政治

米山隆一・新潟県知事の「勘違いブログ」を採点する

投稿日:

出典:米山隆一公式ホームページ

自分で言うのもなんですが、米山隆一・新潟県知事の勘違いエリート振りを批評した記事が、一部で読まれています。米山知事は自分が差別発言をしたとは気づかずにずいぶんのんびりとしている様で、言い訳ブログを更新しておられます

米山隆一の10年先のために・石平氏は何に怒っているのか?

が、私としては正直相当不可解な所がありますので、米山知事が本当のところ何を考えておられるのか、分析させて頂こうと思います。


米山知事のブログを採点する

米山知事のブログを読んだところ、正直気分が悪くなった。自身のツイートの真意を説明したり、相手が不快な気分になった事を謝罪するのではなく、ただひたすら国語のテストであった。

米山知事は自身と石平氏のツイートを並べて、その文言から「投稿者の考えを述べよ」という問いを設定し、自分で回答を発表している。だがこんな国語のテストもどき、「いや、石平氏の考えは石平氏がツイートしてる通りじゃん」とのツッコミで終了してしまう。

正直他人事ながら、「米山さん、どうしちゃったんですか、まあ謝罪して謝罪して。」と言いたくなります(苦笑)。

馬鹿馬鹿しいブログだが、きちんと間違いを指摘するのも米山知事のため、果ては愛する故郷・富山県の隣県、新潟県のためである。このブログのタイトル通り「米山隆一の10年先のために」、私が米山知事のブログを採点しよう。

問1. 米山知事のツイートは差別的・排外主義的か?

まず米山知事は、

この文章から「帰化人を日本人と認めない排外主義的態度」は、全く明らかでないというか、私の頭の中にもツィートにも欠片ほども存在せず、石平氏ご自身の頭の中のみに存在する固定観念であるとしか言いようがありません。

と書き、自身のツイート米山①に対して石平氏が「帰化人を日本人と認めない排外主義的態度だ!」と批判した事を、「石平氏だけの勘違いである」としている。

この回答は間違いである。0点。

まず、石平氏もツイートしているが、ツイート米山①には1,736件(9/13時点)のコメントが寄せられており、ほとんどが米山知事の発言を差別的、排外主義的、ヘイトスピーチであると批判している。勘違いだと仮定しても、石平氏だけのものではないから間違いである。

また、米山知事は「石平氏は現時点で中国政府と戦っていませんよねと申し上げた」「石平氏を日本人と認めないなんて全然思ってもいませんし一言も書いてもいません」と書いているが、それこそ米山知事がどう思っていたかなんて関係無い。

ツイート米山①は「望月記者は自国の政府に対し直接対峙している」「一方石平氏は今や、祖国を離れ、独裁政権と批判する中国政府と直接対峙することなく」と、望月記者と石平氏、日本と中国を対比して表現している。

これを素直に読めば、「望月記者は日本人であり日本政府と対峙している」「石平氏は中国人であり中国政府と対峙していない」となる。

ブログには「祖国」がどうのこうのと書いてあるが、関係無い。対比構造を使った文書で、石平氏が中国人であるように表現した。続く文も「日本人向けに中国政府批判を展開している」と書いてある。石平氏を日本人であると表現するならば、ここで「日本人向け」となるのはおかしい。とどめには、石平氏を「醜悪」と表現している。

普通に文章を読んで、「石平氏は帰化したが、日本人では無く中国人であり、醜悪だ」となる。

正式な手続きを経て日本に帰化した人を日本人とは認め無い、差別的・排外主義的ツイートである。

問2. 「吐き気を催すほど醜悪」に石平氏が怒るのは間違いか?

