政治

米山隆一・新潟県知事の「言い訳記者会見」も採点する

投稿日:

出典:米山隆一公式ホームページ

「米山隆一・新潟県知事の勘違いブログを採点する」の記事が大変読まれている。普段は500PVも行けば良い方の私のブログであるが、1週間で7,000PVを突破してしまった。

さらには「米山隆一」でググったら、この記事がトップニュースで出てきた・・・

「何が始まるんです?」と思いつつ、大勢の方に読んでいただき本当にありがとうございました。なお、米山知事本人のブログよりも上に表示されたのはちょっと痛快でした。

さて、大勢が批判した事で流石の米山知事も謝罪、発言の撤回をするだろうと思っていた。しかし、米山知事は9月15日の定例記者会見で「それは差別では全くない」と全面的に反論してしまった。

別に私は米山知事のファンでもアンチでも無いのだが、流石に県知事ともあろう公人が人種差別発言をしておきながら全く反省しない姿は見過ごせない。相も変わらずグダグダとわかりにくい発言ではあるが、米山知事の言い訳を分析させて頂こう。


米山知事の記者会見を採点する

米山知事が件の人種差別発言のツイートについて追及され、反論したのは、9月15日の定例記者会見である。この会見の発言要旨が産経新聞に掲載されていた。

産経新聞「望月衣塑子記者めぐる米山隆一新潟知事会見要旨」

その内容は読んでもらえば一目瞭然なのだが、「まあ、グダグダと長い」

記者の質問は「ツイッターの表現についてどう考えるか」「産経新聞のどこを批判してるのか」「ツイッターはどういう立場でやっているのか」の3つしか無い。それぞれ1行あれば十分に回答できそうだが、2〜3ページに渡ってグダグダ言い訳している。

何が言いたいのかさっぱりわからず、理解できるまで頑張って読んだので疲れてしまった。前回の勘違いブログとは別な意味で、気分が悪くなった。

さて、改めて馬鹿馬鹿しい記者会見だが、きちんと間違いを指摘するのも米山知事のため、果ては愛する故郷・富山県の隣県、新潟県のためである。前回のブログに引き続き、私が米山知事の記者会見を採点しよう。

問1. 米山知事はいじめられているから、「醜悪」発言も問題無いのか?

今回、本当に内容がグダグダしているので問題文を探し出すのも一苦労であった。

米山知事は記者から

「吐き気を催すほど醜悪だと思う」とツイートした。こういう表現をして大丈夫なのかと県民としても心配になるが、表現についての知事の考えは?

と質問されてグダグダと言い訳を始めるのだが、その独演会は4ページにも渡ってしまう。その発言をまとめ、繋げると、

・「醜悪だ」という言葉、単語は確かに強すぎる表現かもしれない

・石平氏のツイートは理由を全く説明していない。ただRTの数を誇っている。それは数の暴力であり、いじめだ。

・石平氏のツイートはいじめだから、醜悪だと思う。

・私はきちんと反論したが、石平氏は反論せず、ひたすらRTの数の暴力でいじめてくる。

・産経新聞もいじめに加担している。

・RTの数でいじめる事は民主主義を危険にさらす。私も同じことをしていいんですか

と言う事である。つまり米山知事は、

「醜悪という言葉は確かに良く無い。だが、私や望月記者は石平氏や産経新聞からいじめられているので、私も同じことをして良い」

と回答している。

な…何を言っているのかわからねーと思うが、おれも何を言われたのかわからなかった…

無論、この回答は間違いである。0点。

前回の記事にも書いたが、石平氏は望月記者に対して「吐き気を催すほどの自惚れだ」とつぶやいたのである。そもそも米山知事は関係無いし、石平氏は「醜悪」という単語は全く使っていない。

米山知事自身が「吐き気を催すほどの自惚れ」と言われて、「吐き気を催すほど醜悪」と返すだけでも過剰防衛なのに、石平氏が第3者を論評しただけのツイートに「醜悪」という言葉をいきなりぶつけてくるのはシンプルに米山知事の暴言である。

軽犯罪法5号の「公共において、著しく粗野又は乱暴な言動」に該当するだろう。

何度も何度も書くが、石平氏の発言の内容を持ち出しても、米山知事の発言は正当化されないのである。

問2. 産経新聞は石平氏を贔屓しているのか?

さらに米山知事は記者から

産経新聞について触れたが、知事はどの部分についてどういう指摘をしているのか

と質問されて、

・産経新聞はまず私の「醜悪」という言葉の後に、石平氏の「差別だ」という回答、そして新潟県庁に批判が殺到しているという書き方をした。

・この報道は事実ではあるが、公平では無い。

・なぜなら私の石平氏を批判したツイートは3つだが、石平氏が私を誹謗中傷したツイートは10や20はある。全部、きちんと紹介してこそ公平、公正、中立ではないか。

と回答している。つまり米山知事は、

「産経新聞は石平氏のツイートを全て紹介せず、私を陥れるストーリーを作るために都合の良いツイートだけ抜粋している。これは不公平だ」

と回答している。

もちろん、この回答も間違いである。0点。

米山知事が指摘している記事は、

産経新聞「新潟・米山隆一知事が石平氏投稿に『吐き気を催すほど醜悪』とツイート『差別発言』の批判相次ぐ」

である。

この記事に登場するツイートは、米山①米山③石平①石平(1.5)石平②である。米山知事は「石平氏が私を誹謗中傷したツイートは10や20はある」と言うので調べてみた。だが、産経新聞の記事が出た9月11日までに石平氏が米山知事について言及したツイートは他には見つからなかった。

