政治

小池百合子代表「希望の党」の綱領を採点する

投稿日:

出典:fnn-news

9月27日、国政政党「希望の党」の設立会見が開かれた。そこで小池百合子代表は「日本をリセットする」というスローガンを始め、いよいよ党綱領を発表した。

流石に都民ファーストの会の綱領のようなポエムでは無いだろうと思いつつ、「希望の政策」は全く政策とは呼べないものだったので、綱領にもかなりの不安がある。

綱領とは、政党の対策・方針・主義主張を示したものである。方針であるので、政策と同じように「逆でも成立する」。

政策の時と同様、希望の党の綱領を逆にしてみる事で、綱領として相応しいものになっているか採点してみよう。

「寛容な改革精神に燃えた保守政党」というパワーワード

綱領の採点に行く前に、小池百合子代表が設立会見で、

そして改革をする。その精神のベースにあるのは実はこれまでの伝統や文化や日本の心を守っていく、そんな保守の精神だ。寛容な改革の精神に燃えた保守、新しい政党だ。

とあいさつしたのだが、これが強力過ぎた。

「寛容」とはリベラルの精神であり、「左派」を示している。改革とは古きを打破し、新しい政治を築く「革新」を示している。そして「保守」は「守旧」であり、さらに「右派」を示している。

つまり、「寛容な改革の精神に燃えた保守政党」とは「右派で、左派で、革新で、守旧な政党」という事だ。要するに全部だ。

かつてNewsリアルタイムに出演していた田宮榮一氏は、番組で犯人像を聞かれた時、

「犯人は10代~20代、もしくは30代~40代、または50代以上の人物」

「日本人あるいは外国人の男性もしくは女性」

「無職である可能性が高いが学生もしくは何らかの職についている可能性もある」

「土地勘の有る人物、もしくは流しの犯行」

と固定観念にとらわれない、あらゆる可能性を視野に入れて推理を披露していた。その鋭い推理で、犯人をあっという間に約70億人に絞り込むため、犯人は眠れない夜を過ごすと言われていた。

希望の党の支持層に設定された日本人の「右派で、左派で、革新で、守旧な」私たちは、選挙当日まで眠れない夜を過ごす事になりそうだ。

なお、「日本をリセットする」については9月25日の記者会見で「リセット」と使ったのが気に入っただけと推察し、全く深い考えは無いと思うので無視する。

希望の党の綱領を逆にしてみる

さて、ではいよいよ希望の党の綱領を見てみよう。

<希望の党 綱領>

我が党は、立憲主義と民主主義に立脚し、次の理念に基づき党の運営を行う。常に未来を見据え、そこを起点に今、この時、何をすべきかを発想するものとする。

1 我が国を含め世界で深刻化する社会の分断を包摂する、寛容な改革保守政党を目指す。

2 国民の知る権利を守るため情報公開を徹底し、国政の奥深いところにはびこる「しがらみ政治」から脱却する。

3 国民の生命・自由・財産を守り抜き、国民が希望と活力を持って暮らせる生活基盤を築き上げることを基本責務とする。

4 平和主義のもと、現実的な外交・安全保障政策を展開する。

5 税金の有効活用(ワイズ・スペンディング)の徹底、民間のイノベーションの最大活用を図り、持続可能な社会基盤の構築を目指す。

6 国民が多様な人生を送ることのできる社会を実現する。若者が希望を持ち、高齢者の健康長寿を促進し、女性も男性も活躍できる社会づくりに注力する。

さて、では本当にこれが綱領ならば逆にしても成立するはずだ。「綱領が…裏返るッッ」

<希望の党 綱領が裏返ったァッッ>

我が党は、絶対君主制絶対王政に立脚し、次の理念に基づき党の運営を行う。常に過去を見据え、そこを起点に今、この時、何をすべきかを発想するものとする。

1 我が国を含め世界で深刻化する社会の分断を無視する、保守的なリベラル政党を目指す。

2 国民の知る権利を守ら無いため情報隠蔽を徹底し、国政の奥深いところにはびこる「しがらみ政治」を継続する

3 国民の生命・自由・財産を放棄し、国民が絶望と疲労を持って暮らせる生活基盤を築き上げることを基本責務とする。

4 戦争主義のもと、空想的な外交・安全保障政策を展開する。

5 税金の無駄遣いフール・スペンディング)の徹底、民間のイノベーションの邪魔を図り、持続不可能な社会基盤の構築を目指す。

6 国民が画一的な人生を送ることのできる社会を実現する。若者が絶望を持ち、高齢者が早く死ぬように促進し、女性も男性も活躍でき無い社会づくりに注力する。

うん。ひどいもんだ。

希望の党の綱領も綱領じゃ無い。集まった議員は何がしたいんだ?