米山知事は批判が集まった「闘う望月記者の歌を闘わない石平氏が笑う事は吐き気を催すほど醜悪だと思う」にも、これまた言い訳の回答をしている。

また「米山①」で「吐き気を催す」という本来私の好みでない品のない言葉を使わせて頂いたのは、「石平①」で石平氏ご自身が望月記者に対して「吐き気を催すほどの自惚れだ」という品のない言葉を使っておられましたので、「あなたもリスクのないところで他人を批判しているんですから同じなんですよ。」という事をお伝えするためです。この言葉にお怒りになるなら、まずご自身に怒られるのが筋というものでしょう。

この回答も間違いである。0点。

単純な話だが、石平氏がつぶやいたのは「吐き気を催すほどの自惚れだ」である。「醜悪」なんて使っていない。石平氏がツイートで「不見識であり、卑劣」と怒りを表明したのは、「醜悪」という言葉に対してである。

そもそも石平氏の「吐き気を催す」も望月記者に対してのものであり、米山知事に対してのものでは無い。この「吐き気を催す」という言葉を石平氏と米山知事の関係において最初に使ったのは、間違いなく米山知事である。

米山知事は石平氏に「吐き気を催す」という言葉を最初にぶつけたばかりか、石平氏が使ってもいない「醜悪」という言葉まで加えて、石平氏を侮辱している。普通に考えて、石平氏は米山知事に怒るのが筋である。米山知事はさらに

つまり本件においては、石平氏はどう見ても、実在する私や私の言葉に対して怒っているのではなく、石平氏自身の頭の中にある「帰化人を日本人と認めない排外主義的態度」という固定観念と、石平氏ご自身が発した言葉に対して怒っておられるのだと思います。

と締めているが、これは明らかにおかしい。石平氏は各ツイートや発言を見ても、自分自身ではなく米山知事への怒りを表明している。なんで正解が目の前にあるのに、勝手に自分の都合の良い回答を妄想しているのか。

問3. 石平氏が差別主義者だから差別して良いのか?

米山知事のブログの極め付けは、石平氏の3年前のツイート「中国人の楊敬さんによると、米国在住のアジア系住民で目つきが狂暴なのは中国人であるという。実に言い得て妙である」(要約)を持ち出している事だ。

石平氏は、アジア系住民に対しては目つきだけで何人かすぐ判別でき、中国人はアメリカに住んでいても日本人とは同じ澄み切った目つきには決してならないと考え、それを公言していらっしゃるわけです

また、個別の紹介は控えさせていただきますが、石平氏の主張そのままのツィートを寄せられている「一般の方々」のアカウントには、日本にいる外国人の方々に対する差別的なツィートであふれているものが頻見されることを、付記させていただきます。

と、今回の問題で自分を批判して石平氏を応援する人は差別主義者であり、その意見に意味が無いと書いているのである。

石平氏の発言の是非はさておき、今回の問題である「米山知事が差別発言をしたかどうか」には石平氏の過去ツイートは一切関係が無い。仮に石平氏や一般の方が差別的発言をしたとしても、米山知事が、まして新潟県知事という重要な公職についている人間が差別発言をして良い事になるはずが無い。泥棒で捕まった奴が「他にも泥棒している奴はたくさんいるじゃないか」と言い出すようなものだ。

当然、この回答も間違いである。0点。

その上、米山知事は石平氏や一般の方は差別主義者であると示唆しており、改めて差別主義的・排外主義的なブログを書いてしまっている。こんな国語のテスト、全問不正解で0点どころか、カンニングがバレて全教科0点になったようなものである。

絶対に謝罪してはいけない米山知事24時

多分であるが、米山知事は最初のツイート米山①は軽い気持ちで書いたのであろう。

私にリプライをくれた茘橘さんが、

いや、中島みゆき廚である米山隆一は、「闘う君の歌を闘わない奴らが笑うだろう」の一節を昔から使ってみたくて仕方がなく、石平氏に向かって使いスッキリ!やったぜ!な状況なのではないか仮説を提唱させてもらっており、引っ込めるつもりはありません ( TДT)

と書いてくれたが、本当、それだけが動機の軽いツイートだった気がする。だが、批判が集まった後に「天才である自分がわかっている事は正しい事である、だから時間を掛ければ周りもいつか理解してくれる」との勘違いエリートモードになり、今に至っているのだろう。

今の米山知事は例えるならば、仕事で取引先に「あんたは差別主義者だ」と言って激怒されたのに、

「あなたはどう見ても、私や私の言葉に対して怒っているのではなく、あなたの頭の中にある固定観念に怒っておられるのだと思います」

って言っているようなものだ。色んな人が「米山はただのバカだ」と言っていたが、私もそう思うようになった。池田信夫さんが言ったようにただの「学歴マニア」で、仕事経験なんか全然無いんだろうな。新潟県民にはただひたすら同情を禁じ得ない。

