スポンサードリンク
               

IT・メディア

スポンサーへの抗議・不買運動に感じる違和感。これからの抗議を考えよう

投稿日:

出典:テレビ朝日公式サイト

8月6日にテレビ朝日で放送される番組、「ザ・スクープスペシャル ビキニ事件63年目の真実」が放送前から大炎上している。

この番組は年に1回、8月の終戦記念日あたりに太平洋戦争に関するドキュメンタリーを放送している。そして7月25日に今年の予告が発表されたのだが、

・かつて核実験が行われたマーシャル諸島のビキニ環礁では、帰島した住民に被曝による健康被害が多発した
・住民を帰島させたのは、被曝の影響を調査するための人体実験であった
・人体実験による被曝で住民が苦しむのは、未来のフクシマ(福島県)の予想図である

という内容であった。

書くだけでも目眩がしてくる酷い内容であるが、案の定ネットでは大炎上している。

「ビキニ環礁と福島県に何の関係がある」「なぜフクシマとカタカナで表記する」「福島に対する悪質なデマであり、人権侵害」「そもそもビキニ環礁が人体実験というのも間違い」と非難轟々である。

そのため、「番組スポンサーに抗議しよう」「番組スポンサーの不買運動を起こそう」との意見が高まっている。

私はこの「ビキニ事件63年目の真実」はあまりにも下劣な内容であり、全く見る気はしないし、できれば放送中止になって欲しいと願ってやまない。

しかし、「スポンサーへの抗議・不買運動」となると、ちょっと違和感を感じてしまった。その違和感の正体と、これからの番組への抗議を考えたい。


スポンサーに抗議しても、現在のテレビ局にはダメージが小さい

私が「スポンサーへの抗議・不買運動」と聞いて、真っ先に思い浮かんだ疑問は、

「もし今回の番組を作成したのがNHKだったら、スポンサーに抗議しようが無いな」

というものであった。

確かに民放のテレビ番組はスポンサーが無ければ成立しないので、スポンサーへの抗議は意味が大きいと感じる。実際、ミヤネ屋で高須クリニックを揶揄するコメントが放送された時は、番組スポンサーである高須院長が激怒した事で番組が謝罪に追い込まれた。

この例を持って、「やっぱり番組スポンサーへの抗議は意味があるんだ」と思った人も多いだろう。しかし、このミヤネ屋の一件は明らかな名誉毀損であり、スポンサー関係無く謝罪に追い込まれた可能性があったし、何よりスポンサー直接の抗議だ。ちょっと特別な例だと思う。

何より、スポンサーへの抗議が成功してスポンサーが番組を降りたとしても、そこまでダメージは大きく無いという事である。

今回、酷い番組を放送するテレビ朝日は収入の大部分をテレビの広告収入に頼っている。全売上高2,959億円の内、地上波の広告収入が1956億円とかなりの割合だ。しかし、最も大きい収入は、番組枠と関係が無い「スポット収入」であり、1,052億円だ。番組提供スポンサーである「タイム収入」は904億円である。

そもそもテレビ朝日にとって番組提供スポンサーが占める売り上げは全体の1/3以下である上、稼ぎ頭はWBCやW杯アジア予選といった大型スポーツ番組である。

さらにTBSはテレビ放送の営業利益が60億円なのに対して、不動産がそれを上回る77億円もの営業利益を叩き出している。フジテレビもテレビ放送の営業利益が40億円なのに対して、不動産は86億円だ。

受信料収入で番組を制作するNHKだけでなく、これらの民放も番組提供スポンサーに頼らずに利益を確保している状態だ。

そのため抗議が成功してスポンサーに影響を及ぼしたとしても、「番組の内容を変えろ」「番組を中止しろ」と言った「番組の制作権」というテレビ局の根本に関わる抗議が成功する可能性は小さいと思う。

実際、酷い番組が出てくるたび「スポンサーへ抗議、不買運動だ」という盛り上がりはここ10年で何度も聞いてきたが、成功した例はほとんど聞かない。

スポンサーへの抗議・不買運動はデメリットもある

また、私は「スポンサーへの抗議・不買運動」が成功して酷い番組を潰すのに成功したとしても、悪影響が出てしまうのではという懸念もある。

例えば、戦前の日本人の名誉を回復するような、是非とも放送して欲しい番組が制作されたとする。

スポンサーに抗議して番組を潰すのが正当化されれば、番組を気に食わない外国人団体が外国企業を通じて番組に圧力を掛け、そのような良質な番組が潰されてしまう事が頻発するだろう。

スポンサーへの抗議の数やスポンサーの意向が番組作りに反映される状況が当たり前になれば、結局得をするのはいつも暇をしていていくらでも抗議に時間を掛けられるシルバー世代や圧力団体であったり、金を持っている特定の業界団体である。

さらに言うならば、GoogleやAmazon、Appleのように1強となってしまった会社には抗議や不買運動なんて何の意味も持たない。スポンサーへの抗議が正当化されれば、日本の報道はGoogleやAmazon、Appleといった外資の思うがままになってしまう。そんな「金による報道の支配」を正当化する危険がある。

行き着く先は、善良な庶民にとってのディストピアなのでは無いかと私は懸念するのだ。因果応報とは言い過ぎかもしれないが、自分たちに出来ることは相手にも当然出来ると考えて戦略を練らなければいけないと思う。

