった。

1. 特許3734820号:タッチパネルでジョイスティックを操作する ⇒ 「ぷにコン」に該当

2. 特許4262217号:タッチパネルを長押しした後、指を離すと敵キャラを攻撃 ⇒ 「チャージ攻撃」に該当

3. 特許4010533号:スリープから復帰する時に確認画面を表示し、スリープ直前の画面から再開 ⇒ 「スリープ機能」に該当

4. 特許5595991号:ユーザー間で相互フォローし、通信や協力プレイを行う ⇒ 「相互フォロー」に該当

5. 特許3637031号:障害物でプレイキャラクターが隠されてもシルエットで表示する ⇒ 「シルエット表示」に該当

「ぷにコン」に該当する特許があるのは予想できていたが、残り4件は「ぷにコン」と全く関係の無い、しかし強力過ぎるキラー特許4件であった。「チャージ攻撃」「スリープ機能」「相互フォロー」「シルエット表示」のどれにも該当していないスマホゲームなんて存在し無いのではないだろうか。

まるで地球に攻めてきたのがフリーザ一味なのでフリーザだけを倒せば良いと思っていたら、フリーザだけじゃなく完全体セルと魔人ブウと破壊神ビルスが一度に襲ってきたような衝撃である。

しかも訴訟記録には任天堂の知的財産部の精鋭5名による、白猫プロジェクトを実際にプレイして詳細な特許侵害を説明した資料が別途添付されていた。特許5件に対してそれぞれ1人ずつという力の入れようだ。検証用のムービーまでDVDで添付されていた。

いつのまにか法務部から知的財産部に名前が変わっていたけど、最強伝説に偽りなしの完璧な資料であった。

また損賠賠償金額44億円の内訳にも驚かされた。てっきり特許侵害の賠償金が44億円だと思っていたのだが、それは40億円であった。特許侵害の賠償金の10%である4億円を弁護士報酬としており、合わせて44億円を損賠賠償金額としてコロプラに請求しているのである。

つまり、この特許訴訟に勝てば任天堂の弁護士は4億円の報酬をゲットできるのである。最強と言われる任天堂知的財産部に、ビッグマネーを目の前にして超絶本気モードな弁護士さんたちが力を貸すのだ。これ以上の最強タッグがあるだろうか。

というか、このキラー特許5件と任天堂知的財産部なら全てのスマホゲームを配信停止にできそうな気がする。スマホゲームが絶好調で任天堂が赤字に喘いでいた頃、「任天堂の倒し方、知らないでしょ?オレらはもう知ってますよ」なんて言われたりもしていたが、今思うと恥ずかし過ぎる台詞だ。スマホゲーム会社は任天堂という仏陀の掌の上で走っていたに過ぎないのかも。

もう勝ちを諦めているとしか思えないコロプラ。答弁書は質問返しだけ

そんな任天堂の完璧な訴状に対するコロプラの答弁書を読んだが、まずたったの3ページしか無い事に目を疑ってしまった。内容は、

第1 答弁

1 原告(任天堂)の請求をいずれも棄却する。

2 訴訟費用は原告(任天堂)の負担とする。

との判決を求める。

第2 認否・反論

後記の求釈明事項に対する回答を待って、追って認否反論する。

第3 求釈明(長いので要約。任天堂の資料にある回答も記載)

1 特許1-5に書かれている「ゲーム装置」がスマートフォン等である根拠を明らかにして

2 「ぷにコン」が円形の外側で特許1と同じ動きだと言う根拠を明らかにして ⇒ 任天堂の資料内に「同じ速度だから」と記載済み

3 特許2が「チャージ状態」と同じと言う根拠を明らかにして ⇒ 任天堂の資料内に「タッチ位置が継続して留まっているから」と記載済み

4 スリープから復帰する時に出る「×」ボタンが、特許3に出てくる表示手段と同じと言う根拠を明らかにして ⇒ 任天堂の資料内に「『×』を押したら復帰したから」と記載済み

5 白猫プロジェクトのどこが特許4と同じと言うのか根拠を明らかにして ⇒ 任天堂の資料内に「フォローリストの表示と、フォロワーの検索機能が同じだから」と記載済み

6 白猫プロジェクトのどの画像が特許5のキャラクタを透過させる画像なのか根拠を明らかにして ⇒ 任天堂の資料内に「鳥居オブジェクトがキャラクターと重なると透過するから」と記載済み

このようにコロプラの答弁書は任天堂の訴えをオウム返し、すなわちそれぞれの発明で「根拠を明らかにして」と質問返しをしているだけである。

前回の記事では「特許を無効化できるような資料」や「クロスライセンス可能な特許」といった強力な隠し球があるのではと書いたが、そんなものは全く無かった。

コロプラは隠し球が無いならば、ひたすらに「任天堂の特許は明らかに白猫プロジェクトに一致しない」と任天堂の矛盾を主張しなければならない。だが、コロプラは「よくわからないので、詳しく説明してください」と言っているだけだ。

訴状を受けてから口頭弁論まで十分に検討できる時間はあったはずだが、クリティカルな指摘は全く無かった。しかも、私が見た限りでも任天堂の訴状・別途資料に完璧に解説済みのものばかりであった。

これは勝ち目が見えません。

コロプラの狙いは時間稼ぎか。このままでは白猫プロジェクトの配信停止が現実的に

訴訟記録を見てこのままでは十中八九、いや九分九厘で任天堂の勝訴と感じた。コロプラは敗訴を覚悟でただ時間稼ぎをしているようにしか感じない。

事実、裁判の今後のスケジュールは3月12日までに任天堂がコロプラの質問に対して返答し、4月16日までにコロプラが認否・反論を提出し、4月23日午後2時から第2回口頭弁論という流れだ。

