キャリア

「正」社員という、まずはそのふざけた幻想をぶち壊す

投稿日:

出典:いらすとや

トヨタやホンダなど、大手自動車メーカーが期間従業員を無期雇用になるのを回避しようとしている動きが明らかになり、一部マスコミが批判している。

2013年に施行された改正労働契約法では、期間従業員や契約社員など、同じ会社で5年以上働いた場合、本人が希望すれば無期雇用(従業期間の定めの無い正社員)にしなければならない。通称「5年ルール」が導入された。

厚生労働省や一部マスコミは「これで正社員が増え、不安定ない非正社員が減る」とアピールしていたが、多くの経済学者・有識者は「5年で雇い止めになる人が増えるだけで、より不安定になる」と警鐘を鳴らしていた。

結果はどうなったかというと、大手自動車メーカーは5年の就業期間の後に「半年の休業期間」を設けて、再雇用するという今回の誰も得しない流れになったのだ。改正労働契約法では半年の休業期間があると、契約期間がリセットされるため「5年ルール」に抵触しないからだ。

はっきり言ってこうなる事はわかっていた事だ。しかし、厚生労働省や一部マスコミは「ルールの抜け穴を悪用」「法改正を骨抜き」と批判している。いやいや、わかっていないのはそちらの方だ。

正社員(無期雇用)が正しい働き方で、非正社員(期間の定めのある社員)が間違った働き方であるというその歪んだ正義感こそ、多くの労働者を苦しめている正体なのだ。


非正社員(派遣社員、契約社員、請負社員、期間従業員)の方と一緒に働いた思い出

私も大手事務機器メーカーで12年間、いわゆる「正社員」として働いていた。そこで、派遣社員、契約社員、請負社員、期間従業員といった非正社員と呼ばれる方々と一緒に働いた経験がある。

そこで感じたのは、正社員も非正社員も同じ人間であり、同じ仕事に従事する仲間であるという事。そこには何の上下関係も無い事を確信した。

私が特に一緒に仕事をしたのは、派遣会社の正社員として、派遣会社から派遣されてくる人たちであった。正直、最初はどう接すれば良いのか戸惑っていた時期もあった。しかし同じ職場で、同じプリンタ製品を開発する仲間として交流する内、いつしか立場の違いなんて全く気にしないようになった。

中には同い年の人もいたので、正社員であった同期メンバーと合わせて友人になり、プライベートも一緒に過ごすようになり、楽しい時間を過ごしていた。

特に同い年の友人は仕事に対するスキル、姿勢が素晴らしく、私は尊敬の念を持って接していた。世の中には「派遣社員は言われた仕事しかしない」「派遣社員はスキルが低い」みたいな偏見を持っている人がいるようだが、そんな事は無い。派遣社員の方で積極的に仕事をを行ってくれる素晴らしい姿勢の方もいるし、正社員の方で言われた事だけをするどころか、それすれもやってくれない人がいた。

仕事のスキル、姿勢に非正社員も正社員も無い。それが私が実際に働いて学んだ事である。

しかし、現実に非正社員を見下し、傲慢な態度を取る人は大勢いた。

非正社員を見下す傲慢な思想を持った、仕事ができない正社員

「派遣社員は言われた仕事しかしない」「派遣社員はスキルが低い」みたいな偏見が発生する原因として、非正社員には付加価値の低い業務が割り当てられるという事がある。

私が働いていたメーカーでも派遣社員の方は、試作品の動作テスト、安全規格の測定と言った、手順を覚えれば誰にでもできる仕事が中心であった。

私がやっていたような新しい技術開発、設計仕様の検討、特許出願といった高いスキルが求められる仕事を担当する事はまず無かった。私は誰でもできる仕事は、みんなでローテーションするか、仕事ができない人がやるべきだと思っていたので、派遣社員の方ばかりが担当するのは不愉快であった。

実際に「みんなでローテーション」のような改善を直訴したりもしたが、まあ無視された。その結果、言われた事すら出来ないおじさん正社員が、若くて優秀な派遣社員をアゴで使うというのが日常であった。おじさん正社員は派遣社員が測定してきた結果をまとめて上司に報告するだけで、高い給料とボーナスが約束されていた。

こういう傾向は、大きな事業部に行くほど酷くなる。私のいた事業部では正社員と派遣社員が席を並べて仕事をし、食堂で一緒にお昼ご飯を食べたりしていた。しかし、本社の中核事業部に行くと正社員と派遣社員はパーテションで席が分けられて交流がほとんど無かった。お昼ご飯を一緒に行くなんて事もなく、派遣社員の方同士でまとまってご飯を食べていた。

こういう理不尽が発生するのは、人事コンサルティングの城繁幸さんが指摘するように、「派遣は3年、有期雇用は5年といった上限期間があるため」だ。

2015年に改正された労働契約法では、派遣社員を3年以上同じ職場で雇い続ける事ができない。改正前であっても、派遣社員は組織が変わったり、プロジェクトが終わったりと、5~6年で職場を離れるのものであった。

そのため、特許や設計仕様、新技術といった会社の将来に関わる重要な業務は「65歳まで、40年以上働き続ける」正社員が優先して担当する事になる。どんなにスキルが低い正社員であっても、辞めないという安心感があるので、重要で長期スパンの仕事を任せるのだ。

その結果、派遣社員はいつまで経っても新人が担当するような仕事を任される事になり、「新人と同レベルの人材」と見下す勘違い正社員が続発するのだ。

ちなみに、twitterで「派遣社員は設備が使えないとか、差別が酷い」といった話題で盛り上がったが、これもわかる。食堂は表示価格に対して、正社員は福利厚生で半額負担で食べられるが、派遣社員は全額負担だったりする。

まあ、これは福利厚生が経費として認められる税金制度の問題でもあると思うが。ただ、正社員と派遣社員が全く別々にご飯を食べていたりする光景は、危険信号だと思う。

「正社員」という言葉を無くし、「〇〇年契約」に統一を

短期間で辞める社員より、長期間所属してくれる社員に付加価値の高い仕事を任せるというのは理に叶っていると思う。しかし、本当に「正社員」は長期で働いてくれるのだろうか?