まあ、実際、現在はそんなディストピアに既になっているのではとも思うが。現在放送されているバラエティやドラマ・アニメはすっかり毒の無い、つまらない番組が増えたと思う。私が子どもの頃には当たり前のようにおっぱいや流血シーン・暴力シーンが流れていたが、今はすっかり見かけない。これをつまらなくなったと思っている人は多いはずだ。

それにものづくりに携わっている人間として、抗議はまだしも不買運動はなんとも賛成し難いものがある。

現場でものを作っている人間にとって、その製品がどんな番組のスポンサーになるかなんて全く関係が無い。エンジニアを始め、多くの関係者が必死になって作り上げた製品が関係の無い議論に巻き込まれて売れなくなったりするのは本当に悲しい事だと思う。

言論には言論で対抗しよう

このように、「スポンサーへ抗議・不買運動」は意味が小さそうだし、自分たちにもデメリットがありそうなので、私は反対だ。

しかし、「ザ・スクープスペシャル ビキニ事件63年目の真実」が事実誤認・偏見にまみれており、「こんなクソ番組放送するんじゃねえ」と思っているのも確かだ。

「じゃあ、どうしたらええねん?」と私自身も悩んでいたので、ふと元NHKの池田信夫さんに

スポンサーへの抗議は筋違いとはわかりつつも、先日、高須クリニックの抗議が功を奏したように、一番確実な方法として認知されつつありますね

NHKでこのような番組が発表された場合、どんな抗議をするのが筋なんでしょうか?

また、実際に抗議で番組が改変・中止になった事例てあるんですか?

ツイッターで尋ねたところ、

天皇を「強姦で有罪」とするトンデモ番組を安倍晋三氏などが指摘した(NHKが自主的に手直しした)だけで「政治介入」と批判された。テレビ局の編集権を尊重し、言論には言論で対抗するのが自由主義社会。

回答をいただいた

私は、この「言論には言論で対抗するのが自由主義社会」と言うのが確かな答えだと思った。

今回の場合、「ビキニ環礁は人体実験である」「ビキニ環礁と福島県を結びつける」「福島県をフクシマとカタカナ表記し、原発事故の不幸を連想させる」事は、明確に間違った報道であると思う。

この意見を、SNSで発信するなり、ブログに書くなり、テレビ朝日や番組公式サイトに抗議するなり、まずは言論でしっかりと「No」を突きつける事が大事だと思う。

例えばこれが盛り上がり、ネットニュースなどで多く取り上げられるようになってYahoo!のトップページに載ったりしたら、スポンサーに抗議するよりよっぽどダメージになるだろう。

かつてスポンサーへの抗議で番組が中止になった例はほとんど知らないが、連日大炎上して中止になった例は思い浮かぶ。少なくとも、こちらの方がよっぽど真っ当だと思うのだ。
そして、究極的には「おかしな番組はシンプルに見ない。その結果、番組やテレビ局が潰れる」があるべき姿だと思う。

そのためには、やはり電波オークションで地上波の電波を解放し、テレビ局への新規参入を活発化するところからだろう。不動産収入や貴重な電波資源の上に胡座を書いて汗を掻かないで適当に番組を作っていても生きていける状況こそが、良質な言論にとっての真の敵だと思うのだ。

こんな時代だからこそ、「ペンは剣より強し」の精神を、改めて噛み締めていきたい。

参照:テレビ朝日決算TBS決算フジテレビ決算

スポンサードリンク
               

-IT・メディア

author : 宮寺達也




                                                                                                 
オススメ商品
                                                                                                 

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Huluはアメ車だから契約した。勝手に国産に改造されたら、そりゃ退会するよ

出典:Hulu公式サイト Hulu日本のシステムリニューアルにおける混乱について、「Huluはただ値上げをすれば良かった」という記事をアゴラに投稿したところ、かなりの反響を頂いた。 やはり、みんな今回 …

ドワンゴがFC2を特許侵害で提訴。勝つのはどっちだ?

出典:ITmedia ビジネスオンライン ニコニコ動画を運営しているドワンゴが11月15日、FC2動画等のコメント機能がドワンゴの特許を侵害しているとして、運営元のFC2とホームページシステム(大阪市 …

ネットの後押しで小泉進次郎総理が爆誕する日

出典:小泉 進次郎氏のFacebookページ 12月5日、安倍晋三首相の在任日数が歴代6位になったことがニュースになった。支持率は未だに60%近くの高支持率をキープしており、後4〜5年は安倍政権が続き …

FAXは滅びぬ ! 何度でも蘇るさ !

出典:写真AC 森友学園の問題で「昭恵夫人付きの官僚が森友学園にファクスを送付した」と聞いた時、「ああ、やっぱりまだファックスって現役なんだなあ」としみじみと感じた。 アゴラでも常見陽平氏が「いまさら …

NHKがスクランブル化しても、受信料収入はそんなに下がらない

出典:Wikipedia 日本放送協会 5月25日、ワンセグ携帯を持っている男性がNHKに対して受信料の支払いの義務は無いと争った裁判で、水戸地裁はワンセグ携帯を持っているだけでも契約義務があるとの判 …






2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031