コロプラが「質問に答えてくれたら認否・反論します」と答弁した事で、第1回口頭弁論でも議論できそうな内容が2ヶ月遅れたのである。

このまま東京地裁で敗訴したとしても、最高裁まで粘れば3年は掛かるだろう。そうすればもう白猫プロジェクトを配信停止にしても問題無いかもしれない。

だが、それはあまりにも無責任だ。

コロプラは1月12日、

白猫プロジェクトのサービスが終了するということは断じてございません。コロプラとしては、特許侵害の事実は一切ないものと確信しておりますが、訴訟がたとえどのような結果になっても仕様変更等を通じて、サービスを継続してまいります

と、ホームページで公式にコメントを発表している。

その内容を信じて白猫プロジェクトを継続して遊んでいるユーザーはたくさんいるはずだ。しかし、訴訟記録を見るとそれが実現できるか極めて疑わしい。

このまま裁判で敗訴した場合、5件の特許に該当する仕様を全て変更しなければいけない。「ぷにコン」「チャージ攻撃」「シルエット機能」といった3つの機能はまだ修正は可能に思えるが、ゲームシステムに深く関与した機能であり改造は容易でないだろう。

「スリープ機能」「相互フォロー」に至ってはあまりにも基本的すぎるので、改造してしまってはゲームそのものが成立しない。

つまり、コロプラは任天堂に敗訴したら白猫プロジェクトの配信停止を余儀無くされる可能性が非常に高い。公式サイトで約束した白猫プロジェクトのサービス継続を実現するには裁判に勝つしかない。しかし、あの答弁書で勝つ気があるとはとても思えない。

コロプラは本当に裁判に勝つ可能性があると考えているのか、負けた場合に白猫プロジェクトの仕様を変更してサービス継続できると考えているのか、本気で白猫プロジェクトのユーザーの事を思っているならば説明して欲しいと思う。

コロプラは「白猫プロジェクトのサービス終了は断じてない」と説明した以上、任天堂に損害賠償金と特許ライセンス料を支払ってでもサービス継続しなければいけない。コロプラは逃げちゃダメだ。

参照:任天堂が対コロプラ特許侵害訴訟で使った特許番号が明らかになったので中身を解説します(前半)任天堂が対コロプラ特許侵害訴訟で使った特許番号が明らかになったので中身を解説します(後半)弁護士ドットコムNEWS・2/20コロプラ・お客様への感謝とお知らせ


2/24 05:34 追記

ツイッターを中心に弁護士、弁理士と言った専門家の方から多数のご指摘をいただいております。

特に民事訴訟の常識を理解していないとの指摘を多数いただいております。特に多かったのは「損害賠償を請求する際に、弁護士費用として損害額の10%相当額を請求することは、ごく一般的な事」「10%は裁判所が便宜的に定めた額であって、その額がそのまま弁護士報酬になるとは限ら無い事」「答弁書において具体的な認否反論を後回しにすることは、ごく一般的な事」です。

ご指摘ありがとうございます。大変勉強になります。

確かに私は民事訴訟を傍聴するのは初めてです。間違い無く知識は不足しております。

私の記事に無知な点を感じる事は多々あると思います。しかしそれも踏まえて私が感じた事を全て書いた方が、下手に取り繕うより状況が伝わると思って書きました。予防線を張っているわけでは無いですけど「コロプラが負け確定」とは言っておりませんし、思っておりません。あくまで私の主観で現時点では「勝ち目が見えません」と思っているだけです。

第2回の口頭弁論も取材し、今度はきちんと認否・反論を踏まえた上で考察をアップデートしたいと思っています。今回頂いたご指摘はしっかりと受け止めさせていただき、次に繋げたいと考えております。

拙い文章ではございますが、今後もご覧になっていただければ幸いです。



   ● オススメ商品
                     
 
   

-特許
-,

author : 宮寺達也



関連記事

グリーが「クラッシュ・オブ・クラン」のSupercellを訴えたけど、訴訟費用も回収できない予感

出典:クラッシュ・オブ・クラン 公式サイト 1月24日、グリーがスマートフォン向けゲームアプリ「クラッシュ・ロワイヤル」「クラッシュ・オブ・クラン」を運営しているSupercellを東京地裁に特許侵害 …

ドワンゴがFC2を特許侵害で提訴。勝つのはどっちだ?

出典:ITmedia ビジネスオンライン ニコニコ動画を運営しているドワンゴが11月15日、FC2動画等のコメント機能がドワンゴの特許を侵害しているとして、運営元のFC2とホームページシステム(大阪市 …

freeeがマネーフォワードを特許侵害で提訴。人工知能は特許になるのか?

出典:TechCrunch Japan 「クラウド会計ソフト freee」で知られるfreee株式会社が、株式会社マネーフォワードの「MFクラウド会計」が自社の特許を侵害しているとして、差止請求訴訟を …

クラウド会計特許バトル。freeeは自滅で初戦を落とした

画像出典:TechCrunch Japan 7月27日、クラウド会計ソフトの特許侵害を巡ってfreeeがマネーフォワードを提訴していた特許訴訟の判決が東京地裁で下された。 判決はfreee側の請求を棄 …

任天堂 VS コロプラ特許訴訟・第3回戦。遅延行為を繰り返すコロプラと怒れる任天堂

  出典:Wikipedia 東京地方裁判所 6月15日(金)午後4時、東京地裁で任天堂とコロプラの「白猫プロジェクト」特許侵害訴訟の第3回審理が行われた。私は「多分、弁論準備手続なので非公 …

           

● サイト内検索



● アクセスランキング(月間)



● オススメ記事


● オススメ商品




● カレンダー
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31