「なんのこっちゃ」と思ったが、米山知事の反論ブログを読み直したら理由がわかった。

米山知事は、石平氏が第3者のブログ、NAVERまとめ、Buzznews、産経新聞の記事を紹介しただけのツイートも「石平氏が私を誹謗中傷したツイート」として換算しているのだ。

しかも、それを含めても石平氏のツイートは9つしかない。10や20には全然足りない。つまり、

米山知事は「他の人が米山知事を批判したツイートを、石平氏がリツイートしたもの」も、石平氏が私を誹謗中傷したツイートとして換算しているのだ。

いや、どんだけ〜。流石にこの主張は無理ありすぎ〜。

産経新聞はまあ公平に米山知事と石平氏のツイートを紹介し、記事を書いている。ニュース記事の紹介やリツイートも誹謗中傷だ、それらも含めないと不公平だ、なんて今どき小学生でも言わないよ。文句があるならTogetterまとめでも作成したらどうか。(知事のブログがもうそんな感じではあったけど)

問3. 米山知事のツイッターは新潟県にデメリットだから、止めたら?

最後に米山知事は記者から

ツイッターはどういう立場でやっているのか。どういう使い方をなさりたくてやっているのか。

と質問されて、

・質問がよく分からない。ツイッターはいろんな使い方ができるからいろんな使い方をしている

・さまざまな情報発信をしたくて使っている

・知事の立場や、いろんな立場が混ざっている。それの何が悪い?

と回答している。

これは記者の本音が全くわかっていない。記者はできる限り婉曲的ながら、

「知事ともあろうものが、炎上ブロガーみたいに余計な事に口を出してトラブルばっかり起こしやがって。新潟県に全くメリット無いだろ。どう思ってるんだ?」

と言いたかったに違いない。それに対して、米山知事は質問の意味は分かっていないようだが、「ツイッターを好きに使って何が悪い」と回答した訳だ。

私は別にこの回答自体は間違っていないと思う。なので、30点。

米山知事が言うように、ツイッターは単なる情報交換のツールでしかない。そこにどう言う立場で何をつぶやこうが、自由である。それは憲法(言論の自由)で保証された、日本国民全員が有する権利である。

もっとも、今の米山知事のツイッターにはデメリットしかない。今回の石平氏への批判のように新潟県に全く関係の無い事に口を出し、全国的に評判を落としている。おかげで新潟県のイメージは悪くなり、新潟県民は「あんな知事を選びやがって」と肩身の狭い思いをしている。また米山知事自身の一番の望みであろう国政進出もますます危うくなっている。

「雨の中、傘を差さずに踊る人間がいてもいい。自由とは、そういうことだ」とはロジャー・スミスの名言であるが、ツイッターで無闇に評判を落とす自由はオススメしない。

やっぱり絶対に謝罪してはいけない米山知事24時

米山知事はせっかく不適切な言動を撤回し謝罪するチャンスがあったのに、上等な料理にハチミツをブチまけるがごとき言い訳であった。

本当、自分が正しいと信じて疑わない勘違いエリートを極めつつある。おまけに今回の件(元々?)で産経新聞にえらい敵意を持ったようで、北朝鮮のミサイル発射という非常事態でも産経新聞批判のツイートをするようになってしまった。

どうも米山知事は県知事という権威・権力と、ツイッターというSNSが組み合わさった事で、自分が正しいと信じて疑わない勘違いエリート振りが究極に達してしまったようだ。

米山氏は知事になって注目度が上がったので、所構わず極論で噛み付いても、それなりの数の賛同者が現れる。そもそも、インターネットの世界はどんな極論で有っても賛同者が可視化しやすい。今回のツイートのやり取りにも擁護記事が出るくらいだ。

当面、米山知事は自分の客観的な状態がわからず、絶対に謝罪してはいけない新潟県知事24時を絶賛放送中なのだろう。

-政治

author : 宮寺達也

オススメ商品
                                                                                                 

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ネットの後押しで小泉進次郎総理が爆誕する日

出典:小泉 進次郎氏のFacebookページ 12月5日、安倍晋三首相の在任日数が歴代6位になったことがニュースになった。支持率は未だに60%近くの高支持率をキープしており、後4〜5年は安倍政権が続き …

小池百合子・希望の党代表はどうして「排除いたします」と言ってしまったのか?

出典:0テレNEWS24 前回の記事にも書いたのだが、希望の党はたった2週間前の結党当時の勢いはどこへやら、すっかり失速してしまっている。 そうなると、「小池旋風」を当て込んで希望の党に駆け込んで来た …

東京都議選。川松さんの当選に感じたネット世論の限界と可能性

出典:読売新聞 7月2日、東京都議選が終わった。結果は皆さんよーくご存知の通り、小池知事勢力の圧勝、自民党が過去最低を大きく下回る歴史的惨敗となった。(参照:読売新聞) 都議選の結果自体は東京都民の良 …

都民ファの言論統制は、指示した野田数代表より従っている議員の方が悪い

出典:YouTube tokyonews jp 小池都知事が代表を「務めていた」都民ファーストの会が50人立候補して49議席獲得するという悪夢のような都議選から1ヶ月半が過ぎた。 あれだけの圧勝にも関 …

小池都知事の2年目の仕事は、1兆円の損失を弁償してから

出典:FNN news いつの間にやら7月が終わり、8月に入ってしまった。 あの悪夢のような都議選からもう1ヶ月が経ち、また小池都知事が就任してからもう1年が過ぎてしまった。 私のブログでも散々に書い …










 




2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031