希望の党の綱領を逆にして見たところ、「絶対王政」やら「戦争主義」やら「高齢者が早く死ぬように」やら、物騒な言葉で溢れかえってしまった。

つまり、希望の党の綱領は政策と同じで「逆が成立しない」誰もが賛同するゴールを書いただけである。

つまり、綱領では無い。ゼロ点。

ただ予想通りというか、「寛容な改革保守政党を目指す」は「保守的なリベラル政党を目指す」となり、成立してしまった。まあ、球状のボールを裏返しても、やはりボールで変わらない。書く意味がさっぱりわからない言葉だ。

まあ、これだけどうでも良い事を書き連ねているから、有象無象が集まりやすくなっているのだろう。

設立会見でもただ議員バッジを死守したいだけとしか思えない議員方が、心にも無い事を喋っていた。長島昭久衆院議員が「昨今、政治家の劣化がみられるような事案が多々発生している」と話していたが、それはあなたの事だよと思ってしまった。

大の大人が、それも庶民の見本になるべき国会議員がこんな惨めに立場にしがみつく姿を見させられるとは。確かに政治家の劣化をまざまざと見せつけられた思いだよ…

おまけに国会議員136人を抱える民進党が希望の党に合流し、小池百合子氏が代表になり、さらに都知事を辞任して衆議院選挙に出馬するとの報道が流れている。

ここまで来ると、政治の劣化では済まされない。

ここですべての「しがらみ」をなくして考えてみましょう。希望の党と民進党が合流した場合、去年の参院選挙直後と比較すれば、小池百合子議員と若狭勝議員と福田峰之議員と中山恭子議員が民進党に移っただけということになります(笑)

と、藤原かずえさんが指摘したように、希望の党はただの民進党の名称変更である。前回の政権交代の反省もロクにせず、看板だけ付け替えて有権者を騙そうとするとは、ただのオレオレ詐欺である。

あ、国民の皆さん。オレだよオレ、希望の党。

え、民主党(民進党)に声が似ている?気のせいだよ。

だってオレは「保守政党」じゃん。

あのさあ、ちょっと東京都政でトラブっちゃって。誤魔化さなきゃいけないから総理にならなくちゃいけないんだ。

それでね、国民の皆さんの一票を送って欲しいんだ。

10月22日に希望の党って書いてね。

これまでの選挙から、このようにあまりにも有権者をバカにした選挙戦略でもそれなりに勝利を収めるのはわかっている。そして、その選挙結果で最も損をするはずの人たちが喜んで投票している事も。

しかし、人間は進歩する生き物である。少しづつかもしれいないが、こんな有権者をバカにしたやり方がいつまでも通じない事を示したいものだ。

参照:fnn-news産経新聞・小池百合子代表の冒頭あいさつ全文産経新聞・結党メンバーの言葉都民ファーストの会ニコニコ大百科日本経済新聞日テレNEWS24



   ● オススメ商品
                     
 
   

-政治
-

author : 宮寺達也



関連記事

民進党がTPP法案で戦うためのアドバイス

出典:毎日新聞ウェブサイト 衆院TPP特別委員会は11月4日にTPP承認案・関連法案を可決した。私はものづくり産業に携わるエンジニアの立場として、TPPには賛成だ。しかし、TPPで生活が脅かされ、反対 …

東京都議選(墨田区)。自民党・川松真一朗さん!当選を願わずにはいられないッ!

出典:川松真一朗事務所 Facebookページ 7月2日投開票を間近に迎えている東京都議選であるが、都民ファーストの会と公明党の小池都知事与党が過半数を確保する勢いである。 自民党は全42選挙区に60 …

もう魔女狩りは止めよう。佐川氏の証言拒否は『議院証言法』で定められた権利

出典:YouTube 日本経済新聞 前回のブログでは、己の政治的利益のために他人を冤罪に陥れても構わない、極めて低レベルな東京都議会の人権意識について明らかした。 偽証で告発された浜渦元副知事が不起訴 …

さようなら米山隆一・新潟県知事。人間の値うちは、 テストの点数だけできまるものじゃないのよ

出典:朝日新聞 4月18日、世間が財務省・福田次官のセクハラ疑惑で盛り上がっている陰で、1人の天才がその政治家人生にそっと幕を降ろした。 私のブログにも度々登場してくれ、いつもかなりのPVを獲得してい …

2017年の小池都知事の漢字は「改」では無い、「壊」だ

2017年12月31日、大晦日でございます。 私事ではあるが、今年はずっとやろうやろうと思いながら踏み出せていなかったツイッターとブログ(パテントマスター・宮寺達也のブログ)を始める事ができ、様々な反 …

           

● サイト内検索



● アクセスランキング(月間)



● オススメ記事


● オススメ商品




● カレンダー
2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30