正社員の厳密な定義は「無期雇用」である。これは期間の定めが無い、つまり労働者が希望すれば定年(65歳)まで働ける。なので、自分から辞めなければ大卒ならば40年以上の長期に渡って働いてくれる。

しかし、「無期」であって「長期」では無い。現に私は12年で辞めた。前の会社は私に40年働いてくれると思って付加価値の高い仕事を任せてくれたと思う。だが、申し訳無いがその判断は間違いだったのだ。

私と同時期に入社して、今も働いている派遣社員の方が存在する。会社は私ではなく、その派遣社員の方に付加価値の高い仕事を任せるべきだったのでは。

同じように、優秀だったので付加価値の高い仕事を任されていた同期が何人も辞めているのを知っている。「無期雇用」とは現代ではFA権を持っているプロ野球選手のようなものであり、決して長期契約では無いという事を会社は自覚するべきだ。

プロ野球のような競争がしっかりと働いている世界では、1年契約、10年契約、将来のメジャー移籍を前提とした契約、様々な契約が存在する。しかし「正」選手や「非正」選手なんて枠組みは存在しない。

選手に正も非正もなく、全ては仕事の成果(成績)で評価される。選手と球団が合意すれば、契約年数も契約内容も自由に決める事ができる。もちろん、長期契約を結んだ選手は将来に渡るチームの要として重要なポジションを任される。1年契約を結んだ選手は翌年のポジションは保証されないが、その代わりに高額の年俸をゲットする。

私たち普通の会社員も、プロ野球選手と同じで良いのでは無いか?

派遣社員や期間従業員のように短期契約を結んだ社員は、雇い止めのリスクを負う代わりに高額な年俸をゲットする。長期契約を結んだ社員は給料は下がるが、解雇されないリターンと長期的な仕事をゲットする。もちろん、従業員が望めばいつ辞めても良いという無期契約も有って良い。だが、解雇もされない、いつ辞めても良いと従業員に有利な分、給料は下がるだろう。

短期契約を結んだ社員に付加価値の低い仕事が割り当てられるという傾向は簡単には変わらないかもしれない。だが、高額な報酬を払っているスキルの高い社員に付加価値の低い業務はもったいないと思うようになり、「高い給料払っているんだから、難しい仕事任せよう」となっていくだろう。

まさに「ドクターX ~外科医・大門未知子~」が日本中で誕生するのだ。

私自身、大企業の正社員という立場を捨てて、フリーランスという非正社員として働いているから強く実感している。「正社員こそ正しい働き方」というのは昭和の幻想である。

来日したイヴァンカ・トランプさんの言葉を借りれば、

すべての労働者は無期雇用だろうが、期間雇用だろうが、全員が「プロフェッショナル」なのです

どんな契約の社員もただプロフェッショナルでしかない。違いは「〇〇年契約」だけである。正社員という言葉を無くし、そういう考え方、呼称が広がった世界の方がよっぽど健全で、ストレスなく働く事ができると思うのだ。

参照:厚生労働省「労働契約法改正のあらまし」朝日新聞・11/4朝日新聞・11/7

-キャリア

author : 宮寺達也

オススメ商品


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

残業規制で所得8.5兆円減。生産性を向上してもただ給料が減るだけ

出典:写真AC 政府は働き方改革で、罰則付きの残業上限規制の導入を目材している。しかし、これが実現すれば残業代が最大で年間8兆5千億円減少し、国民所得が大きく減る可能性があると大和総研が試算をまとめた …

日本のサラリーマンはSMAPと飯島マネージャーを目指せ

出典:CD「Moment」ジャケット 12月31日、SMAPが解散する。同時に、1月13日の解散危機報道からスマスマ最終回まで、SMAP一色だった2016年が終わる。 SMAP解散騒動では、アゴラでも …

残業時間は自分で決めなさい

出典:写真AC 政府が進める残業規制の議論が迷走を続けている。2016年10月に電通の新入社員の高橋まつりさんが過労自殺したことがきっかけに議論が白熱しているが、何とも不毛なやり取りを続けている印象だ …

嫌だけど、会社の飲み会には出席した方が良いのだろうか?

出典:写真AC さてさてさて、やはり前回の記事に引き続き、今後の会社員生活に不安を感じている新入社員にアドバイスを送りたい。 今回は「会社の飲み会」について語りたい。 最近、「新入社員が飲み会に来ない …

「あたりまえ体操」で見抜くリーダーの資質

出典:YouTube COWCOW「あたりまえ体操#1」 これまで『「足りない情報」で決断するのがリーダーです』と『難しいけど、「部下を信じる」のがリーダーです』という、2つのリーダーの資質についての …













2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930