だが小池都政を1年見ていて思った事だが、最も恐ろしいのは「無能な働き者」である。米山知事は今回のツイートのように、新潟県政よりも他の事に興味がありそうだ。とても良いとは思えない知事ではあるが、このまま「無能な怠け者」でいてくれるならば、被害は小さく済むかもしれない。

-政治

author : 宮寺達也

オススメ商品


  1. 通りすがりの名無し より:

    採点お疲れ様です。米山氏についてつらつらと検索していて当記事にたどり着きました。
    氏のツイートやブログは長文かつ、(氏は恐らく頭のなかで独自の理論を展開しながら書いていると想像しますが)非常に読みづらく難解でしたので、整理して採点して頂いたことで氏の主張の理解の助けになりました。
    併せて関連記事も拝読させて頂きたいと思います。
    ありがとうございました。

  2. Kats Hiragi より:

    理路整然と採点しれおられ興味深くよみました。 その他の記事でもいろいろ読んだところ、知事は”悪名は無名に勝る”と公言しています。また、何度も国政に挑戦してそのたびに落選してきているのですから、とにかく自分の名前を売ることに執着しているように見えます。その先に見えるのは、国政への進出であり、新潟県知事職は単なる腰掛、国政にうってでるための布石としか思っていないのではないかという印象を受けます。著名人のTweetにかみつくことが新潟県知事の仕事の一部だとは到底思えず、自分の政治的野心を満たすための売名行為にしか、小職には映りません。貴殿も書かれているように、新潟県民に同情を禁じえません。ただ、新潟県民は田中xx子氏のように国会議員としては不適切と思われる人を何度も国政に送り出してきた経緯もあり、知事に関しても有権者としての怠慢があったのではないかとも考えられます。新潟県民におかれましては、次回は賢明な選択を行使されんことを願ってやみません。

  3. 佐野 博三 より:

    東大医学部を出て、政治家や小説家になる者にろくなものはいません。うちの隣にも昔、東大医学部を出て参議院議員になった人がいましたが、中国に行き、一反でコメが100俵取れると聞き、それを真に受け吹聴したバカがいましたが新潟県知事もこの類でしょう。とにかく、この人はこのような考えで知事の仕事をしているのかと思えば、選んだ新潟県人が可哀そうです。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

小池百合子・希望の党代表と小池百合子・東京都知事、どうして差がついたのか…慢心、環境の違い

出典:希望の党公式サイト 10月10日、私の世代には体育の日でお馴染みだったこの日、第48回衆議院選挙が公示された。22日の投開票までこれから候補者が人生を賭けた選挙戦を繰り広げる。これからの日本を引 …

小池都知事の人工知能(AI)発言は、議事録が無い事を誤魔化すためのフェイク

出典:tokyonews jp 小池都知事が8月10日の定例記者会見にて、 「それはAIだからです。(中略)最後の決めはどうかというと、人工知能です。人工知能というのは、つまり政策決定者である私が決め …

小池都知事の2年目の仕事は、1兆円の損失を弁償してから

出典:FNN news いつの間にやら7月が終わり、8月に入ってしまった。 あの悪夢のような都議選からもう1ヶ月が経ち、また小池都知事が就任してからもう1年が過ぎてしまった。 私のブログでも散々に書い …

厚生労働省の「若者って本当に損なの?」に論理的に反論する

出典:厚生労働省・いっしょに検証!公的年金 池田信夫氏がブログで厚生労働省の年金マンガを紹介されていた。 この年金マンガは以前からネットで内容が酷いと話題になっていたものである。池田氏は第11話に出て …

小池都知事、ネットの評判に耳を傾けて

出典:東京都サイト「知事の部屋」 12月10日、あの上杉隆氏のネット番組「上杉隆のザ・リテラシー」のゲストが小池都知事と知って、「上杉隆って何ですのん」「ちょっと待ってちょっと待って小池さーん」と叫び …













2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930